マレリ (株) (旧 カルソニックカンセイ (株))

会社概要

■URL

https://www.marelli-corporation.com/

■本社所在地

〒331-8501 埼玉県さいたま市北区日進町 2-1917

業容

-旧カルソニックカンセイは、日本を拠点にアジアや欧州へ事業を展開。主な製品は、コックピットモジュール/インテリア、空調システム、熱交換器、コンプレッサー。また、旧Magneti Marelliは、イタリアを拠点に欧州全域や北米・南米、インド、中国へと事業を拡大。主な製品は、ライティング、エレクトロニクス、パワートレイン。

ー2019年5月、旧カルソニックカンセイの持株会社CKホールディングスは、FCAより同子会社のMagneti Marelliを買収。2019年10月に、旧カルソニックカンセイは「マレリ」、旧Magneti Marelliは「Marelli Europe S.p.A.」に社名を変更した。

 

重点開発領域

事業分野 主な技術開発領域
コネクティッドシステム (Connected System) -V2Xコミュニケーション (V2X Communision)
-ソフトウェアポータビリティ&サイバーセキュリティ (Software Portability and Cybersecurity)
自動運転 (Autonomous Driving) -ADAS (Advanced Driver Assistance Systems)
-ビークルモーションコントロールシステム (Enhanced Vehicle Motion Control Systems)
オンボードエクスペリエンス (On-Board Experience) -インテリジェント・コネクティッドインテリアシステム (Tier 0.5 System Integration for Intelligent, Connected Interiors)
-パーソナル&シェアードモビリティソリューション (Multi-User Solutions for Personal and Shared Vehicles)
外界認識 (External Perception) -全方位照明センサー (360° Illumination and Sensing to “See and Be Seen”)
-照明音響ソリューション (Intelligent, Efficient, and Tailored Solutions for Lighting, Style, and Sound)
電動化 (Electrification) -パワートレインシステム (Powertrain Systems)
-サーマルソリューション (Thermal Solutions for Total Energy Management)
リーンプロパルジョン&ダイナミクス (Lean Propulsion and Dynamics) -OEM排ガス規制対応のサポート (Support Original Equipment Manufacturers (OEMs) To Meet Emission Regulations)
-高効率エネルギーシステム向け軽量素材 (Light-Weight Materials for Energy Efficient System)

 

新会社

Highly Marelli Holdings Co., Ltd.
-同社は、中国のShanghai Highly(上海海立集団股份有限公司)と戦略的パートナーシップを締結したと発表した。この取引に基づき、同社Johnson Controls-Hitachi Air Conditioning(JCH)と株式譲渡契約を締結し、HighlyJCHの合弁会社であるShanghai Highly New Energy Technology(HNET:上海海立新能源技術有限公司) の株式を取得することとなる。取引は2019年第3四半期中に完了する予定。HNETへの出資に加え、同社Highlyは、現在同社が保有するコンプレッサーおよび空調事業を運営するための合弁会社を設立する覚書にも合意した。20201月の最終合意調印を目指す。中国の上海に本社を置くHighlyは、家電製品、新エネルギー自動車、冷暖房機器の中核部品の研究開発と製造を行う企業で、世界中に13カ所の工場と14カ所の研究開発および技術サービスセンターを有している。(2019830日付プレスリリースより)

-同社は、Highly International (Hong Kong) Limited (Highly)と合弁会社Highly Marelli Holdings Co., Ltd (Highly Marelli)を設立すると発表した。Highly Marelliでは、コンプレッサーとHVAC (暖房・換気・空調) の電動化、およびEDC (電動コンプレッサー) システムに特化したソリューション開発を行う。今回の合弁会社設立は、2019年に同社がJohnson Controls-Hitachi Air Conditioning (JCH) からShanghai Highly New Energy Technology (HNET) の株式を取得したことに続く取り組み。HNETはHighlyとJCHの合弁会社で、乗用車や商用車向けにEDCを製造している。同社とHighlyは今後、2021年1月初旬を目途に、同社のコンプレッサーおよびHVAC事業をHighly Marelliに移行する。なお、Highly Marelliの登記は香港で行われるが、事業本社はさいたま市のグローバル本社と上海に設置されるという。(2020年9月7日付プレスリリースより)

