BMWグループ: 中期計画 NUMBER ONE > NEXTのもとで高級車・電動車を積極投入

モビリティサービス事業の統合でDaimler AGと合意

2018/09/06

要約

  BMWグループは2018年8月2日、第2四半期決算報告時に2018年通年の見通しを再確認した。従来の自動車メーカーからモビリティテクノロジー会社へ変わろうとしている同社は、2018年には未来のモビリティのために研究開発費が過去最高となるが、同時にコアビジネスの好調と収益性を維持し、成長を続けると表明。世界販売台数と自動車部門の売上高は小幅増で過去最高を更新する見込み。2020年までの経営戦略Strategy NUMBER ONE > NEXTを引き続き積極的に実行し、特に4つの課題ACES(自動運転、コネクテッド、電動化、サービス/シェアード)への対応を重視するとしている。

  電動化計画では、BMWグループは2025年までに電気自動車(EV)12車種、プラグインハイブリッド車(PHV)13車種、計25車種の電動車をグローバル市場に投入する計画。2018年にはPHVスポーツカーのi8 Roadster、2019年にはMINIのバッテリーEV、2020年にはBMW初のEVとなるSUV iX3を投入する計画。

  自動運転車とコネクティビティの分野では、ドイツのミュンヘン近郊に自動運転キャンパスを開設。両分野の技術者を集結させ、研究開発を進める。中国では検索エンジン大手の百度とコネクティビティおよび自動運転分野で提携する。

  モビリティサービスでは、モバイルパーキングサービスのParkmobileを買収、カーシェアリングサービスのDriveNowを完全子会社化し、サービスを展開。2018年3月にはDaimler と、カーシェアリング、ライドシェアリング、駐車サービスなど両社のモビリティサービス事業を統合することで合意。関連当局の承認を待って、合弁会社を設立する。

  新型車投入計画では、Strategy NUMBER ONE > NEXTの一環として高級車の販売拡大を図る。高級車のラインアップは現行の7 Seriesに、新型8 Series、新型X7、i8、新型i8 Roadsterを追加する。Rolls-Royceブランドでは、最上級セダンの新型Phantomと同ブランド初のSUV Cullinanを発売する計画。

  BMWの最大市場である中国では、華晨汽車との合弁会社である華晨BMWの事業を大幅に拡大する。瀋陽工場の生産能力を拡充し、併設する電池工場も拡張。また、5 SeriesのPHV、X3、iX3の現地生産を開始する。さらに、長城汽車と新たな合弁会社を設立し、MINIのEVを生産する計画。

iX3 Concept BMW Z4
BMW初のEVとなるSUV iX3 Concept (北京モーターショー2018) BMWとトヨタが共同開発した新型BMW Z4 (資料: BMW)



関連レポート:
北京モーターショー2018 :ドイツ3社の展示取材 (2018年5月)
欧州での2021/2030年のCO2規制、ディーゼル車への逆風と電動化 (2018年4月)
ドイツ3社のEV・PHEVコンセプト、SUVや高性能車のワールドプレミアなど (2018年4月)
OEM各社の電動化戦略:EV・PHVのラインアップ拡充を加速 (2018年3月)
BMWの電動化: 2025年にEVを12車種に拡大 (2018年3月)
IAA 2017:ドイツメーカーのICE(内燃機関車)、ブランド強化とラインナップ拡充 (2017年10月)
IAA 2017: ドイツメーカーはEVシフト強化を前面に (2017年10月)
Mercedes-Benz、BMW、AudiのADAS・自動運転装備 (2017年8月)
BMW:自動運転とConnected MobilityでIntelligent Trafficを目指す (2017年7月)

分解調査レポート:
BMW i3 バッテリーシステム (2017年4月)
BMW i3 CFRP 製ライフモジュール車体構造 (2017年4月)
BMW i3 アルミニウム製シャシーフレーム:ドライブモジュールの特徴 (2017年10月)



2018年通年の業績見通し

  BMWグループが2018年8月2日に再確認した2018年通年業績見通しによると、世界販売台数と自動車部門の売上高は小幅増で過去最高を更新、グループの税引前利益は前年と同水準、自動車部門のEBITマージンは8-10%となる見込み。

  2018年の研究開発費は、ACES対応のための投資が増加し、最大でグループ売上高の7%に達する見込み(2017年は6.2%)。しかし、研究開発費をはじめとするコスト増加にもかかわらず、グループの税引前利益は、過去最高だった2017年と同水準になる見通し。コアビジネスの好調と持続的な収益性がBMWグループの支えとなり、ダイナミックな変化の時代に対応する力を提供している。

 

2018年業績見通し(2018年8月2日発表)

