英国政府、ハイブリッドから電気自動車や燃料電池に補助金の支給条件を変更  [ 英国 ]

・英国政府は10月11日、次のクリーン車3万5,000台の購入支援金の支給条件を変更すると発表した。・過去7年間、プラグインカー補助金(PICG)として16万台を超える超低公害車に対し、購入時の値引きを行ってきた。・発表された購入支援金の支給条件の変更では、カテゴリー1(CO2排出量50g/km以下、EV航続距離70マイル以上)の受給金額を4,500ポンドから3,500ポンドに減額し、カテゴリーの2と3については補助金対象外とした。・PIGGが奏功し、プラグインハイブリッド(PHV)の市場が形成された。今後政府は、電気自動車(EV)や燃料電池(FCV)のようなゼロエミッション車に集中して...
<2018年10月15日(月)>