ElringKlinger AG

会社概要

■URL

https://www.elringklinger.de

■本社所在地

Max-Eyth-Strasse 2, 72581 Dettingen/Erms, Germany

業容

-ElringKlingerは軽量化部品、シリンダーヘッドガスケット・特殊ガスケット、遮音遮熱部品、バッテリー・燃料電池部品、電動ドライブユニットなどの開発、製造、販売、組立を手がけるドイツのサプライヤー。

-2021年12月末時点で20ヵ国に45拠点、従業員約8,000名を有する。

-同社事業は以下4セグメントで構成。

  • OE部門 (Original Equipment):5つのビジネスユニット(金属シーリングシステム・ドライブトレイン部品、軽量/エラストマー技術、シールド技術、Eモビリティ、排ガス浄化) で構成される。
  • アフターマーケット部門 (Aftermarket)
  • 加工樹脂部門 (Engineered Plastics)
  • その他 (Other)

-2021年12月期、自動車OEM向け売上は全体の約80%。その製品別内訳は、金属シーリングシステム・ドライブトレイン製品35%、軽量/エラストマー製品36%、シーリングシステム製品25%、電動化関連製品5%。

-全社売上高の地域別構成は、ドイツ22%、(ドイツを除く)欧州30%、北米24%、アジア太平洋20%、南米その他4%。

 

製品戦略

-ElringKlingerはシリンダーヘッドガスケット、エンドカバー、排気管シール、シリンダーヘッドカバー等、エンジン車部品の製造を中心に行ってきたが、今後は電動化に伴い、バイポーラプレート、サービスカバー、バッテリーシールド、メディアモジュール等電動車部品を事業の中心にしていくという。

資本構成

-XETRAおよび全てのドイツ国内証券取引所に上場

 (2021年12月31日現在)
株主名 持株比率 (%)
Family W. H. Lechler および Estate Of Klaus Lechler 52.0
機関投資家 26.4
個人投資家 21.5
合計 100.0

主要製品

軽量樹脂部品 (Lightweight plastic components)

  • 乗用車/商用車用カムカバー (Cam covers for cars and commercial vehicles)
  • オイルセパレーションモジュール&システム (Oil separation modules and systems)
  • カムフレーム (Cam frames)
  • チャージエアダクト&インテークエアマニホールド (Charge air ducts and intake air manifolds)
  • レゾネーター/EGRミキサー (Resonators/EGR mixers)
  • オイルパン (Oil pans)
  • オイルインテークモジュール (Oil intake modules)
  • オイルタンク (Oil tanks)
  • エンジンフロント&リアカバー (Engine front and rear covers)
  • トランスミッションモジュール (Transmission modules)
  • コックピットクロスカービーム (Cockpit cross-car beams)
  • フロントエンドキャリア (Front-end carriers)
  • エンジン&トランスミッションマウント (Engine and transmission mounts)

電動車部品 (Electromobility)

  • バッテリーモジュール&エネルギー貯蔵システム (Battery modules and energy storage systems)
  • セルハウジング (Cell housings)
  • セルコネクター (Cell connectors)
  • セルコンタクトシステム (Cell contact systems)
  • モジュールコネクター (Module connectors)
  • バッテリーマネジメントシステム (Battery management systems)
  • 圧力均等化部品 (Pressure equalizing elements)
  • PEMFCスタックモジュール (PEMFC stack modules)
  • メタルバイポーラプレート (Metal bipolar plates)
  • エンド&メディアモジュール (End and media modules)
  • シーリングシステム (Sealing systems)
  • 電動ドライブシステム (Electric drive units)
  • エラストマーガスケット (Elastomer gaskets)
  • メタルエラストマーガスケット (Metal elastomer gaskets)
  • プラネタリキャリア (Planetary carrier)
  • ディスクキャリア (Disc carrier)
  • ガスケット統合カバー (Cover with integrated gasket)
  • バッテリーシステム保護用アンダーボディシールド (Underbody shielding for battery system protection)
  • ラミネートスタック (Laminated stacks)

シール技術 (Sealing Technology)

  • シリンダーヘッドガスケット (Cylinder-head gaskets)
  • 特殊ガスケット (Specialty gaskets)

シールドシステム (Shielding Systems)