2017年 2018年見通し
BMWグループ 税引前利益 106.55億ユーロ 前年と同水準(注1)
自動車部門 世界販売台数 2,463,526台 前年比小幅増
売上高 885.81億ユーロ 前年比小幅増
EBITマージン 8.9% 8-10%(注2)

資料:BMW Group Investor Presentation 1H 2018, Annual Report 2017
(注)1. ただし、モビリティサービス統合のためにBMW GroupとDaimler AGが計画している合弁会社の設立が関連当局に承認されると、一時的な評価・収益効果により、グループの税引前利益は前年比小幅増となる見通し。
2. EBITマージンの目標は、将来のコスト増、規制強化、競争激化等の影響はあるが、8-10%に据え置く。



2025年までにEV12車種、PHV13車種を投入

MINI Electric Concept
MINI Electric Concept (2019年に量産車を投入)(IAA 2017)

  電動化戦略では、2013年にBMW i3、2014年に i8を投入以後、2018年上期までに投入した電動車(i3以外はPHV)は合計10車種。販売台数は2017年に103,000台、2018年上期は前年同期比42.5%増の60,660台となり、2018年通年では140,000台超の見込み。2019年末までに累計50万台超を目指す。2017年の欧州での電動車(EV+PHV)の新規登録車にBMW車が占める割合は、どのメーカーよりも多い21%。今後、投入される電動車には、2019年に投入予定のMINIのバッテリーEV、2020年から中国の瀋陽工場で生産されるBMW iX3のほか、高度な自動運転が可能なBMW iNEXT、iVision Dynamicsの量産モデルBMW i4など、2025年までに25車種の電動車(EVは12車種、PHVは13車種)を投入する計画。

BMWの電動車投入計画(青字は投入済み):2025年までにEV12車種、PHV13車種を投入予定

2013~2017 2018 2019 2020 2021 2022~2025
EV BMW i3 (60Ah/22kWh),
BMW i3 (94Ah/33kWh),
BMW i3s (94Ah/33.2kWh)
MINI BEV BMW iX3 BMW iVision Dynamics/ BMW i4,
BMW iNext
さらに8車種
を投入予定
PHV BMW i8,
BMW 530Le (中国)(現在は量産停止),
BMW X5 xDrive40e iPerformance,
BMW 225xe iPerformance,
BMW 330e iPerformance,
BMW 740e iPerformance,
BMW X1 xDrive25Le iPerformance (中国),
BMW 530e iPerformance,
MINI Cooper S E Countryman ALL4
BMW i8 Roadster,
BMW 530Le iPerformance
(中国)
2025年までにさらに12車種を投入予定

 

BMWが投入する主な電動車

i8 Roadster  2018年5月発売。オープントップの2人乗りスポーツカーのPHV。ドイツ・Leipzig工場でi8 Coupeと同一ラインで生産される。3気筒ガソリンエンジンに電気駆動システムを組み合わせる。容量11.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。EVモード時の最高速度は時速105km、航続距離は53km。
X7 iPerformance  コンセプト車を2017年フランクフルトモーターショーで発表。フルサイズSUV X7 のPHVモデル。ツインパワーガソリンターボエンジンにBMWの電動パワートレイン技術を組み合わせる。
iX3  2020年に投入予定。BMW初の本格的SUVのEV。中国の合弁会社、華晨BMWの大東(Dadong)工場で生産し、海外市場にも輸出する。コンセプト車を2018年北京モーターショーで初公開。コンセプト車の仕様はモーター最高出力200kW、バッテリー容量70kWh、航続距離400km超。30分で80%程度の充電が可能。
iVision Dynamics/i4  2017年にフランクフルトモーターショーに出展したコンセプト車 iVision Dynamics を、2021年に量産車i4 として投入予定。ドイツ・Munich工場で生産する。電動技術とBMW固有の価値(ダイナミズムとエレガンス)を融合させた、BMW iブランドの3番目のモデル。第5世代EVパワートレインと最新バッテリーパックを搭載し、航続距離600km、最高速度200km/h。
MINI EV  2019年に英国・Oxford工場で生産開始。中国では、BMWグループと長城汽車との合弁会社が生産する予定。MINI 3 doorをベースとし、ブランドの特徴であるゴーカートのようなフィーリングをEVでも提供する。
iNEXT  2021年に投入予定。次世代EV。最新のコネクティビティを採用し、高度な自動運転を可能にする。2018年の後半にコンセプト車を発表する予定。ドイツ・Dingolfing工場で生産される。

 