-Highly International (Hong Kong) Limited (Highly)との合弁会社Highly Marelli Holdings Co., Ltd. (Highly Marelli)を正式に設立したと発表した。合弁会社設立は、世界をリードするキャビンコンフォート事業を展開するための重要な節目となるとしている。コンプレッサーとヒートポンプ、HVAC(暖房・換気・空調)の電動化およびEDC(電動コンプレッサー)システムに焦点を当てたソリューション開発に注力する。当該事業部の2019年売上高は約900億円。(2021年2月1日付プレスリリースより)


-同社Highly International (Hong Kong) Limited (Highly)との合弁会社Highly Marelli はグローバル本社が稼動を開始し、新エネルギー車用熱管理システムのローンチカンファレンスを上海で開催したと発表した。同社は新エネルギー車向けの最新の熱管理システム製品を発表した。この製品はヒートポンプ技術を核に、超高効率スクロール電動コンプレッサーとマレリの空調システム技術を融合して空調のエネルギー効率を大幅に向上させ、冬季の燃費を大幅に改善する。すでに欧米および日本の主要自動車メーカー数社や中国の新興自動車メーカー数社と、システムマッチングプロジェクトを推進するために交渉している。202094日、Highlyとマレリは自動車部品の合弁事業プロジェクトに正式に調印した。この合弁事業はマレリが保有するカーエアコン用コンプレッサーおよび空調システムの資産・事業を分割・再編し、対象資産・事業統合の主体としてMarelli Hong Kongを設立するというもので、Highly Marelli Hong Kong の株式60%を取得した。(2021年420日付プレスリリースより)

主要製品

コックピットモジュール (Cockpit modules)・内装製品 (Interior products)
-インストルメントパネル (Instrument panels)
-コンソール(Consoles)
-加飾フィニッシャー(Decorative finisher)
-ステアリングメンバー(Steering members)
-フルデジタルクラスター (Full digital cluster)
-コックピットドメインコントローラー (Cockpit domain controller)

電子製品 (Electronics products)
パワーエレクトロニクス (Power electronics)
-インバーター(Inverters)
-LBC (Li-ionバッテリーコントローラ) (LBC; Lithium ion Battery Controller)
-回生蓄電システムSonic Power (Regenerative energy storage system)
-ブロワーモーター (HVAC用) (Blower motors for HVAC)
-HVAC用LIN通信モーターアクチュエーター (LIN communication motor actuators for HVAC)
-BCM (ボディコントロールモジュール) (Body Control Module)
-キーレスエントリー (Keyless entry)
-ゲートウェイ(Gateway)
-インバーター (Inverter)
-SiC/GaN DC-DCコンバーター (DC-DC converter evolution with SiC/GaN technologies)

e-Axle

ヒューマンマシンインターフェイス (Human machine interface)
-メーター (Meter clusters)
-集中コントロールスイッチ(Integrated control switch)
-エアコンコントロールスイッチ(Air conditioner control switch)
-乗員検知システム (Occupant detection system)

テレマティクスボックスモジュール (Telematics box module)

排気製品 (Exhaust products)
-排気システム(Exhaust systems)
-マフラー本体 (Mufflers)
-エキゾーストマニホールドコンバーター (Exhaust manifold converters)
-スピニング(Spun converters)
-バルブ(Control valves)
-板金タービンハウジング CK-SMiTH (Sheet metal turbine housing CK-SMiTH)
-バーナー (Burner)

