米国新興メーカーのEV/PHV計画:Tesla Motorsは2020年に50万台の構想

VIA MotorsはGMの大型ピックアップ、SUVとバンをPHVに改造し販売

2014/02/05

要 約

テスラ 本レポートは、米国の新興自動車メーカーのElectric Vehicle(EV)とPlug-in Hybrid Vehicle(PHV)事業の状況と計画を報告する。

 Tesla Motorsの事業は、今日まで順調に進んでいる。2013年にModel Sを約2.2万台販売、2015年初めにModel X Crossover、2016年に価格35,000ドルのGenⅢセダンと相次いで投入する。2016~2017年に年25万台、2020年に50万台に生産・販売を拡大する構想を発表した。2013年秋には中国にも進出した。

 VIA Motorsは、GMの大型ピックアップ、SUVとバンをPHVに改造し販売する事業を開始し、2014年に個人ユーザーへの販売を開始する。

 その他の新興メーカーは、EVとPHV市場の伸び悩みのため、Aptera MotorsとBright Automotiveは既に撤退し、Coda Automotiveが2013年5月に、Fisker Automotiveは11月にそれぞれ破産法適用を申請した。

 

関連レポート: 米国3社のHV/EV計画:GMは2017年までに米国で累計50万台を計画(2014年1月掲載)

Tesla Motors Model S
斜め前から見たTesla MotorsのModel S
(東京モーターショー2013から)
Tesla Motors Model S
斜め後ろから見たModel S
(東京モーターショー2013から)