日本特殊陶業 (株)

会社概要

■URL

http://www.ngkntk.co.jp

■本社所在地

〒467-8525 愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14-18

業容

-自動車関連、テクニカルセラミックス関連 (半導体・セラミック) の2部門で構成。

-自動車関連製品は、スパークプラグ、グロープラグ、自動車用各種センサー、セラミック製エンジン部品等。

 

新製品 (CASE) 分野への注力

自動運転試験の実施
-A.I.maticsと開発中であるレベル4相当の都心自動運転車の1次走行試験が成功した。2020年末までに数回にわたって追加試験を行う計画。A.I.maticsの道路上の停止警告を認識して自動運転車が一時停止するなどの人工知能 (AI) ベースの自動運転映像認識アルゴリズムの技術が確認された。(2020年5月27日付各種リリースより)

-韓国のPLK Technology (PLK) は、日本特殊陶業 (NGK) が同社の株式5%を取得するとともに、両者間で自動運転レベル4 (高度自動運転) の車両開発に関する契約を締結した。NGKは、カメラセンサー、AI画像認識、コネクテッドカーなどの分野に進出するため、PLKに対する継続的な投資と支援を計画している。特に、PLKの自動運転プラットフォームとディープラーニング画像認識ソリューションを、NGKの顧客ネットワークを通じて自動車業界に供給する計画。(2019年9月25日付各種リリースより)

5Gミリ波向けアンテナモジュール
-開発中の基地局向けおよび携帯端末向けの5G (第5世代移動通信システム) ミリ波向けアンテナモジュールで、28ギガヘルツでデータ通信が可能であることを実証したと発表。モジュール化にあたり、半導体向けパッケージの製造で培った多層基板技術を適用することで、ミリ波を扱う回路とアンテナを一体化した。材料にはミリ波帯で必要となる高周波特性に優れ、耐環境性や放熱性も備えた自社開発の材料を用いたことで、伝送損失の低減を実現した。(2020年4月8日付日刊自動車新聞より)

三菱日立パワーシステムズとの合弁による燃料電池円筒セルスタックメーカーの設立
-日本特殊陶業と三菱日立パワーシステムズは、燃料電池の円筒セル (単電池) スタックを製造・販売する合弁会社を設立することで合意したと発表。製造する燃料電池は産業用や業務用として売り込む考え。新会社は独禁法当局の審査を経た後、日本特殊陶業の小牧工場 (愛知県小牧市) 内に設立する。日本特殊陶業が7割、三菱日立パワーシステムズが3割を出資する。名称や代表者はこれから詰める。両社は2014年6月に業務提携し、都市ガスなどを改質して発電する固体酸化物形燃料電池 (SOFC) 用の円筒セルスタック開発を始めた。円筒セルスタックは、セラミックスでできた構造部材の表面に複数の発電素子を形成し、素子間を電子導電性セラミックス部品で直列に接続するもの。低電流で高電圧の電気出力を効率良く取り出せるという。(2019年7月8日付日刊自動車新聞より)

資本構成

-東京証券取引所、名古屋証券取引所 第一部に上場 (2020年3月31日現在)
氏名および名称 出資比率 (%)
明治安田生命保険相互会社 8.23
第一生命保険株式会社 8.21
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 7.99
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 3.99
全国共済農業協同組合連合会 3.90
株式会社三菱UFJ銀行 2.14
野村信託銀行株式会社(信託口) 2.02
日本マスタートラスト信託銀行株式会社トヨタ自動車口 1.92
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9) 1.79
日本生命保険相互会社 1.74
41.99

主要製品

スパークプラグ (Spark Plugs)
-イリジウムプラグ (Iridium plugs)
-片イリジウムプラグ (Single iridium plugs)
-高着火性イリジウムプラグ (Highly ignitable iridium plugs)
-ハイブリッド3極イリジウムプラグ (Three-pole iridium plugs)
-白金プラグ (Platinum plugs)
-小型ロングリーチプラグ (Compact-size long-reach plugs)
-M10高性能スパークプラグ
-レジスタープラグ (Register plugs)
-グリーンプラグ (Green plugs)
-突き出し型プラグ (Protrusion-type plugs)
-金具突出し型プラグ (Metal fitting protrusion-type plugs)
-多極プラグ (Multi-polar plugs)
-多極セミ沿面放電プラグ (Multi-polar semi-creeping discharge plugs)
-補助火花ギャップ付プラグ (Plugs with an auxiliary spark gap)
-ロータリーエンジン用プラグ (Plugs for rotary engines)
-コンパクトプラグ (Compact plugs)

グロープラグ (Glow Plugs)
-セラミックグロープラグ (Ceramic type glow plugs)

  • NHTC2グロープラグ
  • 直通電NHTCグロープラグ
  • 急速昇温NHTCグロープラグ
  • HTCグロープラグ
  • SRCグロープラグ

-メタルグロープラグ (Metal type glow plugs)
-グローコントローラー (Start-assist systems)

  • GRU/GCU (通電制御システム)

自動車センサー (Sensors)
-ジルコニア酸素センサー (Zirconia exhaust gas oxygen sensors)

  • OZAS-S2(空燃比制御用センサー)
  • OZAS-S1

-全領域空燃比センサー (Universal A/F ratio sensors)

  • ZFAS-U2
  • ZFAS-U用ASIC (基本制御回路)
  • ZFAS-U2-SM (制御回路コネクター内蔵タイプ)

-NOxセンサー (NOx sensors)
-温度センサー (Temperature sensors)

  • 広範囲排気温度センサー (Wide range exhaust gas temperature sensors)

-ノックセンサー (Knock sensors)

