カテゴリー別製品一覧

開発ソリューション

概要
アンシス・ジャパン株式会社
アンシス・ジャパン、 製品の性能と完全性を高める ANSYS(R) 14.5 の国内リリースを発表
マルチフィジックス解析および HPC がエンジニアリングの生産性向上と技術革新をもたらす

2013年1月24日
アンシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:馬場 秀実)は、高度なマルチフィジックス解析を可能にする製品群 「ANSYS 14.5」 の国内リリースを発表しました。ANSYS 14.5 は、従来に比べてより効率的な最適化設計を実現し、仮想的試作品を作れます。マルチフィジックス解析の新機能は、ANSYS Workbench とシームレスに統合され、生産性の向上や技術革新を促進します。

実環境では、製品性能が操作条件、使用法、製造工程、材料特性などにより変化します。製品が複雑になるにつれて、設計変更が性能に及ぼす影響の予測はさらに困難になります。このような状況でも、マルチフィジックス シミュレーションを利用することで、解析結果に基づいた設計判断ができ、製品性能を向上させることが可能です。ANSYS 14.5 は、複数のシミュレーションソフトウェアのワークフローを効率的に統合する ANSYS Workbench をプラットフォームとし、マルチフィジックス解析の機能拡張や、プリ処理およびメッシングの機能強化がされました。また、パラメトリック解析に適した新しい HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)ライセンスの導入により、スケーラブルな最適化設計を可能にします。

「今日の製品は、ますます高性能化と複雑化が進んでいます。設計の不確実性を減らし、製品開発で成功を収めるには、製品が満たすべき要件と設計について全体的な視野で検証することが非常に重要です。製品挙動を確実に予測して、顧客満足度の高い価値ある製品を開発するために、弊社の多くのお客様が、ANSYS 14.5 と ANSYS Workbench の詳細で幅広い機能に信頼を寄せています。」(アンシス本社、社長兼 CEO、Jim Cashman)
概要
アンシス・ジャパン株式会社
パワーエレクトロニクス設計の問題・課題を解決できる!ANSYSの伝導ノイズソリューション
パワーエレクトロニクス製品の設計・開発において、スイッチングデバイスの高周波化・小型化・低損失化・高効率化に伴い、ノイズ対策が大きな問題となっています。また、SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)などをデバイスに活用する例が始まっています。さらに、EMC規制(IEC、CISPR、FCC、VCCIなど)への対応も迫られています。

このような状況においては、シミュレーションによる仮想EMC設計が非常に有効です。

ANSYSの伝導ノイズソリューションは、伝導ノイズの三大要素であるスイッチング/整流素子特性、配線/基盤の寄生成分、負荷モデルの取り扱いにおいて、ANSYS独自の回路モデル化技術により、特性抽出ツールによる半導体素子のモデル化や、回路図に現れない寄生成分(LCR)の抽出、電磁界解析によるデバイスの精密なモデル化を実現。シミュレーションにより、電気的ノイズの発生メカニズム・伝導メカニズムを解析し、ノイズ源を特定、ノイズ対策方法を見つけ出すことが可能です。また、試作に頼らずに、電気的ノイズの発生を抑える設計を早期に行えるため、製品開発にかかるコストと時間を大幅に削減することができます。
概要
アンシス・ジャパン株式会社
2次元/3次元電磁界解析ソフトウェア ANSYS Maxwell
ANSYS Maxwellは、モータやアクチュエータ、インダクタ、トランス、磁気センサをはじめとする各種エレクトロメカニカル製品開発のための電磁界解析ツールです。解析対象の電磁場の振る舞い視覚的に判断でき、発生する電磁力、トルクやインダクタ、キャパシタンスといった設計パラメータの自動計算機能を有しており、実験結果との数値評価も簡単な操作で行うことができます。
ANSYS Maxwellには、洗練された使いやすいGUI、安定して高精度な解析を行う高性能なAdaptive Auto MeshとSolverが実装されており、初心者の方でも有限要素解析のエキスパートの方と同じように高精度な解析結果を簡単な操作で得ることができます。
概要
アンシス・ジャパン株式会社
高周波3次元電磁界解析ソフトウェア ANSYS HFSS
ANSYS HFSSは、あらゆる周波数に対応したフルウェーブの3次元磁界解析ソフトウェアで、特にマイクロ波デバイス設計においては、デファクトスタンダードの設計ツールとして幅広く使用されています。
一般に電磁界シミュレータを使いこなすためには難解な電磁気学の知識が必要とされていますが、ANSYS HFSSには、洗練された使い易いGUI、高精度な解析を保障するAdaptive Auto Mesh、複雑な形状でも安定した解析を実現するSolverが実装されており、初心者の方でもエキスパートの方と同じように簡単に高精度な解析結果を得ることができるようになっています。
これから電磁界解析を始める方、一ランク上の電磁界解析を使いたい方、あらゆるニーズに対応できるのがANSYS HFSSです。
概要
コニカミノルタ株式会社
新機能による正確無比な色度精度と多重露光による明暗部同時測定
コニカミノルタグループのインスツルメントシステムズ社(IS社)は、分光器や輝度計など光測定器の上級機種を中心に世界的に高い評価を得ており、自動車業界や国家標準機関、LEDメーカー等に採用されています。この度、欧米の自動車関連メーカーではヘッドランプ、計器パネルの測定・評価機器として地位を確立している、IS社製二次元色彩輝度計LumiCam1300Colorの上位機種として、『LumiCam1300Advanced』を発売致します。
高精度が特長の『LumiCam1300Advanced』につきまして、ご紹介致します。
概要
SCSK株式会社
エンジン・自動車開発シミュレーションソフトウェア
Ricardo Softwareは自動車産業コンサルティング分野でリードするRicardo社が開発したソフトウェア製品群です。自動車にまつわる流体、機械系を解析・設計するための各種ツールをていきょうします。自動車産業界における専門ツールとして、開発期間の短縮・コスト削減・新製品開発に絶大な効果を発揮します。
概要
アンシス・ジャパン株式会社
アンシス・ジャパン、IDAJが新たにANSYS流体解析ソフトウェアの販売を開始すると発表
アンシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大古 俊輔)は本日、株式会社IDAJ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:徐 錦冑)が、同社の流体解析ソフトウェア製品の販売を開始することを発表しました。