電動化に関連する動き

バッテリーセルの
コンピテンスセンター
 2017年11月、バッテリーセルのコンピテンスセンターをドイツ・Munichに新設すると発表した。新センターでは、バッテリーセルの技術開発と生産プロセスへの展開に注力。2019年初めのオープンを予定しており、今後4年間にわたって総額2億ユーロを投資し、200名の雇用を創出する。
ワイヤレス充電システムを投入  2018年5月、PHV向け高電圧バッテリー用のワイヤレス充電システムの市場投入を発表し、7月から生産を開始。システムの充電出力は3.2kW。当初はリースのオプションとして530e iPerformanceに設定され、ドイツで販売を開始。その後、英国、米国、日本、中国でも展開する。
第5世代の電動ドライブトレイン  現在、第5世代となる電動ドライブトレインを開発中。2021年のリリースに向け、電動モーター、トランスミッション、パワーエレクトロニクス、バッテリーの相互作用の最適化を目指して調整している。新開発のバッテリーを使用することにより、EVは最大航続距離が700km、PHVはEV走行の最大航続距離が100kmに延びる見込み。



ミュンヘン近郊に自動運転キャンパスを開設

  自動運転車とコネクティビティの分野では、ドイツのミュンヘン近郊に自動運転キャンパスを開設。コネクティビティと自動運転分野の技術者を集結させ、研究開発を進める。コネクティビティ関連のソフトウェア開発では、CRITICAL Softwareとの提携を強化。中国では検索エンジン大手の百度とコネクティビティおよび自動運転分野で提携する。

 

自動運転に関連する動き

自動運転キャンパスを開設  2018年4月、ドイツのMunich近郊のUnterschleissheimに自動運転キャンパスを開設したと発表した。新キャンパスは広さ23,000平方メートルで1,800名が従事できるオフィススペースがあり、現在は人工知能(AI)、機械学習、データ分析分野のITスペシャリストとソフトウェア開発者を募集している。コネクティビティおよび高度/完全自動運転の分野の技術者を1拠点に集結させ、自動運転技術の研究から量産車の開発まで進める計画。
チェコに開発試験センターを新設  Czech Invest(チェコビジネス・投資開発庁)は2018年6月、BMWが新しい自動車試験センターの設立でチェコ政府と合意したと発表した。ドイツとの国境近くに位置するKarlovy Vary州Sokolov郡北部に建設するセンターの敷地面積は約500ヘクタールで、BMWとして4カ所目の主要な開発試験センターとなる。同センターでは自動運転システムに特化した開発を行う計画。
百度の自動運転プロジェクトに参画  2018年7月、中国の検索エンジン最大手である百度(Baidu)の自動運転オープンプラットフォームプロジェクト Apollo にボードメンバーとして参画することで合意した。Apolloは2017年7月の立ち上げ以来、世界の自動車およびIT技術企業118社がパートナーとして参加している。BMWと百度は、中国市場に適した自動運転技術の開発を加速化する。

 

コネクティビティに関連する動き

CRITICAL Softwareとの合弁会社  BMWは2018年6月、BMWグループとポルトガルのIT・ソフトウェア企業CRITICAL Softwareとの提携強化を計画中であると発表。関連当局の審査・承認を条件として、コネクティビティ、クラウドベースのITソリューション、業務プロセスのデジタル化を推進する合弁会社 Critical TechWorks を設立する。これによりBMWは、モビリティテクノロジー企業への転換を加速する計画。
自宅からの車両通信で百度と提携  2018年6月、BMWと百度(Baidu)は、BMW ConnectedとBaidu Internet of Vehiclesが自宅と車をつなぐコネクテッドサービスで提携したと発表した。BMW Connectedの機能を拡充し、自宅からiPhoneやApple Watchを通じてボイスコントロールにより、燃料の残量レベルの確認、ドアロック、BMW Connectedに蓄積された情報の検索、ルート設定や出発時刻の確認などを行うことができる。
新型MINIに内蔵4G SIMカード  新型MINI 3 Door、MINI 5 Door、MINI Convertibleは2018年3月から内蔵の4G SIMカードをオプションで装着できる。世界43カ国で利用可能。既存機能のIntelligent Emergency CallやTeleservicesに、コンシェルジュサービス、リアルタイム交通情報を反映するナビゲーションマップ、MINI Online等の新サービスが加わる。


BMWとDaimlerがモビリティサービス事業の統合に合意

  モビリティサービスでは、モバイルパーキングサービスのParkmobileを買収、カーシェアリングサービスのDriveNowを完全子会社化し、サービスを展開。また、英国や米国では月額固定料金で多様なBMW車やMINI車を利用できるサブスクリプションサービスを開始している。2018年3月にはDaimlerと、カーシェアリング、ライドシェアリング、駐車サービスなど両社のモビリティサービス事業の統合で合意した。BMWは2025年までにモビリティサービスの顧客を1億人にまで増やすことを目指している。

 

