オートモーティブワールド2020:低燃費エンジン技術

ホンダとマツダによる「内燃機関のさらなる技術革新」講演要旨

2020/02/14

要約

  本レポートはオートモーティブワールド2020(会期:2020年1月15日~1月17日、会場:東京ビッグサイト)で開催された「内燃機関のさらなる技術革新」と題するセミナーのホンダとマツダによる講演要旨について報告する。また、国内主要カーメーカー各社がアピールする低燃費技術を一覧表にまとめた。

ホンダ 2モーターハイブリッドシステム i-MMD マツダ SKYACTIV-Xエンジン

(人とくるまのテクノロジー展2019に出展)

 

関連レポート
マツダ: SKYACTIV第2世代のMazda3とCX-30を投入 (2019年7月)
2030年の乗用車用パワートレインの姿 ~内燃機関が生き残っていくために~ (2019年7月)
ホンダの電動化戦略:小型EV「Honda e」を2019年欧州、2020年日本で発売 (2019年3月)
ホンダの商品計画:電動車を積極投入、2モーター i-MMD採用車種を拡大 (2018年9月)
マツダ:世界200万台体制へ向け、設備投資を4年間で2,500億円追加 (2018年7月)
内燃機関の改善と電動化への取り組み (2018年2月)
マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の技術紹介 (2017年12月)