沿革

1879年 ドイツStuttgartでPaul Lechlerが技術製品&ガスケットの貿易会社を設立。
1885年 ViennaでRichard Klingerがエンジニアリング工場を設立。
1900年 Lechler OHG が最初の自動車用ガスケットを販売。
1914年 ドイツStuttgartでLechlerがガスケットの製造を開始。
1930年 シリンダーヘッドガスケットの初製造。
1964年 Lechlerガスケットの製造・販売を合併、Elring Dichtungswerke KG設立。
1971年 スペインのGuma S.A.を部分買収。(現ElringKlinger, S.A.)
1972年 開発・生産をStuttgart/Bad CannstattからDettingen/Ermsへ移転。
BietigheimおよびLangenzennで新工場オープン。
1983年 国際自動車産業向けに事業分野を注力。
南アフリカJohannesburgで合弁会社Elring Gaskets (PTY) Ltd.設立。
1988年 英国SkeltonでKlinger Automotive Ltd.設立 (現ElringKlinger (GB) Ltd.)
1990年 韓国Changwonで合弁会社Jell Elring Co. Ltd.設立
1993年 中国で合弁会社Changchun Elring Gaskets Co. Ltd.設立。
断熱/防音システム部門設立。
1994年5月 Elring GmbHがRichard Klinger GmbHの自動車部門を統合し、ElringKlinger GmbH設立。
1996年 Elring Kunststoff-Technik GmbH設立。 (旧プラスチック部門)
1997年
エラストマー技術/モジュール部門新設。
米国デトロイト近郊のLivoniaに、断熱システム&ガスケットの製造拠点オープン。
(ElringKlinger of North America, Inc.)
メキシコToluca工場オープン。 (ElringKlinger Mexico S.A. de C.V.)
IdsteinでElringKlinger Motortechnik GmbH設立。
イタリア・ミラノ近郊のMazzo di RhoにElringKlinger S.p.A.設立。
英国Redcar工場オープン。 (ElringKlinger (GB) Ltd.)
ブラジル・サンパウロのPiracicabaにElringKlinger do Brasil Ltda.設立。
1999年 シリンダーヘッドカバー・モジュールのシリーズ初生産。
2000年10月 ElringKlinger GmbHを親会社ZWL Grundbesitz-und Beteiligungs-AGに統合し、
現社名のElringKlinger AGに社名変更。
2000年11月 カナダOntario州LeamingtonのガスケットメーカーVersatech Sealing Systems, Inc.を買収 (現ElringKlinger Sealing Systems Ind.)
2001年
Elring Kunststoff-Technik GmbHをElringKlinger Kunststofftechnik GmbHに社名変更。
ElringKlinger Kunststofftechnik GmbH(Bietigheim)とVenus GmbH(Heidenheim)が2001年度1月時点での統合を発表。(11月)
ElringKlinger AG(本拠地Dettingen)の子会社である両社はElringKlinger Kunststofftechnik GmbHとして業務継続。
北米でシリンダーヘッドガスケットの生産開始。
2002年 Stuttgart およびFrankfurt証券取引所に上場 (1月21日)
2003年 11月13日、ドイツSDAXの1社に含まれることが決定した。
2004年 ElringKlinger Marusan社 (日本) の設立。
2005年 ブラジルに新たな生産工場設立。
2006年 Jeil Elring Co., Ltd. の社名を ElringKlinger Korea Co., Ltdに変更。.
2007年 2月26日、インドにElringKlinger Automotive Components India Pvt. Ltd., Ranjangaon (Pune近郊) を設立。
2008年4月 SEVEX AGの買収手続を完了した。SEVEXは、スイスSevelenに本拠をおく断熱/防音シーリングシステムメーカー。
2008年5月 2008年5月、ガスケットメーカーのマルサン (Marusan Corporation: 東京都) への出資比率を10%から50%に拡大。
2011年 Freudenberg Groupから、シリンダーヘッドガスケットおよびエキゾーストガスケットのOEM事業を買収。
スイスの排ガス処理システムメーカーHug Groupの株式66.7%の取得手続きを完了。
ドイツのプラスチック加工用射出成形機製造メーカーHummel-Formen GmbHの株式90%を取得。
2012年1月 メタルハウジングを生産するThawa GmbHを買収。
2012年7月 プラスチックハウジングモジュールを生産する新工場がDettingen/Ermsに稼働。
2012年12月 ElringKlinger Marusanのインドネシア新工場が稼働。
2013年1月 南アフリカの合弁会社の持ち株比率を51%から100%に引き上げ、社名をElringKlinger South Africa (Pty) Ltd.に変更。
2013年2月 韓国の合弁会社 ElringKlinger Korea Co., Ltd.の持ち株比率を100%に引き上げ。
2013年8月 Hug Engineeringの株式の93.67%を取得。
2013年12月 2013年12月31日より、日本での合弁企業であるエルリングクリンガー・マルサン株式会社は完全に連結対象となった。
2015年2月 オートマチックトランスミッション用スペーサープレートのサプライヤーである米国M&W Manufacturing Co.,を買収。
2016年10月 自動車ドライブトレイン向けシステムプロバイダー、エンジニアリング会社hofer AGの株式27%を取得。
2017年11月 中国の四川成飛集成科技(Sichuan Chengfei Integration Technology Co., Ltd.)との間でバッテリー技術の合弁事業について合意。
2018年 米国Fort WayneにElringKlinger Manufacturing Indiana, Inc.、オーストリアWelsにElringKlinger Fuelcell Systems Austria GmbHをそれぞれ設立。
スイスElsauのHug Engineering AGを売却。
2019年 中国の蘇州にアプリケーション・エンジニアリングセンターを開設。
ドイツDettingen/Ermsに、バッテリーと燃料電池アプリケーション技術に特化したエレクトロモビリティ技術センターを開設。
2020年10月 Plastic Omniumと燃料電池スタックを開発・生産する合弁会社EKPO Fuel Cell Technologiesを設立すると発表。
2020年11月 オランダのバスメーカーVDL Bus & Coachとの間で燃料電池技術分野での戦略的パートナーシップを締結。
2020年12月 ガスケット部門を統合し、金属シーリングシステム・ドライブトレイン部品事業部門を新設。

補足 1