欧米部品メーカーの中国動向(上):上海市・江蘇省など華東地域での動向

欧米自動車メーカーの販売シェア・投資拡大に対応し、パワートレイン部品の増産や現地開発能力を強化

2014/12/22

要 約

 世界最大の自動車市場である中国の2014年1-11月の累計販売台数(工場出荷)は、前年同期比6.1%増の2,107万台。乗用車販売(1-11月)は同9.2%増の1,764万台と、商用車の販売が減少する中、市場を支えた。中国自動車工業会は、通年では、2,300万台程度になると見ている。

 中国市場でシェアトップのVWグループの販売は、2014年1-11月に前年同期比16.0%増の325万台となり、シェアを15.4%へ1%ポイント以上拡大。第2位のGMも11.3%増の167万台を販売し、シェアをやや拡大し7.9%とした。他にPSA、Fordも販売を大きく増やしている。
 こうしたなか、欧米の自動車メーカーは、更なる市場拡大を見通して積極的な投資を続けている。特に、VWとGMは、中国でそれぞれ400万台を超える生産体制を整える投資を計画している。
 欧米の自動車部品メーカーも、この自動車メーカーの投資に対応するため、パワートレイン関連部品、内装部品を中心に生産能力の増強、現地での開発能力強化を行っている。

 本レポートは、中国における欧米の主要自動車部品メーカーの進出が活発な、上海市周辺の華東地域での事業動向をまとめた(2013年末から2014年12月中旬までの約1年間の動向を収録)。

その他の地域での動向は別途報告いたします。

華東周辺地図
華東周辺地図

華東地域での欧米サプライヤー動向まとめ

新会社/工場稼働 BorgWarner(ターボチャージャー)、Bosch/Mahle(ターボチャージャー)、Continental(計器/運転支援/HMI)、Cummins(ターボチャージャー)、Federal-Mogul(ベアリング工場統合移転、エキゾースト絶縁スリーブ)、GKN(粉末冶金部品)、Johnson Control(内装部品合弁会社設立)、Novelis(アルミシート)、Roechling(インテイクマニフォールドなど)、SKF(ベアリング)、Sogefi(サスペンション、エンジンシステム部品)、ThyssenKrupp(ステアリングシステム、ダンパーシステム、シリンダーヘッドカバー)、Visteon(内装/樹脂部品)、ZANINI(ホイールカバー)
生産能力増強 Bosch(高圧オイルポンプ)、GKN(ドライブシャフト)、TRW(ステアリングホイール)、Schaeffler(トランスミッション部品)
生産品目追加 Dana(メタル積層ガスケット)、Delphi(直噴用燃料ポンプ・インジェクター)、ZF(9速AT)
開発拠点 設立 DelphiEatonHarmanPlastic OmniumSKFTennecoTRW
拡張 MahleMANN+HUMMELZF
地域本社設立 IAC(開設)、Lear(開設)、ZF(拡張)
事業再編 Halla Visteon Climate Control(関連会社を子会社化)、
Johnson Matthey(工場買収)、
KSPG(独子会社株式を中国会社に譲渡)、
Visteon(現地合弁子会社売却)

 中国の部品メーカー動向関連レポート:
・日本の部品メーカー (華北/東北/西南地域) 編 (2013年8月)
・日本の部品メーカー (華南/華中地域) 編 (2013年7月)
・日本の部品メーカー (華東地域) 編 (2013年6月)




