Daimler乗用車部門:新モデル好調で2013年通年は記録更新を見込む

生産・販売体制を整備し、高級車販売首位奪還を目指す

2013/11/19

要 約

Daimler乗用車部門:主要市場の小売販売台数
注:上記販売台数にはsmartの台数を含む。

 2013年1~10月のDaimlerの乗用車部門、Mercedes-Benz Carsの販売台数は、127.2万台と過去最高を記録している。中国・米国市場での好調や、新型A-Classなどの新車導入が要因で、販売台数が拡大した。同社は2013年通年で、販売台数と売上高が前年を超えると見込む。フラッグシップモデルであるS-Classや、新型A-ClassベースのSUV GLA-Classなど積極的にモデルを投入して販売台数増加を狙い、2020年までに高級車販売首位の奪還を目標としている。

 生産拠点については、中国やブラジルなどで新モデルの現地生産開始に向け投資を行う。欧州でもハンガリー、フィンランドなどで新モデル生産を開始する。

 LMC Automotive社の10月の予測では、Daimler Groupの2013年のLight Vehicle(乗用車+6.0t以下の商用車)販売台数は前年比5.0%増加し173万台に成長する。また、2016年には、2012年比で35.2%増の223万台へ拡大を見込む。中国・米国での販売台数拡大が最も顕著で、それぞれ同91.1%増の44.4万台、同29.7%増の39.6万台と予測。LMC Automotiveは「中国市場の高級車販売は2012年に減速したが、中国は豊かになり消費が増え、長期的な発展性は高まっている。また、現地生産や小型高級車の連続的な投入が重要な要素となる」とコメントしている。

 関連レポート:
 ・Daimler: S-Classに高度な運転支援装備を多数搭載 (2013年11月掲載)
 ・フランクフルトモーターショー:Daimler:S-ClassのPHVモデル、クーペモデル、自動運転実験車を展示(2013年9月掲載)
 ・Daimler:次期型S-class、C-classにPHV設定を計画 (2013年4月掲載)



Mercedes-Benz Carsの目標と2013年見通し

2013年の見通し

2013年通年の
見通し
・乗用車販売は、前年を上回り、過去最高を記録する見込み。(2012年実績:142万台)
・乗用車部門のEBITは約40億ユーロを見込む。(2012年実績:43.9億ユーロ)
・売上高は、北米市場や新興国の成長、新モデルの販売好調で、前年を上回る。(2012年実績:616.6億ユーロ)

 

Mercedes-Benz Carsの目標と事業方針

目標 ・Mercedes-Benzブランドで、2014年までに世界販売150万台、2015年までに160万台を目指す。
(注:smart含まず)
・中国での販売台数を2015年までに30万台とする。
・2020年までにプレミアムセグメントでの世界販売台数首位の奪還を目指す。
事業方針 ・生産・販売・マーケティング体制を強化。特に中国でディーラー網の整備や、現地生産、研究施設の設立など、中国事業の強化を実行する。
・Renault・日産を中心に、他社との業務提携を行い、コンポーネント共有によるコスト削減や共同開発を行う
・設備投資と研究開発費の抑制:
計画:資本支出比率~7%、R&D比率~6% (2012年:資本支出比率5.7%、R&D比率:6.6%)
・Return on Sales (RoS)目標:平均10%達成 (2012年実績:7.1%)
モデル計画 ・2015年までに、新しく12車種以上を投入する。(2013年9月発表)
・中国では2015年までに新型またはマイナーチェンジをしたモデル20車種を投入する(2013年8月発表)
開発・生産体制 ・「Fit for Leadership」スローガンのもと、グローバル生産体制の整備、プラットフォーム/パワートレイン/部品生産の効率化、生産時間の短縮などでコストを削減して、原料コスト上昇の相殺を目指す。
・コスト削減の内訳は40%が原料費削減、20%が生産コスト削減、40%が固定コスト(研究・調査費など)削減。
・コスト削減は2012年から、2014年末までに20億ユーロ達成が目標。
・車両の構成部品をモジュール化し、生産コストの削減を図る。
・2015年までに前輪駆動用「MFA」プラットフォームおよび後輪駆動用「MRA」プラットフォームの2つに統合し、30種類のバリエーションを展開。
・2018年までにMercedes-Benz Carsの全車両へのモジュール戦略の反映を目指す。
環境対応技術 ・Mercedes-Benzは欧州市場販売車のCO2の平均排出量を、2016年までに125g/kmに低減する(2012年:140g/km)。中期計画ではガソリン・ディーゼルエンジンの更なる低燃費・低排出化技術の開発やハイブリッド化による効率化、またEV・FCVによるゼロエミッションの導入を目指す。