モビリティサービスに関連する動き

Parkmobileを買収  2018年1月に北米でモバイルパーキングサービスを展開するParkmobileを買収。同社は米国ではニューヨークやフィラデルフィアなど300以上の都市で、全世界では1,000以上の都市で事業を展開、2,200万人超の顧客を抱える。同社のサービスは専用アプリによってチケットレス・キャッシュレスで駐車料金の支払いや予約などができる。
DriveNowを完全子会社化  BMWは2018年1月、Sixt SEが所有するカーシェアリングサービスのDriveNowの株式を取得し、DriveNowを完全子会社化すると発表した。DriveNowはBMWグループとSixtが2011年に設立した合弁会社。欧州13都市に拠点を持ち、のべ100万名以上が利用。6,000台超のBMWおよびMINIブランド車でカーシェアリングを展開している。
英国で月額料金サービス  BMW UKは2018年4月、Droverと提携してBMWおよびMINIブランド車を使用できる諸費用込みのサブスクリプションサービスを展開すると発表した。両ブランド車のオーナー見込み客は、月額固定料金でMINI Hatch、BMW 1/2/3/4/5/X/i Series の中から好みの車を選び、また途中で別の車に交換することもできる。月額料金には車両価格、保険、メンテナンス、サービス、税金等が含まれる。
米国で月額料金サービス  BMWは2018年4月、米国のBMW Financial Servicesが月額固定料金で多様なBMW車を無制限に利用できるサブスクリプションサービス Access by BMW を開始したと発表した。まず、5月よりテネシー州Nashvilleで開始。車両のメンテナンス費、保険、BMWのロードアシスト込みで月額1,099ドル、1,399ドル、2,699ドルの3段階の設定でサービスを提供する。

 

BMWとDaimler、モビリティサービス事業の統合に合意

 2018年3月、BMW GroupとDaimler AGはモビリティサービス事業の統合に合意したと発表した。両社はカーシェアリング、ライドシェアリング、駐車サービスなど既存のモビリティサービスの統合と拡張を目指す。事業統合にあたり、関連当局の審査・承認を経た後、折半出資でモビリティサービスの合弁会社を設立する計画。
 統合するサービスの概要 (D:Daimler傘下、B:BMW傘下)
・マルチモーダルおよびオンデマンドモビリティ:moovel(D)、ReachNow(B)(予約や決済を含む、多様な交通機関のシームレスな利用を提供する)
・カーシェアリング:Car2Go(D)、DriveNow(B)(両社合わせて31カ国で2万台の車両を運用している)
・ライドシェアリング:mytaxi(D)、Chauffeur Prive(D)、Clever Taxi(D)、Beat(D)(欧州最大のタクシー利用アプリ。4社合計で14万人のドライバーが登録し、1,300万人の顧客が利用)
・駐車サービス:ParkNow(B)、Parkmobile Group/Parkmobile LLC(B)(革新的なデジタルパーキングサービスにより、駐車スペースを探すための時間と運転を削減する)
・充電:ChargeNow(B)、Digital Charging Solutions(B)(2社で世界に14万3,000台の充電ステーションを有し、電動車両の普及を促進する)



新型車投入計画:高級車のラインアップを拡大

BMW Concept X7 iPerformance
大型高級SUVのBMW Concept X7 iPerformance (IAA 2017)

  BMWは中期経営戦略Strategy NUMBER ONE > NEXTの一環として、高級車の販売拡大を計画している。BMWの予測によると、世界のプレミアムセグメント車の販売台数は2022年まで年平均2.6%で成長し、997万台となる見込み(2017年は878万台)。中国では年平均成長率3.9%、2022年の販売台数289万台、BRIKT(ブラジル、ロシア、インド、韓国、トルコ)では年平均成長率8.5%、2022年の販売台数66万台の見込み。

  BMWブランドの高級車ラインアップは現行の7 Seriesに加え、新型8 Series、新型X7、i8、新型i8 Roadsterを追加する。Rolls-Royceブランドでは、最上級セダンの新型Phantomと同ブランド初のSUV Cullinanを投入する。

BMWブランドの新型車投入計画

新型X3  2017年11月発売。ミッドサイズSUV。2003年の発売以降、X3の累計登録台数は150万台以上。新型発売時にはガソリンエンジン3種とディーゼルエンジン2種を設定。最高出力は184hpから360hp。米国・Spartanburg工場で生産。
新型X2  2018年3月発売。コンパクトSUV。発売時には最高出力192hpのガソリンエンジン、最高出力190hpと231hpのディーゼルエンジン2種を設定。
新型X4  2018年4月投入。ミッドサイズSUV。現行モデルより全長は81mm、全幅は37mm、ホイールベースは54mm大きい。車両重量は最大50kgの軽量化。エンジンはガソリン3種類、ディーゼル3種類が用意され、最高出力は184hpから360hp。全モデルに8速ステップトロニックトランスミッションとインテリジェントAWD BMW xDriveを標準装備。
新型X5  2018年後半に投入予定。約20年前にSport Activity Vehicleセグメントの最初のモデルとして初投入されて以来、世界で220万台以上を販売した。米国・Spartanburg工場で生産。
新型8 Series Coupe  2018年11月発売予定。発売時にはM850i xDrive Coupeに搭載される4.4L V8ガソリンエンジンと、840d xDrive Coupe に搭載される3.0L 直6ディーゼルエンジンが用意される。最新デジタル技術が導入されたドイツ・Dingolfing工場で生産。
新型X7  2018年末発売予定。フルサイズSUV。2017年12月に米国・Spartanburg工場で新型X7の生産準備を開始。X5およびX6と同じ組立ラインで生産する。
新型Z4  2019年春発売予定。2人乗りロードスター。BMWとトヨタが共同開発。トヨタはSupraとして2019年前半に発売予定。Z4は直列6気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速は4.6秒。オーストリア・GrazにあるMagnaの受託生産工場で生産する。