IDAJ はこれまで20 年以上にわたってCFD(数値流体力学)を核としたCAE ソリューションを幅広い業界に提供してきました。

IDAJ の取扱製品は、ANSYS 流体解析ソフトウェアの主要製品の「ANSYS(R) CFD(TM)」、「ANSYS(R) Fluent(R)」、
「ANSYS(R) CFX(R)」などです。ANSYS の流体解析ソフトウェアは、CFD の初心者からエキスパートまで幅広い要求に応える使いやすさと多機能さを備えています。高速かつ高精度な解析と柔軟性に優れたメッシュ機能、卓越した並列拡張機能を特徴としています。2015年2月にリリースした最新バージョン16.0では、最適化機能の改善による設計時間短縮の実現と同時に、複雑なモデルの形状作成やメッシングの時間を最大40%も削減します。

「流体解析ソリューションの世界でめざましい実績を持つIDAJ がANSYS の販売チャネルに加わったことを大変嬉しく思います。同社が日本で収められてきた成功の歴史は、当社の流体解析ソフトウェアのさらなる拡大と自動車業界への拡販に大きな力となると期待しています。」(アンシス・ジャパン株式会社、代表取締役 大古 俊輔)

「エンジニアリング シミュレーション ソフトウェアのリーディングカンパニーであるANSYS の製品をIDAJ の提供するソリューションポートフォリオに加えることができ、当社がお客様の課題を解決する能力は飛躍的に高まると確信しています。今後も技術開発・適用領域の拡大と拡充に努め、お客様によりよいソリューションをご提供することを目指します。」(IDAJ、代表取締役社長 徐 錦冑 様)

※ 本記事は、2015年2月27日にリリースされましたプレスより引用しています。
プレスについてはこちら
http://ansys.jp/news/press/jpr150227j.html?utm_source=Marklines_20150227&utm_medium=portal&utm_campaign=press
概要
アンシス・ジャパン株式会社
アンシス・ジャパン、ANSYS 16.0を発表
アンシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大古 俊輔)は本日、より迅速な新製品の開発を可能にする数々の高度な機能を備えた最新版「ANSYS(R) 16.0」の国内提供開始を発表します。システム全体の仮想試作を可能にする新バージョンは、IoT (Internet of Things: モノのインターネット)、薄肉材料や複合材料から、組み込みソフトウェアまで、新たなエンジニアリング課題を解決します。

ANSYS 16.0 では、構造、流体、電磁界からシステムズエンジニアリングソリューションに至る、ANSYS 製品全体を大幅に機能強化しており、エンジニアがシステム全体の仮想試作を行うことを可能にします。

