車載コンピューターの今後

Audi A8、日産リーフ、Tesla Model 3の車載コンピューター分解調査より

2020/07/07

要約

  本レポートは、弊社と提携関係にあるフォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ社の電子部品分解レポートを掲載しています。 フォーマルハウト社は、移動体通信機器の分解・解析・原価計算からスタートし自動車分野にもビジネスを拡大してきました。電子機器の内外部観察に基づく製品概要、基板や実装部品の機能推定、ブロック図の作成などを得意としています。

Tesla Model 3

  今回はフォーマルハウト社がこれまでに実施した車載コンピューターの分解調査より、Audi A8、日産リーフ、Tesla Model 3の基板構成から見て取れる特徴を概説し、今後の車載コンピューターの課題について考察しています。

 

レポート作成:フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ http://www.Fomalhaut.co.jp

Fomalhaut

 

関連レポート:
自動車向け半導体:ADAS・自動運転向け高性能システム(2020年3月)
CES 2020:ADAS対AVに対する新たな期待(2020年2月)
2019年の自動運転業界を振り返って(2020年1月)
日産とホンダの自動運転:高速道のハンズオフから市街地へ(2020年1月)
Teslaの無線(Over-the-Air)ソフトウェア・アップデートの分析(2019年8月)