生産拠点の新規構築:BorgWarnerとBosch/Mahleがターボチャージャー工場設立

会社名 活動内容
BorgWarner
ターボチャージャー新工場を開設
BorgWarnerは、江蘇省の太倉に新工場を開設したと、2014年9月に発表した。同社にとって中国で2カ所目のターボチャージャー工場となる。2014年末までに従業員150名を雇用し、2018年までには500名へ増員する計画。同社は、排出ガス規制の強化に伴い、中国における小型車用ターボチャージャー市場が2014年の420万ユニットから、2019年には860万ユニットまでおよそ倍増すると見込んでいる。
Bosch/Mahle
2社合弁のターボチャージャー工場稼働
BoschとMahleの合弁会社Bosch Mahle Turbo Systemsは、2014年11月、同社初の中国工場「博世馬勒渦輪増圧系統 (上海) 有限公司 [Bosch Mahle Turbo Systems (Shanghai) Co., Ltd.]」を稼働。Mahle上海拠点内にあり、研究開発センターも併設。年産能力はターボチャージャー200万台。主に中国市場向けに1.0から1.5Lのガソリンエンジン用のターボチャージャーを生産する。
Continental
蕪湖工場が開業、計器・運転支援/HMI事業に注力
Continentalは、安徽省蕪湖にある子会社Continental Automotive Interior (Wuhu) が第2工場を開設したと、2014年11月に発表。土地と建物への初期投資額は、3,300万ユーロ。2015年第1四半期にフル稼働となる予定。生産施設、研究開発センター、研究室、倉庫などを備え、計器・運転支援/HMI事業に注力する。2015年末までに、研究開発エンジニア約215名を含む約1,500名の従業員が新工場で勤務する予定。また、同時期までに42本の生産ラインを導入する計画。
Cummins
無錫Cummins 、ターボチャージャーの第2工場を開業
2014年11月、ターボチャージャーを生産する無錫康明斯渦輪增圧技術有限公司 [Wuxi Cummins Turbo Technologies Co., Ltd.] は第2工場を正式に開業したと発表した。第2工場の建設は2期に分けて行われ、第1期はすでに完成し、同社全体の年産能力は200万台に拡大した。第2期建設は2020年頃に開始する予定で、完成すれば年産能力は300万台に達する。
Federal-Mogul
2つのベアリング工場を統合
Federal-Mogulのパワートレイン部門は、2つの合弁工場を上海の周浦智慧産業園へ移転し、統合した工場が完成したと発表(2014年11月)。この2工場は、上海汽車傘下の華域汽車系統との合弁会社「上海菲特爾莫古軸瓦有限公司 [Federal-Mogul Shanghai Bearing Co., Ltd.]」と「上海菲特尓莫古複合材料有限公司 [Federal-Mogul Shanghai Compound Material Co., Ltd.]」で、Federal-Mogulが株式の過半数を持っている。エンジンベアリング、ブッシュ、スラストワッシャーを生産する予定。新工場の完成によりベアリング生産ラインは従来の7本から11本に増え、年産能力は1億個から5億個に増加するとしている。
エキゾースト絶縁スリーブを生産する新工場を開設
Federal-Mogulのパワートレイン部門は、江蘇省常熟市に新工場を開設したと、2014年10月に発表。エキゾースト絶縁スリーブ「Thermflex」を含むシステム保護製品の生産能力を拡大する。「Thermflex」は特殊天然繊維でつくられ、排出ガス内の有害物質を十分に除去できるよう、エキゾーストパイプ内を効率的に保温する。同国内の自動車、高速鉄道、航空などの市場向けに供給する。
バルブシートインサートの合弁工場建設着工
Federal-Mogul と安慶環新集団有限公司が設立した「環新輝門粉末冶金有限公司 [Huangxin Federal-Mogul Powder Metallurgy Co., Ltd.]」は、安慶で生産拠点建設の着工式を2014年6月に行った。総投資額は5,000万米ドル。バルブシートインサートとバルブガイドの生産を行う。2015年生産開始予定で、2018年には売上高を8,000万米ドルとする計画。
GKN
粉末冶金事業を拡大
GKN Powder Metallurgyは、中国江蘇省の丹陽 (Danyang) および儀徴 (Yizheng) において生産拠点を開設・拡張すると2014年10月発表した。丹陽拠点には、870万ポンドを投じて面積2万平方メートルの新工場を建設する。完成は2015年9月の予定。既存工場では、主に自動車用エンジンやトランスミッション向けの高性能の粉末冶金部品を生産している。また、儀徴では、2012年に着工した新工場が稼働。エンジン、ボディ、シャシー向けに小型精密部品を生産する。同拠点では、2014年末までに従業員約80名を雇用する計画。
Johnson Controls
内装部品の合弁会社を設立
Johnson Controlsは、上海汽車傘下のサプライヤー延鋒汽車飾件系統と、自動車用内装部品の合弁会社の設立に合意したと2014年5月発表。出資比率は延鋒汽車飾件系統が70%、Johnson Controlsが30%で、新会社の売上高は約75億ドルを見込む。上海を本拠とし、米/欧/中/日/印にエンジニアリング・開発拠点やカスタマーセンターを置く。取り扱う製品は、インストパネル、コックピットシステム、ドアパネル、フロアコンソールなど。設立手続きは2015年上期に完了する予定。
ファブリックの合弁会社設立