出展:Daimler Corporate Presentation July/August 2013、Q3 2013 Presentation、Operation Cars 2012

 

 



モデル計画:S-Classと新型A-Classベースの車両を展開

 DaimlerはA-Classや、A-ClassをベースとするGLA-ClassやCLA-Classの導入など、積極的にモデルを展開する。また、様々な先進技術を採用したフラッグシップモデルであるS-Classは、7月に市場投入された。S-Classは3か月で約3万台の受注を受けていて、Daimlerは2013年通年の利益拡大を見込んでいる。

 

Mercedes-Benz Cars

 

S-Class S 500 Plug-in Hybrid
S-Class S 500 Plug-in Hybrid
(フランクフルト・モーターショー2013より)

 

新型S-Class:6代目フラッグシップモデルの投入

新型S-Classの
概要
 8年ぶりにフルモデルチェンジした6代目のフラッグシップセダン新型S-Classは2013年7月に投入。
同モデルにはガソリンエンジンを搭 載した「S 500」、ディーゼルエンジン搭載の「S 350 BlueTEC」やガソリンエンジンベースのハイブリッド「S 400 HYBRID」とディーゼルベースのハイブリッド「S 300 BlueTEC HYBRID」のHV2種が設定された。
同モデルは、Stereo Multi Purpose Camera (SMPC)など、新開発された先進的装備を採用し、安全性と快適性を大きく向上させている。SMPCはフロントガラス裏のルームミラー付近に、設置され ているステレオカメラが車両の50m先の立体的な認識と、最大500m前方までの監視を同時に行う。SMPCの立体的な画像データによって周囲の車両、歩 行者、障害物との距離などを認識し、他に搭載しているレーダーセンサーから送られてくるデータを複合・処理して、安全装備が作動する仕組み。衝突回避支援 システムBAS PLUS、レーン逸脱防止や低速時に前方車両の追尾を行うDISTRONIC PLUS with Steering Assist、標識をSMPCが認識し、違反時に警報音や警告がディスプレイに表示される Traffic Sign Assistなどが作動する。
 更に安全面では、新開発のBeltbagが採用されている。Beltbagは前面衝突時に後席左右のシートベルトの幅を約3倍に膨張させ、衝突時に固定箇所にかかる負荷を分散させ、衝撃を軽減し怪我のリスクを減らす。
S-Class AMGが2014年5月、Coupeが2014年秋(現行の2ドアクーペ、CL-Classを廃止)、S 500 Plug-in Hybridが2014年中、S 550 Hybridと4ドアのConvertibleが2015年前半、全長5,246mm、ホイールベース3,165mmのLong Wheel Base版のS-class Ultraluxury Sedanが2015年中に投入される。

 

GLA-Class
GLA-Class(フランクフルト・モーターショー2013より)

 