空調製品 (エアコンシステム) (Climate control systems)
-エアコンユニット (Air conditioning units)
-エバポレーター(Evaporators) 
-ヒーターコア(Heater Cores)
-クールボックス(Cool Box)

熱交換製品 (Heat exchange systems)
-ラジエーター (Radiators)
-コンデンサー (Condensers)
-モーターファン (Motor fans)
-EGRクーラー (ガソリンエンジン用) (EGR coolers for gasoline engines)
-ビルトイン オイルクーラー/ウォーマー (Built-in oil coolers / warmers)
-チャージエアクーラー (インタークーラー) (Charge air coolers (Inter coolers))
-EVサーマルシステム (EV Thermal System (iTMS))
-熱エネルギー回収システム (Heat Energy Recovery System (HERS))

パワートレイン製品 (Powertrain products)
-高圧・超高圧燃料システム (High and ultra high pressure fuel systems)
-変速機制御システム (Transmission control systems)
-スロットルボディ (Throttle body)
-インテークマニホールド (Intake manifold)
-ビークルダイナミクスコントロールモジュール (Vehicle dynamics control module (VDCM))
-TJIインジェクター (Injector With TJI Technology)
-6速デュアルクラッチトランスミッション制御ユニット (DCT TCU 11TDF)

コンプレッサー (Compressors)
-可変容量タイプ (Variable displacement compressors)
-固定容量タイプ (Rotary compressor series)

ライト (Automotive Lighting)
-LiDAR
-新型照明モジュール h-Digi (h-Digi lighting module)

ライドダイナミクス (Ride dynamics)
-フルアクティブサスペンション (Full active suspensions)