Johnson Controlsは、上海延鋒工貿実業有限公司 [Shanghai Yanfeng Industry and Commerce] および安徽延生汽車内飾件有限公司 [Anhui Yansheng Automotive Trim] と、中国の安徽省淮南市にファブリックの合弁会社を設立することで合意したと、2014年7月に発表した。新会社「Anhui New Nangang Johnson Controls Automotive Trim Co., Ltd.」は、中国の自動車メーカー向けにファブリックの設計・エンジニアリング・生産からトリム製品までさまざまなサービスを提供する。2014年10月に操業を開始する。

Magna International
フロントエンドモジュール生産の合弁会社設立
Magna International傘下のMagna Exteriorsと、Chongqing Guangneng Rongneng Trimは、中国で折半出資による合弁会社を設立したと2014年2月に発表した。新会社「Magna Guangneng Automotive Trim System (Hangzhou) Co., Ltd.」は、浙江省杭州 (Hangzhou) の工場でフロントエンドモジュールの組み立て、中国国内へ供給する。
Novelis
中国初の自動車用アルミシート工場を開設
Novelisは、中国で同社初となる自動車用熱処理アルミシートの専用工場を開設したと、2014年10月に発表した。常州国家高新技術産業開発区にある、新工場への投資額は1億ドルで、Novelisが全額出資。年産能力は12万トンで、自動車用軽量構造やフード、ドア、フェンダー、リフトゲートなどのボディパネルに使用される。同社は、2011年から世界で5.5億ドル超を投じており、自動車用シートの生産能力を2015年までに3倍の90万トンにするとしている。
Roechling
昆山に自動車部品工場を開設
Roechling Groupは、江蘇省の昆山の新工場が生産を開始したと、2014年9月に発表した。これまで、隣の蘇州市に工場を借りていたが、自社工場を建設した。今回のプロジェクトへの投資総額は約1000万ユーロ。
生産品目:
インテークマニホールド、エアベント制御機能付きエアダクト、グリルシャッター、シリンダーヘッドカバー、インタークーラー用チューブ、ABSピストン、ドアキャリー、燃料タンク、エアフィルターハウジングなどのエアフローマネジメント製品、防音製品、サーマルマネジメント製品。
納入先:
上海VW、一汽大衆、Ford、GM、Daimler、Fiat、Iveco、広州汽車、上海汽車、マツダ、東風汽車、Audiなどの自動車メーカーのほか、Continental、Bosch、Brose、ヴァレオジャパンなどのサプライヤー。
SKF
新ベアリング工場と技術センターを開設
SKFは、上海市嘉定区に「SKF Campus」を開設したと2014年6月に発表した。面積は45,207平方メートルで、総投資額は約7億スウェーデンクローナ 。キャンパス内には、新たに自動車用ベアリング工場を建設したほか、「Global Technical Centre」、「SKF Solution Factory」、「SKF College China」などを設置。
Sogefi
サスペンション部品、エンジンシステム部品の2工場を開設

Sogefiは、上海にサスペンション部品工場とエンジンシステム部品工場を開設したと、2014年1月に発表。総投資額は約4千万ドル。フル稼働時には、あわせて従業員500名超を雇用する。同社は中国での2017年の売上高を、2013年比約3倍の1億ドル以上とする目標。

