ポルシェ、ライプツィヒ工場拡張で「パナメーラ」を一貫生産  [ ドイツ ]

・ポルシェは28日、ドイツのライプツィヒ(Leipzig)工場の拡張についての詳細を発表した。 ・同社は「パナメーラ(Panamera)」の生産に対応するため、ライプツィヒ工場の4度目の拡張を行った。 ・5億ユーロ(約570億円)、約2年をかけて拡張された同工場に約60,000平方メートルの敷地面積を持つ新車体工場を建設した。同社はライプツィヒ工場に総額13億ユーロを費やしている。 ・新車体工場では475のロボットがフレキシブル・モジュラー・スタンダード・ツールキット(MSB)をベースとした「パナメーラ」の生産を行う。 ・「パナメーラ」の外板はアルミニウムのみでできており、ボディ全体の4...
<2016年10月31日(月)>