沿革

1938年08月 東京都港区赤坂溜池において資本金2万円で日本ラジエーター製造株式会社を設立。
1948年12月 本社を東京都中野区南台 (現在地) に移転。
1952年12月 社名を「日本ラヂヱーター株式会社」と変更。
1954年06月 日産自動車株式会社に各種ラジエーターの全面的納入を開始。
1962年02月 東京証券取引所に株式を上場。
1962年06月 神奈川県横須賀市夏島町に追浜工場を建設。
1966年06月 神奈川県愛甲郡愛川町 (神奈川県内陸工業団地) に厚木工場を建設。
1969年07月 栃木県佐野市栄町 (佐野工業団地) に佐野工場を建設。
1972年10月 米国カルフォルニア州ロサンゼルスに米国駐在員事務所を開設。
1974年05月 群馬県邑楽郡邑楽町に群馬工場を建設。
1976年06月 米国カルフォルニア州ロサンゼルスにカルソニック・インコーポレティッド (1988年1月社名を「カルソニック・クライメート・コントロール社」と変更) を設立。
1977年02月 大分県中津市に九州工場 (現 株式会社CKK中津工場) を建設。
1983年04月 米国テネシー州にカルソニック・マニュファクチャリング社を設立。
1986年02月 米国カリフォルニア州ロスアンゼルスに米国子会社を統括するカルソニック・インターナショナル社を設立。
1986年03月 英国にTI-ニホンU.K.社 (現 カルソニックカンセイ・ユーケー社ワシントン工場) 設立。
1986年05月 栃木県宇都宮市 (清原工業団地) にゼネラル・モーターズ社と合弁でカルソニックハリソン株式会社 (現 カルソニックカンセイ宇都宮株式会社)を設立。
1988年07月 米国テネシー州にシーイーアイ社を設立。
1988年08月 社名を「カルソニック株式会社」と変更。
1989年06月 英国デフェド州スラネスリーのスラネスリー・ラジエーター社グループを買収し、欧州子会社を統括するカルソニック・インターナショナル (UK) 社 (現 カルソニック・インターナショナル (ヨーロッパ) 社) を設立。
1991年04月 スペインにクリマティサドーレス・カルソニック社 (現 カルソニックカンセイ・スペイン社) を、韓国に大韓カルソニック社を設立。
1991年06月 栃木県佐野市栄町に開発本館を建設し、旧空調技術センターをテクニカルセンターに改称。
1991年09月 大分県宇佐市にカルソニック大分株式会社を設立。
1995年10月 カルソニック・マニュファクチャリング社およびカルソニック・クライメート・コントロール社を合併し、社名を「北米カルソニック社」とする。
1996年01月 韓国にセスコ社を設立。
1996年10月 カルソニックツインティー株式会社、カルソニックニットー株式会社およびカルソニックコーワ株式会社を合併し、社名を「カルソニックプロダクツ株式会社」とする。
1997年05月 メキシコにカルソニック・メキシコ社を設立。
1999年11月 株式会社カンセイとの合併契約書を締結。(合併期日2000年4月1日)
2000年04月 株式会社カンセイと合併し、社名を「カルソニックカンセイ株式会社」と変更。
2001年03月 米国に北米統括会社として北米カルソニックカンセイ社、メキシコにメキシコ統括会社としてカルソニックカンセイメキシコ社を設立。
2001年04月 タイにカルソニックカンセイ (タイランド) 社を設立。
2001年09月 マレーシアにセイコーインスツルメンツ株式会社と合弁でカルソニックエスアイアイ・コンプレッサー社 (現カルソニックカンセイ・マレーシア社) を設立。
2002年07月 ハーネス事業の営業の一部を譲渡。
2002年07月 九州工場を既存子会社 (カルソニック大分(株)) へ吸収分割により分社化し、(株) シーケーケー (現CKK株式会社) に社名変更。
2002年07月 中国にカルソニックカンセイ (無錫) 社を設立。
2003年07月 千葉県習志野市にセイコーインスツルメンツ社と合弁でカルソニックコンプレッサー株式会社を設立。
2003年10月 二本松工場を会社分割により分社化し、(株) CKFを設立。
2004年05月 東京ラヂエーター製造株式会社の第三者割当増資を引き受け、株式保有比率を40.07%に引き上げ連結子会社化。
2005年01月 日産自動車株式会社が当社の第三者割当増資を引き受け、株式保有比率を41.9%に引き上げ同社の連結子会社化。
2005年07月 中国上海に中国統括会社カルソニックカンセイ (中国) 社を設立。
2006年04月 北米カルソニック社、カンタス社の2社が合併。(合併後社名「北米カルソニック社」)
2006年06月 ルーマニアにカルソニックカンセイ・ルーマニア社を設立。
2007年01月 カンタス・メキシカーナ社、カルソニック・メキシコ社、カルソニックカンセイ・メキシコ社の3社が合併。(合併後社名「カルソニックカンセイ・メキシコ社」)
2007年04月 北米カルソニックカンセイ社、北米カルソニック社の2社が合併。
(合併後社名「北米カルソニックカンセイ社」)
2008年05月 埼玉県さいたま市に本社・研究開発センターを建設し、本社を移転、開発設計部門を集約。
2008年07月 マグナカンセイ社の株式を追加取得し連結子会社化。(現社名「カルソニックカンセイ・サンダーランド社」)
2008年12月 カルソニックコンプレッサー株式会社を吸収合併。
2010年09月 厚木工場での生産終了。
2012年05月 ブラジルにCalsonic Kansei do Brasil Industria e Comercio Ltda.を設立。
2012年05月 ロシアにCalsonic Kansei RUS LLCを設立。
2013年12月 Siam Calsonic Co., Ltd.の株式を追加取得し、連結子会社化。
2019年05月 FCAよりMagneti Marelliを約58億ユーロで買収。
2019年10月 Magneti Marelli買収に伴い、社名を「マレリ株式会社」に変更。
2019年11月 約20年ぶりの国内新工場となる東海工場 (愛知県岡崎市) を開設。
2021年02月 Highly International (Hong Kong) Limitedとの合弁会社Highly Marelli Holdings Co., Ltd.を設立。

補足 1