サスペンション工場では開発および生産を行い、まず、チューブスタビライザーバーとソリッドスタビライザーバーを生産し、BMW、Daimler、FCA、Ford、PSAなどへ納入する予定。もう一つのエンジンシステム工場では、まず、エアインテークマニホールドとウォーターアウトレットの生産から開始。Daimler、上海GM、上海汽車、Ford、江鈴汽車などに納入する。

ThyssenKrupp
ステアリングシステム、ダンパーシステム工場を開設
ThyssenKruppは、上海浦東新区に自動車部品工場を2014年7月に開設した。中国市場向けにステアリングシステムおよびダンパーシステムを生産する。投資額は約1億ユーロ。新工場の年産能力は、電動ステアリングシステムが約75万ユニット、ダンパーシステムが約180万ユニットとなる。
常州にシリンダーヘッドカバー工場を開設
ThyssenKruppは、江蘇省常州市に新工場を開設したと、2014年11月に発表した。投資額は約4,000万ユーロ。今後は最大200名の従業員を雇用し、年間約100万ユニットのシリンダーヘッドカバーを生産する予定。
Visteon
塩城に内装・樹脂部品子会社を設立
Visteonは、現地合弁会社「東風Visteon」が東風汽車への現地供給を行うため、全額出資子会社「東風偉世通塩城汽車飾件系統有限公司 [Dongfeng Visteon Yancheng Automotive Trim Systems Co., Ltd.]」(塩城トリム) を設立すると、2014年12月に発表。塩城トリムへの総投資額は5,000万元。内装部品の設計、製造、販売および樹脂部品の設計、販売を行う。東風偉世通の主な顧客は東風日産、神龍汽車、東風乗用車、東風ホンダなど。
ZANINI AUTO GRUP
アジア初の工場が生産を開始
Zanini Auto Grupは、江蘇省常州市に建設した、同社にとって初のアジアでの工場「Zanini (Changzhou) Autoparts」の操業を、2014年夏に開始。中国市場向けにホイールカバーを生産する。一汽VW、上海GM、韓国GM、Ford、北京汽車など複数の顧客から受注を獲得している。

 



生産能力増強/生産品目拡大:Bosch、TRW等の動向

会社名 活動内容
Bosch
無錫工場、高圧オイルポンプの生産ライン増強
Boschの子会社「聯合汽車電子有限公司 [United Automotive Electronic Systems Co., Ltd]」は無錫工場の高圧オイルポンプ生産ラインの設備据え付けが完了したと2014年3月に発表した。生産量は80%増加し、年産180万台に達する見込み。
Dana
中国でメタル積層ガスケットの生産を開始
Danaは、江蘇省の無錫工場において、メタル積層 (MLS) シリンダーヘッドガスケット、エキゾーストガスケット、トランスミッションバルブボディセパレータープレートの生産を開始したと、2014年5月発表した。12,000平方メートルのテクニカルセンターでは、開発から生産までを一貫して行い、無錫拠点におけるVictor Reinzのシーリング製品の開発・生産を可能にする。主要顧客の中国拠点のほか、アジア太平洋地域の顧客にも供給する体制を整える。
Delphi
GDI高圧燃料ポンプの生産開始
Delphiは、上海のパワートレイン工場でガソリン直噴 (GDI) 高圧燃料ポンプの生産を開始したと、2014年9月に発表。年間150万個の燃料ポンプを生産する予定。またGDI用のインジェクターも2015年7月より生産開始と報じられている。年産能力は500万本。
GKN
ドライブシャフト塗装ラインを増設
GKNの合弁会社 上海納鉄福伝動軸有限公司 [Shanghai GKN Drive Shaft] は、上海康橋工場にドライブシャフトの塗装ラインを増設すると2014年11月に発表。580万元を投じて、吹き付け塗装設備、洗浄設備、乾燥設備などを増設する。完成後は年間80万セット超のドライブシャフト塗装が可能になるとしている。
Schaeffler
中国でトランスミッション部品工場を拡張
Schaefflerは、江蘇省の太倉拠点において、第5工場棟の開所式を2014年4月に行った。第3工場棟を拡張した形で建設された新棟は、主に湿式ダブルクラッチおよび油圧トルクコンバーターを生産する。共に、同社が中国で生産するのは今回が初めてとなる。
TRW Automotive
ステアリングホイール生産能力増強
TRWの子会社「上海天合汽車安全系統有限公司 [Shanghai TRW Automotive Safety Systems Co., Ltd.]」はステアリングホイールの生産能力増強のため、上海市嘉定区安亭鎮にある工場を賃借すると2014年10月に発表。年間20万個の各種ステアリングホイールを生産する計画。