A/B-Class

投入時期 モデル 概要
2012年9月 新型A-Class  B-Classと共有する、MFAプラットフォームを採用した全長4,417mmのプレミアムコンパクト。1.6~2.2リットルのガソリンおよびディーゼルエンジンが設定され、全エンジンにECOアイドリングストップ機能を搭載。レーダーセンサーによる衝突回避・軽減の為のブレーキ制御支援COLLISION PREVENTION ASSISTや、追突を予測して視覚と音声による警告をするPRE-SAFEなどの安全装備を標準装備している。
2013年4月 CLA-Class  CLA Class はCLS-Classの4ドアクーペのデザインを受け継ぐモデル。新型A-Classの派生モデルで、全長4,630mm。
2014年 GLA-Class  新型A-Classのプラットフォームをベースにした全長4,417mm のSUV。2013年9月のフランクフルト・モーターショーで公開され、11月末より受注を開始。2014年に発売予定。
2014年前半 B-Class
Electric Drive
 Tesla MotorsのEV技術を採用したEVで、最高出力が130kW/174hp、最大トルクは340Nm/250lb-ft。容量28kWhのリチウムイオン電池を床下に搭載。

 

C-/E-Class

投入時期 モデル 概要
2014年 新型C-Class sedan  新型C-Class sedanは現行モデルより約70kgボディを軽量化する新構造を採用。2014年のデトロイトモーターショーで初披露予定。Convertible、PHV、ディーゼル版などの派生バージョンも追加予定。
2015年 新型E-Class  2015年に新型投入予定。ConvertibleとCoupeを2016年に投入予定。

 

SUV

投入時期 モデル 概要
2012年11月 新型GL-Class  大型クロスオーバーSUV。GL 350 BlueTEC 4MATICは190kW (258hp)のディーゼルエンジンを搭載し、燃費は欧州複合モード基準で7.4L/100km (約13.5km/L)。GL 500 4MATIC BlueEFFICIENCYはV8ガソリンエンジンを搭載して、燃費は11.3L/100km (約8.8km/L)。
2015年 MLC-Class  SUVのML-ClassをベースにしたSUVクーペ。2015年前半に投入予定。米国Tuscaloosa工場で生産が予想される。BMWのX6に対抗するモデルとされている。
2016年 新型GLK-Class  2016年にコンパクトSUVの新型が投入予定。Coupeバージョンも開発中と報道されている。


 

smart

 

fourjoy fourjoy
fourjoy (フランクフルト・モーターショー2013より)

 

投入時期 モデル 概要
2015年 新型fortwo  新型smart fortwoは2シーターの小型ハッチバックで、2015年に投入予定。現行モデルより全長が3インチ拡大され、109インチになりボンネットが延長される。Renaultとsmart/Twingoを共通の設計コンセプトで共同開発していて、新型0.9L3気筒エンジンを搭載予定。通常版とターボ版が設定される。fortwoは現行車と同じフランスHambach工場で生産を予定している。
2016~
2017年
forfour  新型fortwo用プラットフォームをベースの後輪駆動の4シーターであるforfourは、2016年~2017年に投入予定とされる。新型3気筒エンジンを設定予定。2013年のフランクフルト・モーターショーではforfourのデザインプレビューとして製作されたコンセプトカーfourjoyが発表された。全長 3,494mm x 全幅 1,978mm x 全高 1,494mm。

 

 



中国市場:現地生産モデル導入と販売体制の強化

 中国でのMercedes-Benzの乗用車の販売台数は、2012年には21万台とドイツ、米国に続く、3番目に大きい市場となり、2013年1-10月は18.8万台を販売し、前年同期よりも7.8%拡大。Daimlerは中国で2015年までに30万台への拡大を狙い、現地生産体制の整備や販売網の拡充を図る。また2015年までに新型またはマイナーチェンジをしたモデル20車種の投入を目標にしている。

 