「すでにグローバルな企業は、ANSYS を物理モデル、ハイパフォーマンスコンピューティングソリューション、および統合モデリング環境におけるエンジニアリングシミュレーションのスタンダードとして採用しています。ANSYS 16.0 は、45 年にわたって改良が続けられてきた基本性能の上に、数々の新しい機能が加わりました。これらの新機能を利用することで、企業は、試作回数を削減し、より迅速に新製品を市場に投入できます。最新リリースの機能を有効活用することにより、製品の可能性を最大限に引き出すことができます。」(アンシス、社長兼CEO Jim Cashman)

「当社の製品開発プロセスは、アンシスのソリューションによって支えられています。私たちはANSYS 16.0 の新機能に非常に期待しています。アンシスのシミュレーションソフトウェアを用いたコンピューター上での評価と、物理試作を組み合わせれば、迅速かつ低コストで製品を市場に投入できますし、さらに高いレベルの製品革新が可能になります。」(米国のベビーカーメーカー4moms 社、メカニカルエンジニア Robert Terhune 氏)



※ ANSYS 16.0 の詳細はこちら
http://ansys.jp/products/ansys16/

※ 本記事は、2015年2月10日にリリースされましたプレスより引用しています。
プレスについてはこちら
http://ansys.jp/news/press/jpr150210j.html?utm_source=Marklines_20150210&utm_medium=portal&utm_campaign=R16






日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社
ポリゴン編集ソフトウェア「POLYGON EDITOR」製品紹介
POLYGON EDITORはCAD、CG、計測器から出力されたポリゴンデータを後工程で利用しやすく自動編集するソフトウェアです。 簡略化、スムージング、細分割、メッシュクリーニング機能があります。
http://www.excel.co.jp/polygon/index.shtml

無償お試し版はこちら↓
http://www.excel.co.jp/polygon/download.shtml
概要
株式会社 構造計画研究所
3次元CAD完全アドイン 熱流体解析ソフトウェアFloEFD
"設計者が解析をするための最適な環境"を追及しました!
設計者でも無理なく熱流体解析シミュレーションができる、FloEFD。
「設計の部署に解析ソフトを展開したい」という解析者のニーズ。
「設計者自身で解析を実施したい」という設計者のニーズ。
FloEFDで設計&解析をより身近にすることが可能です。
概要
株式会社UKCホールディングス
多様なカーエンターテインメントシステムの開発・製造受託を行う台湾メーカーJET Optoelectronicsのご紹介です。
Andoroid搭載のCar head unitから各種RSEまで多様なカーエンタテインメントシステムの開発、製造受託を行う台湾メーカーです。日本国内含むTier1メーカーからの受託実績がございます。
株式会社トプコンテクノハウス
ヘッドランプ、テールランプなどの信号・標識灯やHUD、インパネの高精度評価が可能な分光放射計SR-LEDW/SR-UL1R
“モノ作り”産業の中でも、より高い品質が求められる自動車関連部品の評価・検査工程において、国内外大手自動車メーカ及び部品供給メーカ等に数多くの採用実績があります。
概要
コニカミノルタ株式会社
ヘッドランプ、計器パネル向け 二次元色彩輝度計LumiCam1300のご紹介
コニカミノルタグループのInstrument Systems社(IS社)は、分光器や輝度計など光測定器の上級機種を中心に世界的に高い評価を得ており、自動車業界や国家標準機関、LEDメーカー等に採用されています。今回、欧米の自動車関連メーカーではヘッドランプ、計器パネルの測定・評価機器として地位を確立している、IS社製二次元色彩輝度計LumiCam1300をご紹介します。
概要
株式会社 構造計画研究所
【粒子法】流体解析ソフトウェア Particleworks
★自由表面流れ、紛体のシミュレーションならおまかせ★
Particleworksは粒子法の理論にもとづく、メッシュレスな流体解析ソフトウェアです。
自由表面やスロッシングなど複雑な流体現象を精度よく安定して解析できます。
概要
株式会社島津製作所
従来比1.5倍の高精度測定を実現した「カルニュー精密屈折計 KPR-3000」~ 透明素材(ガラス・樹脂・液体)の開発・品質管理に有用 ~
近年,光学ユニットに求められる性能,品質は日々厳しくなっています。これら要求にこたえるために,使用するレンズの屈折率を管理する事が需要な要因の1つです。
モールドガラス,樹脂レンズは,素材は同一でも成形条件やアニール条件により,屈折率が大きく変動します。そのため,量産時、レンズ屈折率の個体差を把握する事は,極めて重要となります。