 



▽現地開発能力の強化:Delphi、Eaton、TRWが現地開発拠点を設立

会社名 活動内容
Delphi
蘇州にテクニカルセンターを開設
Delphiは、2014年5月20日、蘇州工業園 (Suzhou Industrial Park) に「德爾福電子 (蘇州) 研発中心 [Delphi Electronics (Suzhou) Technical Centers]」を開設したと発表した。エンジニアは現在150名近くを擁しているが、2014年末までに約200名まで増員する計画という。同社は、蘇州工場でカーオーディオや、電動ブレーキシステムなどを生産している。
Eaton
テクニカルセンター設立
Eatonは2014年4月、上海にアジア太平洋地区テクニカルセンターを設立。乗用車、商用車向けに、エンジンバルブ、バルブ駆動装置、スーパーチャージャー、トランスミッション、クラッチおよび中国市場向けハイブリッド動力系統などの部品に関する技術を提供する。
Harman International
蘇州に研究センター建設
Harman Internationalは2014年4月、2015年中旬に蘇州にオーディオシステム、インフォテインメントシステムのグローバル開発センターを建設すると発表した。第一期の投資額は約1,600万米ドル。敷地面積は1万平方メートル。従業員数はまず200名規模で始め、将来的には拡張し、人員を350名規模にまで増員する計画。
Mahle
上海テクニカルセンター拡張工事完了
Mahleは上海郊外の研究開発センターの拡張工事を完了したと、2014年11月発表。新たに生産エリア15,000平方メートルとオフィスエリア3,200平方メートルが加わった。ここではフィルター、エンジン補助部品の製造用治具などを生産する。この研究センターの拡張工事は、上記の博世馬勒渦輪増圧系統 (上海) 有限公司 [Bosch Mahle Turbo Systems (Shanghai) Co., Ltd.] の工場建設と同時に行われていた。
MANN+HUMMEL
中国の研究開発能力を増強
MANN+HUMMELは、中国での研究開発能力を増強すると2014年5月に発表。中国の研究開発センターに、車内のPM2.5濃度を下げるエアコンフィルターの試験台、液体フィルター試験台、インテークマニホールド試験台、半無響室、NVH測定設備などの設備を増設するとのこと。
Plastic Omnium
開発センターを開設
Plastic Omniumは、上海市郊外の嘉定区安亭鎮に外装部品の開発センターを2013年12月に開設した。技術者および研究者を300名から、2016年までに450名に増員する計画。同社は2013年に、中国において35件の外装部品に関する新規プログラムを開始。その数を、2015年までに年間50件に増やしていく。同社の主な顧客は、VW、GM、上海汽車、第一汽車、BMW、PSA、Jaguar Land Roverなど。
SKF
技術センターを開設
SKFは、上海市嘉定区に技術センターを併設した「SKF Campus」を開設したと2014年6月に発表。キャンパス内には、新たに「Global Technical Centre」、「SKF Solution Factory」、「SKF College China」などを設置したほか、自動車用ベアリング工場を建設した(上述)。面積は45,207平方メートルで、総投資額は約7億スウェーデンクローナ 。
Tenneco
昆山に研究開発拠点を新設
Tennecoは、江蘇省昆山にクリーンエア製品の研究・開発・生産を行う新拠点を開設したと、2014年9月に発表した。Tennecoが全額出資したこの施設は、中国・アジア大洋州の商用トラック向けを中心に、排ガスコントロール製品およびシステムの設計・開発、SCRの生産を行う。
TRW Automotive
最大規模の技術センターを開設
TRWは、上海市安亭鎮 に同社にとって最大規模の技術センター「Anting Technical Center」を開設した。面積は66,000平方メートル。20以上の試験室を備え、ブレーキ、ステアリング、サスペンション、乗員安全システム、セーフティエレクトロニクスなどTRWの主力事業をサポートする。また、技術者・研修者など従業員1,200名超を雇用する計画。

