インド製のシボレー「スパーク」、ラテンNCAPで星なしの低評価  [ インド ] [ 南米 ] [ メキシコ ]

・ロンドンに本拠を置く非営利の自動車安全性評価機関であるGlobal NCAPは19日、インド製のシボレー「スパーク GT(Spark GT)」がラテンNCAPで星なしの低評価であったと発表した。・シボレー「スパーク GT」は、インドのタレガオン(Talegaon)工場で生産され、メキシコとコロンビアでは人気のモデルであるという。・衝突試験で使用されたシボレー「スパーク GT」はベーシックな安全仕様のもの。低評価の原因はエアバッグが付いていないことで、車体そのものは前面衝突でも安定的と評価されている。・チャイルドシートシステムも不具合があり低評価だった。Global NCAPのリリースをみる
<2016年09月23日(金)>