OEM各社の米国投資動向

SUVの需要拡大、サステナビリティ、モビリティ、自動運転に対応

2017/12/22

要約

 トランプ大統領は、2016年の選挙戦から大統領就任後の1年を通して、GM、トヨタ、Fordなどのメーカーがメキシコから車を輸入していることを批判し続けてきた。 大統領選挙後、初めての自動車ショーとなった2017年デトロイト・モーターショーでは、多くのメーカーが過去から将来にかけての米国投資活動をさかんに強調した。これはトランプ大統領のレトリックへ応えているようにも映るが、その詳細を読み解くと、これらの投資行動は、むしろ米国市場や自動車業界の状況変化に対応するものであろうことが見て取れる。

 本稿では、2017年にOEM各社から発表された米国における投資活動の概要と、LMC Automotive社によるメーカー別米国生産予測を報告する。

BMW US Manufacturing Plant.
BMWの米国工場 (BMW資料)

関連レポート:
GM:Opel売却などグローバル事業を再構築、北米・中国に経営資源を集中 (2017年9月)
トヨタの米国事業:ToyotaブランドはTNGA車、LexusはGA-L車を本格投入
(2017年9月)
現代自動車:高級車ブランド"Genesis"とエコカー"Ioniq"シリーズを投入 (2017年4月)
米国市場分析:SUVの割合が40%へ (2017年3月)