 

Rolls-Royceブランドの新型車投入計画

新型Rolls- Royce Phantom  2018年初頭に販売開始。Rolls-Royce最上級セダンの8代目。Architecture of Luxuryと称するRolls-Royceのオールアルミ製スペースフレームアーキテクチャを採用する最初のモデル。同アーキテクチャは今後のすべてのRolls-Royce車に採用される。6.75LツインターボV12エンジン(最高出力563hp、最大トルク664ft・lb)と8速ATを組み合わせる。
Rolls-Royce Cullinan  2018年5月発表。Rolls-Royce初のSUV。世界最大のダイヤモンドに因んでCullinanと命名。オールアルミ製スペースフレームアーキテクチャを採用。あらゆる地形を迅速に走行するため、6.75LツインターボV12エンジン(最高出力563hp、最大トルク627ft・lb)のパワーとトルクを、四輪操舵システムを備えた四輪駆動システムに供給。



中国事業を拡大

  BMWグループの国別最大市場の中国では、BMWと華晨汽車との合弁会社である華晨BMW(BMW Brilliance Automotive)の事業を大幅に拡大する。瀋陽工場の生産能力を拡充し、併設する電池工場も拡張する。2018年には5 SeriesのPHV、X3、2020年にはiX3の現地生産を開始する。また、長城汽車と新たな合弁会社を設立し、MINIのEVを生産する計画。

 

華晨BMWの事業を拡大

瀋陽の電池工場を拡張  2018年5月、華晨BMWは2017年10月に開設した遼寧省瀋陽市の電池工場の拡張工事を開始した。第2期工事となる今回の拡張により、EVのSUV iX3 に搭載する第5世代となる電動化技術 eDrive に採用する高出力の新型バッテリーパックを生産する。
生産能力拡大  2018年7月、華晨BMWは2019年までに遼寧省瀋陽の鉄西(Tiexi)工場と大東(Dadong)工場の生産能力を合計で52万台に拡大する、と発表した。2017年の中国におけるBMW車の販売台数は約56万台。
生産車種の拡大  2018年初頭にBMW 5 SeriesのPHV、同年5月に新型X3の生産を開始。中国で生産するBMW車は6車種となった。2020年にはEVのiX3 の生産を大東工場で開始し、海外市場に輸出する計画。

 

長城汽車との合弁会社でMINIのEVを生産へ

 2018年2月にBMWグループと長城汽車は、中国でMINIブランドのEVを生産するために合弁会社を設立することで合意。7月に折半出資で江蘇省張家港市に光束汽車有限公司(Spotlight Automotive Limited)を設立した。投資総額は51億元。光束汽車は年産能力16万台の工場を建設する予定。

 

北京に宝馬(中国)研究開発センターを開設

 2018年5月に宝馬(中国)研究開発センターを北京順義区空港工業区に開設した。同センターは車両の品質試験やモデル認証に力を入れており、中国の顧客のニーズに基づき現地化の戦略を策定。BMWは中国に研究開発センターを3カ所有し、上海研究開発センターは未来の交通動向の研究、刷新的なデザイン、デジタル化の応用に、瀋陽研究開発センターは電動モビリティの発展、現地化生産に関する研究開発業務に注力する。



米国、欧州、南アフリカでも生産拡大の動き

米国:Spartanburg工場の生産能力拡充

  米国のSpartanburg工場に6億ドルを追加投資し、2021年までに雇用を1,000人増員の合計11,000人にする計画。現在、X3、X4、X6を生産しており、第4世代となる新型X5の生産を2018年夏に開始した。また、2018年後半からX7も生産する予定。同工場で生産する自動車40万台の70%を主に中国およびドイツ等へ輸出している。

(注)米国と中国は2018年7月から互いの国で生産される自動車に追加関税を課している。この米中貿易戦争により、米国で生産するBMW車の中国への輸出は影響を受けるであろう、と報道されている。

 