北京汽車への出資 Daimlerは11月、北京汽車集団の乗用車部門、北京汽車股份有限公司 (BAIC Motor Co., Ltd)の、12%の株式取得をすると発表した。DaimlerはBAIC motorの取締役会にメンバー2名の席を獲得し、北京汽車はMercedes-Benzのプラットフォームをベースに自主ブランドの車両生産が可能になる。
GLA-Class 北京
ベンツ工場で生産
 2013年9月、Daimlerは新型コンパクトSUV GLA-Classを北京ベンツの工場で、2015年に現地生産すると報じられた。GLA-Classの現地生産車には北京ベンツが製造するエンジンの搭載を予定されている。
北京ベンツエンジン工場、正式稼働開始 2013年5月、Daimlerは亦荘経済開発区に建設していたエンジン工場で、2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンM274及び3.5L V6直噴エンジンM276のテスト生産を開始した。同工場はDaimlerにとってドイツ以外での初の乗用車エンジン工場で、2013年11月に正式に稼動を開始。初期の生産能力は25万基で、2015年までに第2期工事を終え、50万基に拡大予定。2013年にM274とM276エンジン、2014年に1.6L/2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンM270の量産を開始し、北京ベンツや福建ベンツの生産モデルに供給する。
販売体制の強化  2013年6月、Daimlerは2013年中に、中国でMercedes Benzのディーラー75店舗を新設すると発表。これまで未開拓であった36都市にも販売網を広げて、店舗数は合計で300を超える。同社は中国でのサービス強化のためドイツStuggart本社に、中国市場における乗用車販売業務を管理するSales Management China(中国販売管理)部門を設立した。
DENZAブランド、第1弾EVを年内発売予定 2013年7月、BYDとDaimlerの合弁会社である深セン比亜迪戴姆勒新技術有限公司(Shenzhen BYD Daimler New Technology Co., Ltd.)は、DENZA(騰勢)ブランドの第1弾モデルとなるEVの量産モデルは2013年11月広州モーターショーで発表し、2014年中頃に販売開始予定。DENZAは中国市場向けの、新エネルギー車のブランドとして2012年3月に発表され、第1弾モデルにはBYDが開発したリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載する。
中国国内での
smart販売の強化
 2013年4月、Daimlerは、中国でEVの販売認可取得を発表した。2013年末までに中国でsmartの2人乗りEV、smart fortwo electric driveを販売する計画。
 また、Daimlerは2013年末までに、smartの販売拠点を、75の都市に合計100店舗展開するとしている。(2013年8月時:68都市、88拠点)

 

 



生産体制の強化:中東欧、ブラジル、その他市場

 Daimlerはハンガリー、南アフリカ、ブラジルなど、中東欧や欧州域外の生産拠点を整備して、ドイツ以外で高い生産品質・設備を持つ工場を設立して、拠点間の柔軟な生産ネットワークの構築を目指す。

ハンガリー、フィンランドで新型車の生産

ハンガリー:新型4ドアクーペ、CLA-Classの生産開始  2013年1月、Daimlerはハンガリー、Kecskemet工場でCLA-Classの生産開始を発表し、4月よりディーラーに出荷された。同工場では2012年3月より新型B-Classの生産を開始している。
フィンランドでA-Classの委託生産開始  2013年9月、DaimlerはフィンランドのValmet AutomotiveのUusikaupunki工場で、新型A-Classの委託生産開始を発表した。同工場でのA-Classの生産は2013~2016年の間で10万台以上を予定している。(A-Classは、2012年7月からドイツRastatt工場、2013年1月からハンガリーのKecskemet工場で生産を開始している。)
ルーマニアで新世代ATを生産  2013年4月、DaimlerはルーマニアのSebesに新工場の建設のため3億ユーロを投資し、2014年からはDCTの組立を開始、2016年に導入予定の次世代ATの組み立ても行う。新工場は主力のStuttgart工場のトランスミッション生産能力が限界に達しているため、既存のルーマニア、Cugir工場の近くに建設される。

 

