カテゴリー別製品一覧

電子・電装部品

hakkai 株式会社
【PBT樹脂 精密成形品・精密金型】 車載用リレー部品 ボビン 
写真は、 車載用リレー部品 ボビンです。
成形材料:PBT樹脂

当社のタイ工場(アユタヤ・ハイテク工業団地)で生産しています。

タイ工場でも日本同様に試作金型製作~試作成形~量産金型製作~量産成形と一貫して対応いたします。

精密金型、精密成形品でお困りの方は、hakkaiにご相談ください。

- hakkai株式会社 -
hakkai 株式会社
車載用リレー部品 精密成形品 精密金型 PBT樹脂
精密成形品 精密金型 車載用リレー部品
PBT樹脂

弊社タイ工場生産品 アユタヤ ハイテク工業団地
hakkai 株式会社
【精密プラスチック成形・チェンジング方式金型】マイクロスイッチ カバー
超小型マイクロスイッチの本体のカバーとなる部品です。

密閉性能が求められる部品のため、”反り”の対策が必要です。
hakkaiは、流動解析により、金型設計段階から”反り”傾向を予測し、金型設計に反映させることで、”反り”の少ない成形品をお客様にご提供できます。

また、類似形状の製品を金型の駒を一部を交換することで、一つの金型で数通りの製品を対応し、金型のコスト削減いたしました。

精密金型設計・製作~成形は、hakkai株式会社にお任せ下さい。

- hakkai株式会社 -
Longhorn Automobile Electronic Equipment Co., Ltd.
OEM向け車載電子部品の専門サプライヤー
Longhorn Automobile Electronic Equipment Co., LtdはOEM向け車載電子部品の専門メーカー。
主要製品:
駐車距離コントローラー/駐車支援システム
リア ビューカメラー
DVR
360度パノラマ撮影システム
TPMS(タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)
Longhorn Automobile Electronic Equipment Co., Ltd.
自動運転技術の大手
・駐車支援(ディスプレイ付ルームミラー)
・アウトサイドミラー
・360度パノラマ撮影システム
・自動駐車体系
・LVDSとイーサネットカメラ
・トランクオープンシステム
Longhorn Automobile Electronic Equipment Co., Ltd.
画像認識及び制御自動化技術の大手
・駐車支援(ディスプレイ付ルームミラー)
・アウトサイドミラー
・360度パノラマ撮影システム
・自動駐車体系
・LVDSとイーサネットカメラ
・トランクオープンシステム
Longhorn Automobile Electronic Equipment Co., Ltd.
画像認識と制御自動化技術をベースにした自動運転技術の大手
・駐車支援(ディスプレイ付ルームミラー)
・アウトサイドミラー
・360度パノラマ撮影システム
・自動駐車体系
・LVDSとイーサネットカメラ
・トランクオープンシステム
概要
ユーブロックスジャパン株式会社
ADAS向け3Dセンサー内蔵推測航法GNSSモジュール
u-bloxのADR技術は、内蔵の3Dセンサーの情報と車両の速度情報を組み合わせて、GNSS信号が失われた期間や、受信が困難なビル群でもナビゲーションの精度を大幅に改善します。

M8 GNSSプラットフォームにジャイロと加速度計を搭載することで、屋内外での最高性能の測位を実現。すべての高精度車両ナビアプリケーションに最適です。

モジュール搭載のジャイロと加速度計データへのアクセスに加え、事故復元システムにより、車の衝突がトンネル内や屋内駐車場内で起こった場合でも、事故発生場所の状況を提供し保険請求を円滑化します。ユーブロックス社の高精度ADRシステムは、数キロメートル続くトンネル内でもドライバーを誘導できます。センサー・データと不揮発性メモリ内の保存位置情報を継続的に監視することにより、直ちに盗難車両の位置を特定できます。

https://u-blox.com/ja/gps-modules/pvt-modules/neo-m8l.html
※評価キット(NDAが必要です)
  EVK-M8L、日本語説明書あります。
概要
株式会社インプリミス
電子部品のベンチマーキング(ブロック図作成、動作解析)
当社では自動車部品のベンチマーキングの一環として、電子部品回路のブロックダイアグラムの作成、動作分析サービスを提供しています。 製品からPCB の種別、マウント部品の判別、部品表作成、ブロックダイアグラムの作成、回路動作原理の解析、同一機能のPCBとの機能比較等が可能です。

また、オプションとして、製品のコスト分析サービスも提供しています。 コストベンチマーキング手法の体系化により短期間で効率よく、廉価でコスト分析を行う手法を確立しました。 機械加工部品の分析と電子部品の分析 組み合わせることによりほぼすべての製品のコスト解析を可能にしました。

競合製品のベンチマーキングは、材料や部品に対する専門知識を要する手間のかかる作業です。 弊社では、短納期、廉価にて貴社のベンチマーキング活動をご支援します。