欧州:ドイツとハンガリーで生産能力の拡大

ドイツ・Leipzig工場を拡大  2018年5月、ドイツ・Leipzig工場の拡大に3億ユーロ超を投資すると発表。車体工場、塗装工場、組立工場、物流部門の拡張と設備更新を行い、年産能力を現在の25万台から2020年には35万台に引き上げる計画。2018年秋には、需要が好調に伸びている電動車シリーズの i model の生産台数を1日130台から200台に増強する予定。
ハンガリーに工場を新設  2018年7月、ハンガリー・Debrecen市近郊に新工場を建設し、欧州での生産ネットワークを拡大すると発表。約10億ユーロを投じて年産能力15万台の工場を建設し、新たに1,000人超の雇用を創出する。Debrecenは整備されたインフラ、適切なロジスティクスとの接続、既存のサプライヤーネットワークへのアクセスの良さ等により、生産ネットワークの拡大に最適な場所である。
ドイツのリサーチイノベーションセンターを拡張  BMWグループは2017年10月、Munich北部にあるFIZ Research and Innovation Centreの大規模な拡張工事に着手したと発表した。2050年までに総床面積15万7,000平方メートルのビル群を建設し、同センターを約50%拡張する。建設の第1フェーズの投資額は約4億ユーロ。2019年には約5,000人、2050年までにはさらに1万5,000人の従業員を収容するスペースを創出する。

 

南アフリカ:Rosslyn工場に62.6億ランドを投じて生産能力拡大

  BMWは2018年5月、BMW南アフリカがコンパクトSUVのX3を欧州へ向け初出荷したと発表した。同社は、南アフリカ自動車生産開発計画に基づき、X3の生産準備のため、Rosslyn工場に61億ランド(約4億1,500万ドル)を投資。その後、1.6億ランド(約1,100万ドル)を追加投資し、生産ラインのスピードを上げ、同工場の年産能力を約10%増の7万6,000台に引き上げていた。〈2018年9月現在、1ランドは約0.068ドル)


2018年上期の販売台数は1.8%増の124万台

  BMWグループの2018年上期の世界販売台数は前年同期比1.8%増の124万台。BMWブランド車は1 Series、X1、5 Seriesの販売が貢献して2.0%増の106万台。X3の生産台数増加により、2018年6月には販売台数が24.6%増加した。MINIブランド車は0.1%増の18万台で、高水準だった前年とほぼ同等。Rolls-Royceブランド車の販売台数は、中東市場は政治情勢の変動により不安定だが、中国をはじめ各地で高級車の需要が伸び、13.1%増の1,800台を記録した。

  地域別では、欧州、米州、アジアの主要3地域とも販売増に貢献。欧州は1.2%増と微増だが、米州は3.9%増加。アジアは1.9%増で、うちBMW グループの国別最大市場である中国は2.2%増加した。

BMW グループの販売台数 BMW グループ地域別販売台数

BMWグループの販売台数

(台)

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2017年
1-6月
2018年
1-6月
BMW 1,540,085 1,655,138 1,811,719 1,905,234 2,003,359 2,088,283 1,038,030 1,059,296
MINI 301,526 305,030 302,183 338,466 360,233 371,881 181,214 181,430
Rolls-Royce 3,575 3,630 4,063 3,785 4,011 3,362 1,575 1,781
四輪車合計 1,845,186 1,963,798 2,117,965 2,247,485 2,367,603 2,463,526 1,220,819 1,242,507
Motorcycle 117,109 115,215 123,495 136,963 145,032 164,153 88,389 86,975

資料:BMW Annual Report 2017, BMW Quarterly Report Q2 2018

 

BMWグループのモデル別販売台数

(台)

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2017年
1-6月
2018年
1-6月
1 Series 226,829 213,611 190,033 182,158 176,032 201,968 91,802 98,396
2 Series 41,038 157,144 196,183 181,113 91,848 81,710
3 Series 406,752 500,332 480,214 444,338 411,844 409,005 207,692 192,400
4 Series 14,763 119,580 152,390 133,272 131,688 69,907 58,594
5 Series 359,016 366,992 373,053 347,096 331,410 347,313 166,353 191,185
6 Series 23,193 27,687 23,988 20,962 13,400 11,052 4,703 13,146
7 Series 59,184 56,001 48,519 36,364 61,514 64,311 32,290 27,530
X1 147,776 161,353 156,471 120,011 220,378 286,743 136,749 152,866
X2 22,326
X3 149,853 157,303 150,915 137,810 157,017 146,395 81,607 78,464
X4 21,688 55,050 58,055 52,167 28,087 21,128
X5 108,544 107,231 147,381 168,143 166,219 180,905 89,958 85,307
X6 43,689 36,688 30,244 46,305 43,323 40,531 21,095 19,309
Z4 15,249 12,866 10,802 7,950 5,432 1,416
BMW i 311 17,793 29,513 29,280 33,676 15,939 16,935
BMW total 1,540,085 1,655,138 1,811,719 1,905,234 2,003,359 2,088,283 1,038,030 1,059,296
MINI 301,526 305,030 302,183 338,466 360,233 371,881 181,214 181,430
Rolls-Royce 3,575 3,630 4,063 3,785 4,011 3,362 1,575 1,781
合計 1,845,186 1,963,798 2,117,965 2,247,485 2,367,603 2,463,526 1,220,819 1,242,507