その他市場:新工場建築と増産、現地生産へ

ブラジル:新工場建設、2016年稼働予定  2013年10月、Daimlerはブラジル新工場設立を発表した。Sao Paulo州近郊のIracemapolisに建設予定。2016年からC-ClassとGLA-Classを生産し、年間2万台の計画。初期段階として約1.7億ユーロが投資される。
南アフリカEast London工場へ投資:C-Class増産へ  2013年10月、Daimlerは南アフリカでのC-Class増産のため、30億ランド(約3.02億ドル)の投資を計画すると報道された。同社はEast London工場に新生産技術を導入するとともに、勤務体制を3シフト制とし、年産10万台に拡大する予定。(現在は6万台)
メキシコ:日産の工場で共同生産へ  2013年9月、Daimlerは日産のメキシコAguascalientes工場で、小型高級車を共同生産すると報道された。プラットフォームや車体部品の一部を、日産インフィニティQ30(2015年投入予定)と共有し、GLA-もしくはCLA-Classを生産する。
インド:GL-、A-、B-Classの現地生産へ  2013年8月、Mercedes-Benz IndiaはChakan工場でSUV、GL-Classの現地組立生産の開始を発表した。Chakan工場では2014年からA-ClassとB-Classの組立生産を予定しており、25億ルピーを投資し年産能力を2014年までに2万台まで倍増させる予定。また2013年7月には同工場で、2013年型E-Classの組立生産を開始している。(現在の生産能力:1万台)
マレーシア:Pekan組み立て工場に投資  2013年6月、Mercedes-Benz Malaysia Sdn Bhd, は今後、5年をかけて、Pahang州Pekanにある組立工場に新モデルを投入するための、1億リンギットに及ぶ追加投資計画が報じられた。同工場では現在、S-Class、 E-Class、C-Classを生産している。(2004年からの累計投資額は2.5億リンギット)
タイ事業:生産・販売の強化  2013年2月、Mercedes-Benz Thailandは、タイの生産委託先Thonburi Assembly Co.のSamutprakarn工場へ、12億バーツを投入する計画が報じられた。2億バーツを投入し、現行の年産1万6,000台規模から、1万8,000~1万9,000台に増やし、また、10億バーツは国内の販売・サービス拠点5ヵ所追加の費用として投入する。

 

 



Mercedes-Benz Carsの販売台数と業績:

販売台数:新型コンパクトカーと米国、中国・日本市場での販売好調

 Mercedes-Benz Carsの2013年1~10月の販売台数は、前年同期比9.4%増の127.2万台で過去最高を記録した。地域別にみると、北米市場は前年同期比12.1%増で、内米国は12.8%増の25.3万台となり、本国ドイツの販売台数を上回った。アジア・太平洋市場も好調で、前年比13.4%増の32.9万台に拡大。その内、中国が7.8%増の18.8万台、日本が30.8%増の4.4万台となった。
一方、西欧市場は英国で前年同期比18.8%増の9.5万台、イタリアで6.6%増の3.8万台、スペインで10.2%増の2万台などの販売好調でドイツの販売台数を補い、前年比5.7%増の60.7万台と、縮小し続けていたMercedes-Benzの西欧での販売は、2013年1-10月は前年同期を上回った。シェアについても、同社は10月にほぼ全ての市場で増加したと発表している。
モデル別では、新型A-ClassやCLA-Classの導入により、A-/B-Classが前年比68.8%増の30.4万台と大きく販売台数を伸ばした。また、引き続きSUV需要が強く、GLK-/M-Classの販売好調で、ML/R/GLK/GL/G-Classは前年比16.1%増の26.4万台に拡大した。一方、C-/CLK-/SLK-は前年同期比11.4%減の30.5万台、最上級クラスのS-/CL-/SL-Class/SLS/Maybachは18.7%減の5.5万台に減少した。


Mercedes-Benz Cars:地域別小売販売台数(smart含む)

