欧米Tier1サプライヤー:自動運転、コネクテッド、HMI動向 (2)

Continentalはデジタル化に注力、Schaefflerのモビリティコンセプトと駆動システム

2020/11/04

要約

  Continental(コンチネンタル)のような大手サプライヤーは、自動運転、コネクティビティ、モビリティ、HMI等、多くの自動車トレンドを包含する開発戦略に向かう傾向がある。Continentalの「Transformation 2019-2029」戦略プログラムでは、自動運転システムや運転支援システム、コネクティビティを実現するシステム、その他のインテリジェント関連製品等、収益性の高い成長分野の強化に焦点を当てている。また、Continentalは、2022年までにAI分野の専門家を2倍以上の1,900人にまで増やす計画で、AI開発を支援するとともに、子会社のArgus Cyber Securityを通じた自動車用サイバーセキュリティの開発を推進している。

Continental CUbE vehicle
Continental CUbE

  また、Continentalは、新しいモビリティアプリケーションを探求するため様々な取り組みを行っている。例えば、都市モビリティの将来的な発展のためにハンブルク市とパートナーシップを結んだ。両者は、衝突警告システムや、駐車場の空きスペースを検知するセンサーベースの車載システム等のプロジェクト実施にむけテストを行う予定である。また、タクシーやシャトル、自動配送用のモバイルハブとして利用できる自動運転EVコンセプト「Continental Urban Mobility Experience(CUbE)」を発表した。

  Schaeffler(シェフラー)は現在、Space Driveドライブ・バイ・ワイヤシステムや、駆動系およびシャシー部品を各車輪に統合したIntelligent Corner Moduleに焦点を当てて開発を進めている。また、Schaeffler Moverプラットフォーム等の独自モビリティコンセプトを発表してきた。

  本レポートは、2019年1月から2020年7月までの期間における、欧州及び米国大手サプライヤーの自動運転コネクテッド及びHMI分野における各動向に焦点を当てており、今回のレポートはContinentalとSchaefflerについて記述している。



【欧米Tier1サプライヤー:自動運転、コネクテッド、HMI動向】レポート:
(1) Bosch, Marelli
(3) ZF, Aptiv, Magna
(4) Valeo, Faurecia, Lear

関連レポート:
自動運転とAI ~リスクと機会~ (2020年8月)
オートモーティブワールド2020:ロボタクシー、LiDAR、高精度3Dマップなど (2020年2月)
CES 2020:変化をとげる車室内体験 (2020年2月)
CES 2020:ADAS対AVに対する新たな期待 (2020年2月)
完全自動運転の実現に向けた高性能センシング技術 (2019年10月)