韓国5社の新車販売、5月は7.1%減の13.5万台

[ 韓国 ]

・韓国メーカー5社が発表した5月の国内新車販売台数は、前年同月比7.1%減の13万5,443台となり3ヵ月連続でマイナスになった。
・企業別では双竜が11.4%増となったが、現代が0.4%減、起亜が8.6%減、ルノーサムスンは16.2%減、韓国GMは31.0%減となっている。
・国内販売の5社のシェアは、現代が44.7%で首位、2位が起亜で32.1%、3位の韓国GMは8.8%、双竜が7.6%でルノーサムスンが6.8%となっている。
・単月のモデル別販売では、現代のプレミアムセダン「グレンジャー(Grandeur)」が1万2,595台で首位となり、昨年12月から6か月連続、1万台を超える販売台数となっている。
・輸出を含む海外販売は5社共マイナスとなっており、5社合計では14.3%減の52万7,605台となった。
・5月の各社のグローバル販売は、現代が前年同月比14.2%減の36万7,969台、起亜が9.8%減の21万9,128台、韓国GMが17.0%減の4万3,085台、ルノーサムスンは14.9%減の2万517台で双竜が7.0%減の1万2,349台となり、5社合計では12.9%減の66万3,048台となった。
・5社の1‐5月の累計販売台数は331万2,364台で、前年同期比6.8%減少した。

現代自動車のリリースをみる 1/2
起亜自動車のリリースをみる

おすすめコンテンツ

韓国の新車販売台数(速報)をみる
韓国の月次販売データをみる

韓国の自動車工場立地
マップ

※クリックすると拡大します

台数、韓国に関するニュース

台数、韓国に関するレポート