カテゴリー別製品一覧

組込みOS・プラットフォーム

概要
イーソル株式会社
【 AUBIST Adaptive Platform 】 AUTOSAR Adaptive Platform 仕様に準拠したソフトウェアプラットフォーム:車両のハイパフォーマンスコンピューティング ソリューション
AUTOSAR (AUTomotive Open System ARchitecture) は、自動車業界全体における車載ソフトウェアの再利用や開発工程の自動化を進めるために不可欠な「標準化」を目的として2003年に設立され、現在では、ほぼ全ての自動車関連企業がAUTOSARに参画、既に欧州での新規開発では殆どの場合でAUTOSARが採用されており、日本国内においても今後ますます採用が広がっていくことが予想されます。
イーソルは、オーバス社のAUBIST Adaptive Platform 、Classic Platform の正規代理店です。
今回はその中でAUBSIT Adaptive Platform についてご紹介です。
AUBIST Adaptive Platformは、AUTOSAR Adaptive Platform仕様に準拠したソフトウェアプラットフォームです。シングルからマルチ/メニー コアまで 対応した リアルタイム POSIX OS を採用し、各種SoC に対応します。また、通信、ファイルシステム、セキュリティ、診断など各種機能の提供で車両のハイパフォーマンスコンピューティング時代におけるお客様のシステム開発を支えます。
株式会社富士通ビー・エス・シー
AUTOSARソリューション
自動車業界では、昨今、車載機器に対する標準プラットフォームの適用が強く求められており、特にソフトウェアプラットフォームの欧州規格「AUTOSAR」を指定されるケースが増加しています。国内におけるAUTOSAR導入のプロフェッショナル富士通ビー・エス・シーが、貴社のAUTOSAR環境構築を導入から開発までワンストップで支援します。
東芝電力検査サービス(株)
スポット溶接非破壊検査装置Matrixeye ST
東芝が独自に開発した超音波3D開口合成手法を用い、スポット溶接内部を3次元で高速・高精細に画像化します。
画像からスポット溶接径を自動計算し、あらかじめ設定した判定基準により溶接の良否を自動判定します。