  • 非共振型ノックセンサー (Non-resonant knock sensors)

自動車用途セラミックパッケージ (Semiconductor Packages and Substrates)

沿革

1936年10月 日本碍子 (株) からスパークプラグ部門を分離し資本金100万円を以って設立。
1949年05月 ニューセラミックの生産開始。
1949年05月 東京・名古屋両証券取引所に株式上場。
1958年09月 銅軸入りワイドレンジプラグ発売 自動車業界の先駆となる。
1959年08月 プラジル特殊陶業株式会社設立 (現 ブラジル特殊陶業有限会社)。
1962年04月 小牧工場 (愛知県) 操業開始。本社工場よりニューセラミック部門を移転。
1966年06月 米国NGKスパークプラグ株式会社設立 (現 米国特殊陶業株式会社)。
1966年 プラグ性能新試験室完成。
1967年10月 セラミックICパッケージ製造開始。
1970年 本社技術センター完成。
1971年 小牧技術センター完成。
1973年04月 自動車用温度センサ製造開始。
1973年 マレーシアNGKスパークプラグ株式会社設立。
1974年04月 宮之城工場 (鹿児島県) 操業開始。
1974年 サイアムNGKスパークプラグ株式会社設立。
1975年 英国NGKスパークプラグ株式会社設立。
1976年 米国NGKスパークプラグ製造株式会社 (製造会社)。
1977年 インドネシアNGKスパークプラグ株式会社設立。
1978年 米国特殊陶業株式会社設立 (セラミック製造会社)。
1979年11月 ドイツNGKスパークプラグ有限会社設立 (現 欧州NGKスパークプラグ有限会社)。
1979年 エクアドルNGKスパークプラグ株式会社設立。
1979年 欧州NGKスパークプラグ有限会社設立。
1980年 オーストラリアNGKスパークプラグ株式会社設立
1980年 米国特殊陶業株式会社設立 (米国NGKスパークプラグ製造株式会社と米国特殊陶業株式会社合併)。
1982年06月 自動車用酸素センサー製造開始。
1982年09月 株式会社神岡セラミック設立。
1982年 カナダNGKスパークプラグ株式会社設立。
1984年05月 株式会社可児セラミック設立。
1984年10月 株式会社武並セラミック設立。
1984年11月 株式会社飯島セラミック設立。
1984年 米国特殊陶業株式会社を設立 (販売、製造合弁)。
1984年 台湾NGKスパークプラグ株式会社設立。
1989年12月 セラミックセンサ株式会社設立。
1989年 友進工業株式会社 (韓国) に資本参加。
1990年10月 ヨーロッパ特殊陶業株式会社設立。
1990年 欧州NGKテクニカルセンター完成。
1992年 メキシコNGKスパークプラグ株式会社設立。
1993年07月 株式会社中津川セラミック設立。
1993年 フランスNGKスパークプラグ株式会社設立。
1993年 韓国NTK工具株式会社設立。
1994年04月 伊勢工場 (三重県) 操業開始。
1994年04月 米国センサー株式会社設立。
1994年 香港特殊陶業株式会社設立。
1994年 台湾NTKセラミック株式会社設立。
1995年08月 米国ホールディング株式会社設立。
1996年 米国テクニカルセンター完成。
1997年 小牧テクニカルセンター完成。
1998年06月 プラスチックICパッケージ量産開始。
2001年04月 医療用酸素濃縮器量産開始。
2002年01月 米国特殊陶業株式会社と米国センサー株式会社を製品市場別に組織再編成し、米国特殊陶業株式会社と米国テクノロジー株式会社を設立。
2003年04月 上海特殊陶業有限会社 [NGK Spark Plug (Shanghai) Co., Ltd.] を設立。
2003年05月 ポーランドNTK有限会社設立。
2004年10月 急速昇温タイプのセラミックグロープラグ量産開始。
2006年08月 インド特殊陶業株式会社設立。
2007年01月 南アフリカNGKスパークプラグ株式会社設立。
2007年09月 セラミックセンサ株式会社 (愛知県) の株式追加取得により完全子会社化。
2009年10月 株式会社中津川セラミックを存続会社とし、同社と株式会社飯島セラミックおよび株式会社可児セラミックを合併後、同社のセラミックICパッケージ事業部門を移管、社名をNTKセラミック株式会社に変更。
2010年09月 フランスNGKスパークプラグ株式会社を存続会社とし、同社とヨーロッパ特殊陶業株式会社を合併。
2011年09月 常熟特殊陶業有限会社 (中国) [Changshu NGK Spark Plug Co., Ltd.] を設立。
2012年05月 ベトナムNGKスパークプラグ有限会社を設立。
2013年05月 LLC NGK Spark Plugs (Eurasia) を設立。
2013年06月 日特電子株式会社を設立。
2013年07月 SparkTec (Thailand) Co., Ltd.を設立。
2014年04月 (株) 日特スパークテック東濃 二野工場の操業開始。
2015年03月 半導体関連事業の強化を目的に、日本セラテックを買収すると発表。
2015年07月 UCI Acquisition Holdings (No.2) Corp. (米国) (現 Wells Vehicle Electronics Holdings Corp.) の株式を取得し完全子会社化
2015年10月 特殊陶業実業 (上海) 有限公司 (中国) 設立。
2016年02月 (株) 日特製作所の社名を (株) 日特スパークテックWKSに変更
2016年07月 セラミックセンサ中津川 (株) を設立
2018年04月 車両開発、評価及び市場における排ガス調査向け「簡易・選択型コンパクトマルチガス測定器(NCEM)」の販売開始

補足 1