Tesla Model Y 分解調査:電動パワートレインの技術

オクトバルブによる熱管理、バッテリー、モーター、インバーター ~Munro社の分解調査データより

2021/05/31

要約

Tesla Model Y
Tesla Model Y (マークラインズ ベンチマークセンターにて撮影)

  Tesla Model Yはテスラ初のクロスオーバーSUVとして2020年に発売され、現時点では四輪駆動(AWD)のグレードのみとなっている。Munro & Associates, Inc.では2018年のTesla Model 3に続いて2020年に分解調査を行っており、マークラインズではその詳細情報を販売している。本稿ではMunro社の分解調査(Zone 4: Powertrain & Battery Pack)で明らかになったTesla Model Yの電動パワートレインの技術を紹介する。


  Tesla Model Yの電動パワートレインについては、Model 3、中でもAWD仕様の「パフォーマンス」、「ロングレンジ」のグレードとは共通部品が多い。そうした中で進化が目立つのが熱管理システムである。

  Model 3においても電動パワートレイン排熱によるバッテリーの加熱が可能なシステムとなっていたが、Model Yではそれらに加えて車室内HVACからの熱流の統括制御も可能なように、LLC対応のヒートポンプシステムや「オクトバルブ」と呼ばれるバルブ集合体などの仕組みが導入されており、冷却水の流路をバルブで切り換えて排熱がバッテリーの加熱に使えるようになっている。

  バッテリーは2170形状の円筒形リチウムイオンバッテリーセル4,416個を4個のモジュールで構成し、75kWhのバッテリーパックとしている。

  モーターはModel 3と同様に、主駆動輪である後輪は同期モーター、副駆動輪である前輪は誘導モーターを採用しているが、誘導モーターのローターの導体はテスラでは初めてのアルミ鋳造製となっている。

  インバーターもModel 3と共通部分が多く、後輪駆動用はSiCのMOSFET、前輪駆動用にはシリコンのIGBTをパワーモジュールに採用している。

 

Model YとModel 3の電動パワートレイン諸元比較

  Model Y Model 3
前輪 後輪 前輪(四輪駆動のみ) 後輪
モーター形式 誘導モーター 埋込み磁石型同期モーター(IPMSM) 誘導モーター 埋込み磁石型同期モーター(IPMSM)
最大出力 米国:
69kW (Long Range AWD)
133kW (Performance AWD)
中国:
137kW (Long Range AWD)
137kW (Performance AWD)
米国:
201kW (Long Range AWD)
179kW (Performance AWD)
中国:
180kW (Long Range AWD)
202kW (Performance AWD)
米国:
98kW (Long Range AWD)
131kW (Performance AWD)
中国:
137kW (Performance AWD)
米国:
195kW (Long Range AWD)
190kW (Performance AWD)
198kW (Standard Range Plus RWD)
中国:
202kW (Performance AWD)
202kW (Standard Range Plus RWD)
最大トルク 中国:
219Nm (Long Range AWD)
219Nm (Performance AWD)
中国:
326Nm (Long Range AWD)
404Nm (Performance AWD)
n.a. 中国:
n.a. (Performance AWD)
404Nm (Standard Range Plus RWD)
バッテリー 米国:
82kWh (Long Range AWD)
82kWh (Performance AWD)
中国:
76.8kWh (Long Range AWD)
76.8kWh (Performance AWD)
米国:
82kWh (Long Range AWD)
82kWh (Performance AWD)
54kWh (Standard Range Plus RWD)
中国:
76.8kWh (Performance AWD)
55kWh (Standard Range Plus RWD)

(出所:マークラインズ CASE(電動化・自動運転) Model YおよびModel 3のデータより作成)

 

  マークラインズは、デトロイトに本拠地を置く車両ベンチマークのエンジニアリング会社Munroと提携している。Munro社は各種車両の分解調査を行い、全ての部品について、重量・寸法など詳細スペック、コスト分析を実施、分析結果のレポートを提供している。詳しい情報をご希望の方は、下記へお問い合わせください。

 

 またマークラインズで独自に購入したModel Yの車両を分解して部品も販売する。→Tesla Model Y 部品販売のご案内

 

Tesla Model 3 分解調査レポート:
Tesla Model 3 分解調査:シャシー、ボディ(2019年5月)
Tesla Model 3分解調査:インテリア、HVAC(2019年4月)
Tesla Model 3分解調査:モーター、インバーター、バッテリー(2019年3月)


関連レポート:
Tesla:2022年に生産・販売100万台体制を目指す(2021年5月)
The Battery Show & EV Tech Digital Days 2020(2020年12月)
Teslaは自動車会社か、テクノロジー企業か?(2020年11月)