BMWグループ: 新戦略 NUMBER ONE > NEXTのもとで電動化・自動化を推進

Intel、Mobileyeと共同で完全自動運転車を開発へ

2016/07/21

要約

BMW 740Le xDrive (7 SeriesのPHV, 北京モーターショー2016)

BMW 740Le xDrive (7 SeriesのPHV, 北京モーターショー2016)

新型BMW X1 (フランクフルトモーターショー2015)

新型BMW X1 (フランクフルトモーターショー2015)

2020年までの新経営戦略を発表

 BMWグループは2016年3月、2020年までの経営戦略 "Strategy NUMBER ONE > Next" を発表した。人・車・サービスを結ぶデジタル・コネクティビティの分野を拡大するとともに、電動車および自動運転の技術開発を進める計画。

電動化と自動化の推進

 電動化では、2016年から電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車 (PHV)を合わせて7車種販売する計画。自動化では、新型7 Seriesに採用した自動運転技術を、今後は他のモデルにも展開。また、IntelとMobileyeと提携し、完全自動運転車を共同開発する。

フルサイズSUV X7 を投入

 新型車投入計画では、2018年にXシリーズの最高級モデルX7を投入する計画。また、高性能車ブランド“M”の拡大や量販車の高性能バージョン新規設定も計画する。MINIブランドは、今後、主要5モデルに集約する。

中国とメキシコ・米国で生産能力拡充

 中国・瀋陽で2016年1月に新エンジン工場が稼働を開始した。メキシコのSan Luis Potosiでは完成車新工場を建設中で、2019年に稼働予定。米国では、Xシリーズの需要増に対応するため、Spartanburg工場の年産能力を3割増の45万台に引き上げた。

2016年は販売台数、税引前利益が微増の見通し

 2015年の世界販売台数は6年連続で過去最高を更新。売上高、EBIT、税引前利益、純利益も過去最高となった。2016年上期の販売台数も上期としては過去最高。第1四半期の売上高は前年と同水準、EBITは微減だったが、税引前利益は前年同期を上回った。2016年通年は、BMW 7 Series、X1、MINI Clubman等の牽引により販売は若干拡大し、税引前利益が微増の見通し。ただし、2016年6月の英国のEU離脱決定や、一部地域の経済低迷・政情不安の影響が、今後出て来る可能性はある。

関連レポート

BMW:全車種に同一のDriving Assistant Packageを設定 (2015年10月)
Mercedes-Benz Cars:新型E-Class、SUV、PHVが牽引し2016年も成長維持 (2016年4月)
英国EU離脱のインパクト (2016年7月)