(株) ショーワ

会社概要

■URL

http://www.showa1.com

■本社所在地

〒361-8506 埼玉県行田市藤原町1-14-1

業容

-ホンダ系。事業構成は、二輪・汎用事業、四輪事業、ステアリング事業、ガススプリング事業の4事業。四輪車用部品ではショックアブソーバー、プロペラシャフト、オートマチックトランスミッション部品、ディファレンシャルギア、パワーステアリング、CVTポンプ、その他の部品を製造・販売。

-2019年10月、日立製作所とホンダは、両社の傘下の部品サプライヤー4社を経営統合すると発表した。日立オートモティブシステムズ (日立AMS) が存続会社としてホンダ系のケーヒンショーワ日信工業の3社を吸収合併し、ホンダ系3社は消滅会社となる予定。統合会社は、ケーヒンのパワートレーン事業、ショーワのサスペンション事業とステアリング事業、日信工業のブレーキシステム事業、日立AMSが強みとするパワートレーンシステム、シャシーシステム、安全システムのシナジーに加え、日立製作所のデジタル技術を活用したソリューション「ルマーダ」で主にコネクテッド領域で安全性やモビリティーサービスの向上を狙う構想を掲げている。

資本構成

-東京証券取引所一部上場 (2020年3月31日現在)
氏名または会社名 出資比率 (%)
本田技研工業株式会社 33.50
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 (信託口) 4.13
J.P. MORGAN BANK LUXEMBOURG S.A. 1300000 2.99
日本トラスティ・サービス信託銀行 株式会社 (信託口) 2.39
EUROCLEAR BANK S.A./N.V. 2.21
ショーワ持株会 1.93
GOVERNMENT OF NORWAY-CFD 1.86
みずほ証券株式会社 1.73
BNY GCM CLIENT ACCOUNT JPRD AC ISG (FE-AC) 1.72
株式会社三菱UFJ銀行 1.70
54.17

主要製品

ショックアブソーバー (Shock absorbers)
-コンベンショナルダンパー (減衰力応答性向上技術) 
-メカ式減衰力可変ダンパー
-電子制御式ダンパー [IECAS]

パワーステアリング (Power steerings)
-デュアルピニオンアシスト電動パワーステアリング [DPA-EPS]
-ピニオンアシスト電動パワーステアリング [PA-EPS]
-ラックアシスト電動パワーステアリング [RA-EPS]
-油圧式パワーステアリング [HPS]
-パワーアシストユニット

ディファレンシャルギア (Differential gears)
-ディファレンシャルキャリアASSY (Differential carrier assemblies; floorboard suspended unit)
-ハイポイドギアセット (Hypoid gear sets)
-ピニオンシャフト (Pinion shafts)
-ビスカスカップリング (Viscous couplings)
-トランスファーギアセット (Transfer gear sets)

プロペラシャフト (Propeller shafts)
-1ピースタイププロペラシャフト (Single-piece propeller shafts)
-2ピース・3ピースタイププロペラシャフト (Two-piece and three-piece propeller shafts)

ガススプリング (Gas springs)

CVTポンプ (CVT pumps)