(台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年
-2012年
変化率
1-10月
2012年 2013年 変化率
西欧 741,000 645,800 638,512 629,694 624,450 (0.8%) 574,083 606,870 5.7%
(内)ドイツ 332,900 298,000 293,445 291,261 288,961 (0.8%) 238,209 235,693 (1.1%)
北米 280,000 237,400 258,494 288,475 325,522 12.8% 257,886 289,037 12.1%
(内)米国 249,700 205,200 222,375 250,439 284,014 13.4% 223,905 252,575 12.8%
アジア・太平洋 147,500 168,300 270,520 333,880 335,619 0.5% 289,960 328,848 13.4%
(内)中国 42,700 71,900 151,945 204,385 212,060 3.8% 173,956 187,590 7.8%
(内)日本 37,000 28,600 31,337 33,623 40,488 20.4% 33,392 43,663 30.8%
その他の地域 88,100 77,800 97,702 110,885 138,218 24.6% 40,590 46,753 15.2%
世界販売台数 1,256,600 1,129,300 1,265,228 1,362,934 1,423,809 4.5% 1,162,519 1,271,508 9.4%
資料:Daimler Annual Report、Interim Report 各年版、IR Release November 6, 2013
(注) 1. 中国の販売台数には香港の販売台数を含む
2. (  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Mercedes-Benz Cars のクラス別販売台数(小売)

(台)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年
-2012年
変化率
1-10月
2012年 2013年 変化率
A /B-Class 253,800 219,300 222,373 194,158 226,477 16.6% 179,821 303,599 68.8%
C/CLK/SLK-Class 439,700 344,600 343,470 401,340 413,193 3.0% 344,036 304,968 (11.4%)
E/CLS-Class 177,000 211,100 323,151 338,386 310,408 (8.3%) 255,463 261,408 2.3%
S/CL/SL-Class/
SLS/Maybach
90,600 65,800 78,244 78,480 80,059 2.0% 67,744 55,054 (18.7%)
ML/R/GLK/GL/
G-Class
160,600 171,500 200,462 248,574 289,960 16.6% 227,494 264,030 16.1%
smart 134,800 117,000 97,528 101,996 103,738 1.7% 87,961 82,449 (6.3%)
Mercedes-Benz Cars 1,256,600 1,129,300 1,265,228 1,362,934 1,423,835 4.5% 1,162,519 1,271,508 9.4%

資料:Daimler Annual Report、Interim Report 各年版、IR Release November 6, 2013
注 「(  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

Mercedes-Benz Carsの業績

 Daimler Groupの乗用車部門、Mercedes-Benz Carsの2013年1-9月の業績を見ると、売上高が前年同期比で3.1%増の469.6億ユーロと増加したが、収益面ではEBITが23.7%減の27億ユーロに減少し、対売上比率が5.8%と2.0ポイント減少した。Daimlerはこの減少を新モデルや新技術の開発や、生産体制の強化と整備が理由としている。第3四半期では売上高は前年同期比8.4%増の165.2億ユーロ、EBITは23.3%増の12億ユーロに増加している。中国・米国・西欧での販売の好調や、A-ClassやCLAなどの導入が貢献している。同社は第4四半期のEBITについて、新モデルの好調やコスト削減策を引き続き実施し、前年よりも増加するとしている。

Mercedes-Benz Carsの連結業績

(100万ユーロ)
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2011年
-2012年
変化率
1-9月
2012年 2013年 変化率
売上高 47,772 41,318 53,426 57,410 61,660 7.4% 45,539 46,955 3.1%
EBIT 2,117 (500) 4,656 5,192 4,389 (15.5%) 3,540 2,701 (23.7%)
EBITの対売上比率
(RoS)
4.4% (1.2%) 8.7% 9.0% 7.1% (1.9%pts) 7.8% 5.8% (2.0%pts)
資本投資 2,246 1,618 2,457 2,724 3,495 28.3% 3,373 3,221 (4.5%)
研究開発費 2,994 2,969 3,130 3,733 3,863 3.5% 4,192 3,968 (5.3%)
生産台数 1,338,245 1,031,562 1,312,456 1,392,083 1,455,650 4.6% 1,086,786 1,177,984 8.4%
販売台数(卸売) 1,273,013 1,093,905 1,276,827 1,381,416 1,451,569 5.1% 1,054,105 1,141,668 8.3%

資料:Daimler Annual Report、Interim Report 各年版
注:「(  )」内の数値はマイナス値を表す。

 

 



LMC Automotive 生産予測:Daimler Groupの生産台数は2016年に 228万台へ

(LMC Automotive社、2013年10月)

