メキシコの7月自動車生産は0.7%増、輸出は7.8%増  [ メキシコ ]

・メキシコ自動車工業会(AMIA)が発表した2017年7月の生産台数は、前年同月比0.7%増の28万6,417台で、7月として過去最高となった。内訳は、乗用車が14.3%減の14万540台、ライトトラックが21.1%増の14万5,877台。1-7月の累計生産台数は前年同期比10.8%増の217万732台で累計でも過去最高となっている。
・メーカー別生産台数では、GMが18.4%増の6万802台、FCAが13.7%増の5万5,723台、日産が12.4%減の5万2,016台、VWが13.3%減の3万6,799台、起亜が71.0%増の2万1,978台となった。
・モデル別生産台数では、日産「セントラ(Sentra)」が2万637台、シボレー「シルバラード(Silverado)」が1万9,925台、フォード「クルーキャブ(Crew Cab)」が1万9,053台、フォード「フュージョン(Fusion)」が1万2,804台、日産「ヴァーサ(Versa)」が1万2,450台。

・7月の輸出台数は前年同月比7.8%増の24万3,056台で、乗用車が8.7%減の10万8,578台、ライトトラックが26.2%増の13万4,478台で7月として過去最高となった。
・メーカー別輸出では、FCAが27.8%増の5万5,995台、GMが33.4%増の4万9,310台、VWが4.1%増の3万5,385台、日産が15.5%減の3万1,113台、フォードが27.8%減の2万1,193台であった。
・モデル別輸出台数では、「ラム(Ram)」が2万4,588台、シボレー「シルバラード」が1万6,831台、日産「セントラ」が1万4,473台、フォード「フュージョン(Fusion)」が1万3,077台、VW「ジェッタ」が1万1,431台。
・地域別の輸出累計では、米国向けが14.0%増の134万2,622台で、全体の76.4%を占めている。カナダを含めると北米向けが85.2%となった。
AMIAの発表をみる
メキシコの生産台数データをみる(ご参考)

メキシコの自動車生産・輸出台数

  2017年
7月
2016年
7 月
増減比 2017年
1-7月
2016年
1-7月
増減比
生産台数            
乗用車
140,540 163,961 -14.3% 1,192,265 1,136,594 4.9%
ライトトラック
145,877 120,437 21.1% 978,467 821,774 19.1%
合計
286,417 284,398 0.7% 2,170,732 1,958,368 10.8%
輸出台数            
乗用車
108,578 118,947 -8.7% 898,110 832,764 7.8%
ライトトラック
134,478 106,583 26.2% 858,280 720,129 19.2%
合計
243,056 225,530 7.8% 1,756,390 1,552,893 13.1%

出所:Asociacion Mexicana de la Industria Automotriz A.C. (AMIA)

<2017年08月08日(火)>
おすすめコンテンツ

メキシコの生産台数速報をみる
メキシコの月次生産台数をみる

メキシコの自動車工場立地マップ

※クリックすると拡大します