沿革

1938年10月 昭和航空精機株式会社を東京都板橋区において設立。航空機部品の製造開始。
1946年08月 本社を東京都王子区 (現・北区) に移転し、商号を株式会社昭和製作所とし、自動車部品の製造開始。
1953年04月 ショックアブソーバの製造開始。
1960年10月 名古屋工場新設。
1964年04月 東京証券取引所市場第二部に上場。
1965年04月 埼玉工場新設。
1969年08月 本社を東京都中央区に移転。
1974年12月 浅羽工場新設。
1975年09月 台湾のショックアブソーバメーカー、開発工業股*有限公司に資本参加。
1976年09月 タイに合弁会社アジアン・オートパーツ・カンパニー・リミテッドを設立。
1977年10月 ボート用油圧機器の製造開始。
1978年03月 インドネシアに合弁会社ピー・ティー・ショーワ・インドネシア・マニファクチャリングを設立 (現・連結子会社)。
1979年12月 米国にショーワ・アメリカン・インコーポレイテッドを設立。
1981年11月 ブラジルに合弁会社ショーワ・ド・ブラジル・リミターダを設立 (現・連結子会社)。
1982年11月 マレーシアに合弁会社オリエンタル・ショーワ・センディリアン・ベルハッド (現・アームストロング・オート・パーツ・センディリアン・ベルハッド) を設立。
1985年11月 東京証券取引所市場第一部に指定。
1986年01月 インドに合弁会社ムンジャル・ショーワ・リミテッドを設立。
1986年11月 米国に合弁会社サンベリー・コンポーネント・インダストリーズ・インコーポレイテッドを設立。
1990年04月 スペインにショーワ・ヨーロッパ・ソシエダド・アノニマを設立 (現・連結子会社)。
1990年08月 栃木研究所 (現・栃木開発センター) 新設。
1991年10月 本社を埼玉県行田市に移転。
1993年04月 精機技研工業株式会社と合併し、同時に商号を株式会社ショーワと変更。パワーステアリング部品の製造が加わる。
1993年04月 合併により米国の子会社、ブランチェスター・エフシーエム・インコーポレイテッドの株式を取得。
1993年04月 タイに合弁会社サミット・ショーワ・マニファクチャリング・カンパニー・リミテッドを設立 (現・連結子会社)。
1994年04月 米国の子会社3社 (ショーワ・アメリカン・インコーポレイテッド、サンベリー・コンポーネント・インダストリーズ・インコーポレイテッド、ブランチェスター・エフシーエム・インコーポレイテッド) が合併、同時に商号をアメリカン・ショーワ・インコーポレイテッドと変更 (現・連結子会社)。
1994年11月 中国に合弁会社広州昭和減震器有限公司を設立。
1994年12月 熊本県下益城郡豊野村に株式会社九州ショーワを設立 (現・連結子会社)。
1995年09月 英国にショーワ・ユー・ケー・リミテッド (現・ニッシン・ショーワ・ユー・ケー・リミテッド) を設立。
1996年03月 中国に合弁会社四川寧江昭和減震器有限公司を設立。
1996年10月 栃木県宇都宮市に合弁会社株式会社ネステックを設立。
1996年12月 ベトナムに合弁会社マシノ・オートパーツ・カンパニー・リミテッドを設立。
1997年01月 米国にアメリカン・マリン・コンポーネンツ・インコーポレイテッドを設立。
1998年01月 カナダにショーワ・カナダ・インコーポレイテッドを設立 (現・連結子会社)。
2002年02月 中国に上海昭和汽車配件有限公司を設立 (現・連結子会社)。
2006年06月 タイにショーワ・オートパーツ (タイランド) カンパニー・リミテッドを設立 (現・連結子会社)。
2006年10月 インドにショーワ・インディア・プライベート・リミテッドを設立 (現・連結子会社)。
2007年06月 埼玉第2工場新設。
2009年04月 御殿場新工場新設 (第1工場、旧工場を第2工場とする)
2011年05月 Machino Auto-Parts Co,Ltd. (現・Showa Auto-parts Vietnam Co., Ltd.) を出資持分追加取得により子会社化 (現・連結子会社)。
2012年08月 インドネシアにPT.Showa Autoparts Indonesiaを設立。
2013年03月 メキシコにShowa Autoparts Mexico, S.A. de C.Vを設立。
2013年07月 中国に武漢昭和汽車零部件制造有限公司 (Showa Autoparts Wuhan Co., Ltd.) を設立。
2014年09月 中国に昭和汽車零部件研究開発 (広州) 有限公司 [Showa (Guangzhou) Auto parts R&D Co., Ltd.] を設立。
2018年03月 ドイツにショーワ・ドイチュランド・ゲーエムベーハーを設立(現・連結子会社)
2019年10月 同社、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン及び日信工業の4社による経営統合に関し、日立製作所及びホンダを含めた6社を当事者とする経営統合に関する基本契約を締結。

補足 1