資料:BMW Annual Reports 2017, BMW Quarterly Report Q2 2018
(注) M5/M6 等の高性能車 M シリーズは、それぞれのベース車に含む。

 

BMWグループの地域別販売台数

(1,000台)

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2017年
1-6月
2018年
1-6月
欧州合計 865.4 859.5 914.6 1,000.4 1,092.2 1,101.8 555.2 562.1
うちドイツ 287.4 259.2 272.3 286.1 298.9 295.8 156.3 157.2
アジア 493.4 578.7 658.4 685.8 747.3 848.8 415.9 423.9
うち中国 327.3 391.7 456.7 464.1 516.8 595.0 293.6 300.2
米州 425.3 463.8 482.3 495.9 460.4 451.1 217.5 226.1
うち米国 348.5 376.6 397.0 405.7 366.5 353.8 171.8 176.6
その他の地域 61.1 61.8 62.7 65.4 67.7 61.8 32.2 30.5
合計 1,845.2 1,963.8 2,118.0 2,247.5 2,367.6 2,463.5 1,220.8 1,242.5

資料:BMW Annual Report 2017, BMW Quarterly Report Q2 2018



2018年上期は研究開発費の増加でEBITは4.8%減

  2018年上期の売上高は前年同期比4.0%減の477.2億ユーロだが、為替の影響を除くと前年とほぼ同水準。未来のモビリティを見据えたACESへの投資など研究開発費の大幅増により、EBITは4.8%減の54.8億ユーロ。うち、中国の合弁会社である華晨BMWが貢献した利益は4.4億ユーロ(前年同期は3.4億ユーロ)。税引前利益は3.2%減の60.4億ユーロ、純利益は2.4%減の43.8億ユーロ。

BMWグループ売上高 BMWグループEBIT/税引前利益純利益

BMWグループの 業績

(100万Euro)

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2017年
1-6月
2018年
1-6月
売上高
EBIT
税引前利益
純利益
76,059
7,978
7,893
5,329
80,401
9,118
8,707
5,817
92,175
9,593
9,224
6,396
94,163
9,386
9,665
6,910
98,678
9,880
10,655
8,706
49,691
5,753
6,238
4,491
47,717
5,479
6,038
4,383
設備投資
減価償却費
研究開発費
4,967
3,741
4,792
4,601
4,170
4,566
3,826
4,659
5,169
3,731
4,806
5,164
4,688
4,822
6,108
-
4,050
2,650
-
4,210
2,756
従業員数(人) 110,351 116,324 122,244 124,729 129,932 129,932 131,636

資料:BMW Annual Report 2017, BMW Quarterly Report Q2 2018
(注) 1. EBIT は Earnings Before Interest and Taxes (金利・税引前利益)。
2. 設備投資は、有形固定資産および無形固定資産への投資の合計(2016年に定義を変更)。
3. 研究開発費は、R&D費と資産計上したR&D費の合計から、資産計上したR&D費の償却費を除く。



LMC Automotive販売予測:BMWグループの世界販売は2021年に270万台へ

BMWのライトビークル販売予測

  LMC Automotiveの販売予測(2018年第2四半期)によると、BMWグループの2018年のライトビークル世界販売は前年比2.4%増の250万台となる見込み。米国での販売は1.9%増にとどまるが、中国での販売は6.8%増となる。LMC Automotiveは、2019年以降、BMWの世界販売が漸増し、2021年には2018年比7.5%増の269万台に達すると予測している。

  中国では、自動車に対する需要、特に欧州車への需要が高く、BMWの販売台数は2018年に前年比6.8%増の64万台となる見込み。LMC Automotiveは、2019年にはBMWの中国販売は1.6%増にとどまるが、その後も増え続け2021年には2018年比15.9%増の74.2万台に達すると予想している。

  米国では、商品ラインアップが更新の時期に近づいているため、BMWの2018年の販売台数は前年比1.9%増の36.1万台にとどまる見込み。BMWグループは米国内で生産する商品ラインアップを一新するため、BMW X4、X5、X6のモデルチェンジを実施し、新モデルのBMW X7を投入する予定。この結果、2019年以降、BMWの競争力は向上すると予想される。