Daimler Group Light Vehicle 予測生産台数 LMC Automotiveの10月の予測によると、Daimlerの2013年の Light Vehicle(注:乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)生産台数は前年比2.3%増の182万台になる見込み。2016年まで毎年増加し続け、2012年比で28.2%増の228万台を達成するとしている。

 Daimler Groupの生産拠点で特に成長をするとされているのが中国で、2016年には2012年比で2.7倍の 28.3万台。次に米国は57.1%増の 30.8万台と予測されている。

 欧州では、2016年までにハンガリーの生産台数が3倍増の13.5万台を見込む。生産台数が増加する地域が多数予測される一方、 本国ドイツでは2012年比で7.5%減の101万台と予測。 同グループの生産台数の変化について、LMC Automotiveは「中国の生産量は北京工場で生産している現行モデルに加え、GLA-や A-Classの追加によって拡大する。しかし、中国の生産拡大はヨーロッパでの生産を減らすことになる。」とコメントしている。


Daimler Groupの地域別/ブランド別生産台数予測(LMC Automotive社)

COUNTRY GLOBAL MAKE
(ブランド)
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
合計 1,592,467 1,724,541 1,776,266 1,816,407 1,903,509 2,106,672 2,276,533
Argentina Mercedes-Benz 14,253 15,862 13,417 16,062 17,190 25,412 27,357
Austria Mercedes-Benz 5,304 7,123 9,850 10,314 7,907 7,426 7,221
Brazil Mercedes-Benz 12,260 - - - - - 5,827
China Mercedes-Benz 50,272 90,601 104,355 117,036 148,271 214,519 283,129
Finland Mercedes-Benz - - - 9,730 38,023 34,108 31,078
France Mercedes-Benz - - 14,089 25,000 34,863 35,430 35,161
Smart 97,435 103,635 104,154 93,623 82,104 100,552 101,444
France 集計 97,435 103,635 118,243 118,623 116,967 135,982 136,605
Germany Mercedes-Benz 1,108,252 1,155,421 1,089,386 1,054,101 1,000,359 946,507 1,007,882
Hungary Mercedes-Benz - 127 41,035 114,482 135,836 149,803 134,693
India Fuso - - - - 1,176 1,506 1,210
Mercedes-Benz 5,090 7,354 6,020 5,241 9,168 10,435 13,530
India 集計 5,090 7,354 6,020 5,241 10,344 11,941 14,740
Indonesia Fuso 11,800 12,465 15,445 14,875 12,839 14,827 16,526
Mercedes-Benz 2,665 4,805 5,224 4,202 2,299 2,813 3,435
Indonesia 集計 14,465 17,270 20,669 19,077 15,138 17,640 19,961
Iran Mercedes-Benz 84 - - - - - -
Japan Fuso 16,896 18,317 20,593 19,586 13,891 14,978 15,399
Malaysia Fuso 1,671 1,356 2,099 2,289 2,508 2,841 3,011
Mercedes-Benz 4,173 5,120 5,163 4,302 4,617 4,788 5,047
Malaysia 集計 5,844 6,476 7,262 6,591 7,125 7,629 8,058
Mexico Mercedes-Benz - - - - - 6,829 25,098
Philippines Fuso 371 457 616 539 598 667 745
Russia Mercedes-Benz - - - 3,407 15,158 16,541 16,822
Slovenia Smart - - - - 20,794 70,551 67,920
South Africa Mercedes-Benz 52,594 50,322 63,049 53,559 47,866 77,504 80,243
Spain Mercedes-Benz 70,310 76,203 71,299 59,897 58,094 72,938 75,804
Taiwan Fuso 6,332 7,358 9,025 4,976 5,276 5,687 6,012
Thailand Mercedes-Benz 4,251 4,779 5,497 4,541 3,717 4,089 4,020
USA Mercedes-Benz 128,454 163,236 195,950 198,645 240,955 285,921 307,919
Source: LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast (October, 2013)"
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要となります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>