精密屈折計KPR-3000は,簡単かつ高精度な屈折率測定を実現するVブロック式を世界で唯一採用しているKPRシリーズのフラッグシップ機です。
概要
株式会社島津製作所
汎用性の高いアッベ式と高精度測定のVブロック式を選べる「カルニュー精密屈折計 KPR-30」~ ガラス・樹脂・フィルム・液体など幅広い試料を多彩な条件で測定 ~
近年,光学ユニットに求められる性能,品質は日々厳しくなっています。これら要求にこたえるために,使用するレンズの屈折率を管理する事が重要な要因の1つです。
モールドガラス,樹脂レンズは,素材は同一でも成形条件やアニール条件により,屈折率が大きく変動します。そのため,量産時、レンズ屈折率の個体差を把握する事は,極めて重要となります。

精密屈折計KPR-30は,簡単な部品交換することで一般的なアッベ式と簡単かつ高精度な測定ができるVブロック式を切り替えて使用できる利便性を持ち合わせた屈折計です。
概要
アンシス・ジャパン株式会社
ANSYS 15.0 - 構造/流体/電磁界の解析分野で最先端技術をさらに向上
最先端のエンジニアリングシミュレーションソリューション「ANSYS 15.0」は、非常に高度な手法で製品の性能予測や設計最適化を行うことができます。

ANSYS 15.0 では、構造解析、流体解析、電磁界解析を含む製品群全体の大幅な機能改良に加えて、先進的なシミュレーション手法を実現する包括的マルチフィジックスワークフローの構築が可能になりました。

さらに、プリ処理機能が強化され、解析する物理現象に関わらず、幅広いモデル規模や複雑に対応して、短時間で精細なメッシュを生成できます。ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)では、従来の最高クラスの解析速度が5 倍に向上されました。

「ANSYS 15.0 は、エンジニアリングソフトウェア業界で40 年間にわたりリードしてきた技術をもとに作られました。性能向上と新ソルバーの導入によって、主要解析分野の製品機能を大幅にアップグレードしました。アジョイントソルバー、拡張性の高いHPC、マイクロメートル規模からフルシステムまで対応したモデリング機能といったイノベーションを通じて、当社はシミュレーションの分野で今後もリードを続けます。」(アンシス、Chief product officer、Walid Abu-Hadba)
概要
株式会社マクニカ
クルマをクラッキング(リバースエンジニアリング)から防ぐ技術
昨今、自動車プログラムのクラッキングによる不正操作の研究や発表などが次々となされており、クラッキングへの具体的な対策が求められつつあります。
自動車のクラッキングが現実的になってきた背景としては、自動車のシステムにおいて、OSや通信プロトコルの汎用化、車・車間、車・路間、スマホなどの外部デバイスとの接続、取り扱う情報の重要化などが進んでいることがあげられます。これまでに自動車では想定していなかった脅威が急激に増え、これまで以上にセキュリティの考慮が必要となってきています。

■自動車クラッキングの手法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2013年夏にラスベガスで開催されたDefcon13では、インターネット上の動画サイトで直前に公開されたクラッキングによる自動車の不正コントロールに関して、公開発表がありました。調査・研究を行ったセキュリティエンジニアは、CANを流れるノーマルパケットと診断パケットを解析・改ざんすることで、自動車の不正操作を実現しています。実際にはCANパケットには一定レベルのセキュリティチェック機能が搭載されていたものの、その機能は破られてしまいました。それを破った手法がプログラムのリバースエンジニアリングです。

■自動車をリバースエンジニアリングによるセキュリティ脅威から守るには?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これらを守る技術が、「難読化」や「暗号化」、「チェックサム」などの技術です。Arxan Technologies(アークサン テクノロジーズ)では、上記のようなセキュリティ脅威からソフトウェアを高いレベルで保護できるソリューションを提供しています。ソリューションに興味がある、という方はぜひ弊社までお問い合わせください。
http://www.macnica.net/arxan/can.html/
概要
イータス株式会社
ECUソフトウェアの品質向上と開発効率化に貢献するソリューション
イータスでは最新の製品、ソリューション情報をお届けするため、【国際カーエレクトロニクス技術展 2014】2014年1月15日(水)~17日(金)に出展致します。
http://www.car-ele.jp/

今年は「一歩先の制御ソフトウェア開発のために」をテーマに、AUTOSAR、テストシステムHILSの経済的な代用システムFIL(Function in the loop)ソリューション、MBDツール、等ご紹介させて頂きます。