  ドイツでのBMWの2018年の販売台数は前年比2.4%増の31.9万台となる見込み。ドイツ市場の成長可能性は、他の市場よりも幾分限られている。今後数年間、成人人口が減少することは市場にとって逆風となる。LMC Automotiveは、ドイツでのBMWの販売台数は2021年まで32万台前後で推移すると予測している。

 

BMWのライトビークル販売予測(主要10カ国)

(下記10カ国以外の販売予測データはこちらからダウンロード可能です。)

(台)

COUNTRY GLOBAL MAKE 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
BMW Group BMW 1,903,927 1,978,273 2,076,689 2,136,647 2,230,108 2,273,599 2,312,542
MINI 339,057 362,017 364,837 364,266 365,243 381,148 374,031
Rolls-Royce 2,649 3,114 3,162 3,401 4,169 4,204 4,509
Zinoro 457 41 66 128 328 611 775
BMW Total 2,246,090 2,343,445 2,444,754 2,504,442 2,599,848 2,659,562 2,691,857
China BMW 449,517 476,899 565,529 604,646 607,754 646,385 686,805
MINI 31,038 34,808 33,304 34,602 41,571 46,182 52,905
Rolls-Royce 508 553 630 796 999 1,091 1,167
Zinoro 457 41 66 128 328 611 775
China sub-total 481,520 512,301 599,529 640,172 650,652 694,269 741,652
USA BMW 346,023 313,174 305,685 312,534 321,071 335,537 324,626
MINI 58,514 52,030 47,102 46,848 42,189 40,899 36,826
Rolls-Royce 1,078 1,200 1,175 1,183 1,580 1,526 1,617
USA sub-total 405,615 366,404 353,962 360,565 364,840 377,962 363,069
Germany BMW 249,919 263,485 264,039 273,055 283,739 276,206 276,866
MINI 40,253 44,466 47,058 45,622 43,428 44,914 42,003
Rolls-Royce 116 202 186 211 196 175 183
Germany sub-total 290,288 308,153 311,283 318,888 327,363 321,295 319,052
UK BMW 167,391 182,593 175,101 171,577 173,496 176,201 180,752
MINI 63,584 68,984 68,166 64,561 63,930 68,243 65,586
Rolls-Royce 378 450 422 471 512 469 577
UK sub-total 231,353 252,027 243,689 236,609 237,938 244,913 246,915
Italy BMW 49,298 59,773 60,806 60,954 68,555 68,085 69,710
MINI 21,797 24,429 24,731 26,338 31,066 34,604 32,233
Rolls-Royce 7 0 0 10 17 17 23
Italy sub-total 71,102 84,202 85,537 87,302 99,638 102,706 101,966
France BMW 53,958 60,896 61,438 60,559 66,190 66,346 66,678
MINI 22,679 25,328 26,561 28,889 29,070 30,404 28,424
Rolls-Royce 6 15 9 14 16 16 13
France sub-total 76,643 86,239 88,008 89,462 95,276 96,766 95,115
Spain BMW 35,921 44,476 48,828 50,680 57,546 57,166 57,715
MINI 9,578 11,299 12,144 13,555 14,940 16,157 14,896
Rolls-Royce 1 2 7 4 12 12 14
Spain sub-total 45,500 55,777 60,979 64,239 72,498 73,335 72,625
Korea BMW 47,877 48,459 59,624 61,338 55,959 48,880 44,779
MINI 7,501 8,632 9,562 6,940 6,750 10,308 10,047
Rolls-Royce 63 53 86 83 95 126 110
Korea sub-total 55,441 57,144 69,272 68,361 62,804 59,314 54,936
Belgium BMW 37,280 40,304 42,237 41,616 44,805 44,189 44,514
MINI 5,932 7,502 7,545 7,571 7,138 7,579 6,966
Rolls-Royce 9 19 18 11 8 5 12
Belgium sub-total 43,221 47,825 49,800 49,198 51,951 51,773 51,492
Japan BMW 46,538 50,913 52,746 40,827 37,646 30,743 27,841
MINI 21,083 24,550 25,428 26,462 24,183 20,058 20,540
Rolls-Royce 156 223 225 165 159 129 120
Japan sub-total 67,777 75,686 78,399 67,454 61,988 50,930 48,501

Source: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast (Quarter 2, 2018)"
* 国名は一部抜粋のため、各国の合計値は表中のBMW Totalと一致しません。
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要になります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

 


------------------
キーワード
BMW、MINI、Rolls-Royce、華晨BMW、Strategy NUMBER ONE > NEXT、ACES、モビリティ、自動運転、コネクテッド、電動化、カーシェアリング、ライドシェアリング、百度、Parkmobile、DriveNow、SUV、EV、PHV、ハイブリッド車、iPerformance、iX3、i8 Roadster、iVision Dynamics、iNEXT

<自動車産業ポータル マークラインズ>