Bharat Forge Ltd.

会社概要

■URL

http://bharatforge.com/

■本社所在地

Mundhwa, Pune Cantonment, Pune 411036, Maharashtra, India

業容

-自動車および非自動車部門の鍛造・機械加工部品製造のグローバルリーダー。

-5ヵ国に10の生産拠点を有する。

-Kalyani Groupの主力会社。

-インド以外に4つ、インドに5つ合計9社の直接の子会社を有す。

-2018年3月時点で子会社・関連会社を含め、年産625,000トンの鍛造能力を有する。

資本構成

-Bombay証券取引所、Pune証券取引所、インド国立証券取引所上場 (2018年3月31日現在)
株主区分 保有比率 (%)
発起人 45.7
海外機関投資家 21.4
インドの一般株主 14.7
投資信託会社 (インドのUnit Trustを含む) 7.5
法人 4.9
金融機関/銀行 3.8
保険会社 1.3
在外インド人 0.6
その他 0.1
合計 100.0

主要製品

エンジン部品 (Engine)
-クランクシャフト (Crankshafts)
-コネクティングロッド (Connecting rods)
-エミッション/アフタートリートメント (Emission/After Treatment)
-インジェクションシステム (Fuel injection system)

シャシー部品 (Chassis)
-フロントアクスルビーム (Front axle beams)
-ステアリングナックル (Steering knuckles)
-コントロールアーム (Control arms)
-ナックル (Knuckle)
-フォーク (Fork)
-リインフォースメントブラケット (Reinforcement Bracket)

トランスミッション部品 (Transmission)
-メイン&カウンターシャフト (Main & Counter Shafts)
-インプットシャフト&アウトプットシャフト (Input Shaft & Output Shafts)
-Cylindrical Gear

ドライブライン部品 (Driveline)
-スピンドル (Spindle)
-Tandem Axle Component
-Gears with Near Net from Teeth
-Conventional and Near net forged pinion

E-Mobility部品
-Fuel Powertrain Solutions
-Systems & Sub Systems
-パワートレイン部品 (Parts for Powertrain)

沿革

1961年 インドにて設立。
1970年代 M&Aによる成長でインド最大の鍛造メーカーとなる。
1980年代 事業多角化により、自動車向け加工メーカーから総合エンジニアリング企業となる。
1990-91年 フロントアクスルビームやクランクシャフトといったサスペンション、エンジン部品を日本、米国、英国といった先進市場に供給開始し、事業が伸長を遂げる。
1997-98年 クランクシャフト、フロントアクスルビーム、ヘビーステアリングナックル用の機械加工工場を設立。
2002年01月 英国のKirkstallおよびLeedsに拠点を置くDana Spicer Europe Limitedに鍛造部品を供給する契約を締結。
2004年01月 ドイツの大手鍛造メーカーCarl Dan. Peddinghaus GmbH & Co. KG (CDP) を買収。
2004年12月 ドイツの子会社を通じて、CDP Aluminiumtechnik GmbH & Co KG (CDP-AT) の株式を100%取得。
2005年06月 自動車用鍛造スチール部品の設計・製造メーカー、Federal Forge Inc. (米国) を買収。
2005年09月 スウェーデンのImatra Kilsta ABを完全子会社化。
(Imatra Kilsta ABの100%子会社であるScottish Stampings Limited.も含む)
2006年03月 中国の第一汽車集団との合弁会社 FAW Bharat Forge (Changchun) Co., Ltd.を設立。
2008年 大型車用クランクシャフトの鋳造、機械加工施設をBaramatiに設立。
2009年 リング圧延施設をBaramatiに設立。
2010年 Kalyani技術革新センターを設立。
2012年11月 Bharat Forge Americaを閉鎖。
2014年01月 中国の合弁会社FAW Bharat Forge (Changchun) の株式を28.2百万ドルで合弁相手の第一汽車 (FAW) へ売却。
2014年09月 KPIT Technologies Limited (KPIT) との合弁会社「Impact Automotive Solutions Limited」の株式50%を、KPITに108百万インドルピーで売却。
2016年11月

子会社Bharat Forge America Inc.がWalker Forge Tennessee LLC & PMT Holdings Inc. USA (WFT)の全株式を14百万ドルで買収。

2017年11月

Andhra PradeshにLight Weighting Technology (LWT)センターを設立。

2018年01月 英国MIRA Technology Parkに研究開発施設を設立。
2018年06月 Tevva Motors (Jersey) Limitedに10百万ポンドを投資。

補足 1