ご来場の際は是非 弊社ブースにお立ち寄り下さい。 

=============================================================================
ETASブース番号: 西4-36 テスティングゾーン
(西1ホール出入り口すぐ入ったところ。会場入り口で配布されるフロアマップで是非ご確認下さい!)
=============================================================================
株式会社計測技術研究所
急速充電器やHDC(高電圧出力DC/DCコンバータ)など各種コンバータの負荷試験に最適です!
34300シリーズはコンパクト一体型の直流電子負荷装置であり、最小5kWから最大40kWまでの8機種をラインナップ しております。 定格電圧1000Vとなっており、高電圧が必要とされるスマー トグリッド環境の各種試験やカーエレクトロニクス、及び PFC回路の試験に最適です。
株式会社計測技術研究所
急速充電器やHDC(高電圧出力DC/DCコンバータ)など各種コンバータの負荷試験に最適です!
34200シリーズはコンパクト一体型の直流電子負荷装置であり、最小5kWから最大30kWまでの6機種をラインナップ しております。
定格電圧600Vとなっており、高電圧が必要とされるスマー トグリッド環境の各種試験やカーエレクトロニクス、及びPFC回路の試験に最適です。
株式会社計測技術研究所
車載用各種コンバータの負荷試験に最適です!
Load Stationシリーズハイエンド多機能電子負荷装置(1000W)は、120V / 500Vの2機種をラインナップしており、見やすい大型LCDとロータリーノブを装備し、電子負荷単体で過電流保護特性グラフ取得なども可能な多機能電子負荷です。
株式会社計測技術研究所
小容量車載用コンバータの負荷試験に最適です!
Load Stationシリーズ ハイエンド多機能電子負荷装置(300W)は、120V / 500Vの2機種をラインナップしており、見やすい大型LCDとロータリーノブを装備し、電子負荷単体でI-Vカーブ取得なども可能な多機能電子負荷です。
株式会社計測技術研究所
低電圧大電流の高速負荷変動試験に!
高速電子負荷装置 Load Edge シリーズは、電圧30V、電流135A, 405Aの2タイプを揃え、ブースター機能やシーケンスメモリ、GP-IB、USBインターフェースを標準装備しており、様々な用途にお使い頂くことができます。
株式会社計測技術研究所
DCモータ用電源など様々な用途に!
WSシリーズは、出力電圧30V/80V、定格電力360W/720W/1080Wの計6機種をラインナップしたコンパクトサイズの直流電源です。
株式会社計測技術研究所
高速デバイスの負荷電流変動試験に最適です!
ELS-304は、負荷応答速度200A/μsの超高速電子負荷装置です。高速応答の評価が要求されるDC/DCコンバータやキャパシタの試験に適しています。
株式会社計測技術研究所
バッテリーの回生充放電など、用途が広がる双方向電源!
双方向電源NTシリーズは、2kWを基本単位としたパワーユニット(AC/DC双方向、DC/DC双方向、DC/DC片方向)の組み合わせにより様々な用途に対応可能な、ユニット型双方向電源です。
株式会社計測技術研究所
車載用各種コンバータ回路のシミュレーションに最適です!
SCAT(Switching Converter Analysis Tool)は、崇城大学(旧熊本工業大学)エネルギーエレクトロニクス研究所の中原正俊教授の研究成果を結集して開発された高速回路シミュレーションソフトウェアであり、既存のシミュレータの問題点を解決した画期的なソフトウェアとなっています。既存の汎用回路シミュレータでは解析が困難であったスイッチング電源回路での定常状態解析などに適した独自のシミュレーション技術により、極めて短時間でシミュレーション結果を得ることが可能となりました。
株式会社計測技術研究所
V2Hなど、交流入力が必要な機器の試験に最適です!
EACシリーズは、単相2線、単相3線、さらに三相出力をコンパクトな1台の筺体におさめた新しいタイプの交流電源です。(EAC-303S, 306Sは三相出力専用です)
株式会社計測技術研究所
LEDヘッドライト点灯用ドライバの試験に最適です!
LEシリーズ「LE-5150」モデルは、LED照明用電源やドライバの試験用に開発された電子負荷装置です。従来機種LE-3060で培われたLED特性に近い動作モード「高速CV+CR」に加えて、LED特性に限りなく近づけた「リアルLEDモード」を搭載しており、100kHzのPWM調光でも全く問題無く試験することが可能となりました。
これからのLED照明用電源試験にLEDは不要です。目にやさしい「まぶしくない」試験環境と定量的な評価試験が可能であり、さらにLEDの分別や在庫管理といった煩わしい作業も不要となります。