 



地域本社設置、事業再編:IAC、Learが地域本社を設置

▽地域本社設置

会社名 活動内容
IAC Group
アジア本社を開設
IACは2014年6月、上海に新たにアジア本社を開設した。テクニカルセンターのほか、営業、管理部門、グローバルおよび現地向け設計とエンジニアリング部門、購買と製造の統括部門などIACアジア地区の各業務部門を統括する。現在の115名から、将来的には150名まで増員する予定。
Lear Corporation
アジア地域本社と製品・技術センターを開設
Learは、上海市楊浦区に、アジア地域本社および製品・技術センターを、2014年3月に開設。技術センターを有する新拠点では従業員600名を雇用し、同社の主力製品であるEV・HV用の高電力製品を含む自動車用シートおよび電装部品の開発を行う。
ZF
中国・アジア地域本社を拡張、9速ATも現地生産へ
ZFは、上海に位置する同社の中国およびアジア太平洋地域本社を大幅に拡張すると、2014年7月に発表した。オフィス、実験室、試験台などに使うスペースを、現在の1.1万平方メートルから5.4万平方メートルへ約4倍にする。建物の建設は2015年末に完了する見込みで、今後5年間で同プロジェクトに約5千万ユーロを投じる計画。乗用車用ドライブラインおよびシャシーシステムや、商用車・建設機械用トランスミッションの試験を行うことができる。さらに、新型の9速ATの試験設備も導入する。同社は、2017年に中国でもこのATの生産を開始する計画。

 

▽事業体制強化

会社名 活動内容
Halla Visteon Climate Control
日本クライメートシステムズの中国子会社の過半数株式を取得
Halla Visteon Climate Control (HVCC) は、日本クライメートシステムズの中国子会社である杰希思 (南京) 汽車空調 [Jie Xi Si (Nanjing) Automotive Climate Control] の株式51%を取得することで合意したと、2014年6月に発表した。取得金額は640万ドル。杰希思 (南京) は、自動車用熱交換器の生産会社。なお、日本クライメートシステムズは、HVCC、マツダ、パナソニックによる等分出資の合弁会社。
Johnson Matthey
A123 Systemsより正極材工場を買収

Johnson Mattheyは、江蘇省常州 にあるA123 Systemsの正極材工場の買収を完了したと、2014年10月発表。同工場では、正極材の材料であるリン酸鉄リチウムイオン (LFP) を生産している。今回の買収に伴い、Johnson MattheyはA123へLFPを全量納入する長期供給契約を締結した。A123は、引き続き電池材料に関する知的財産権を保有し、Johnson MattheyはA123のLFP 「Nanophosphate」をA123向けにのみ生産を行う。

KSPG
子会社の株式50%を華域汽車系統へ譲渡
KSPGと上海汽車傘下の華域汽車系統は、KSPGの子会社の株式譲渡に関する合意書を締結したと2014年7月に発表。KSPGは完全子会社KS Aluminium-Technologie GmbHの株式50%を、華域汽車系統側に譲渡する。KSPGはドイツ国内の自動車用アルミ合金鋳造業務をKS Aluminium-Technologie GmbHに統合するとしている。KS Aluminium-Technologie GmbHはドイツ国内に3つの生産拠点を有しVW、Porsche、Volvo、Daimler、BMW、Peugeotなどに製品を供給している。
Visteon
内装部品合弁会社を売却
Visteonは内装部門を非中核事業とする一方、エレクトロニクス事業を強化しており、中国でも事業再編を進めている。折半出資の内装部品を取り扱う合弁会社 延鋒偉世通汽車飾件系統有限公司 [Yanfeng Visteon Automotive Trim Systems Co., Ltd.] の保有株の全てを華域汽車系統股份有限公司に2013年12月に売却。また、同合弁会社の傘下にあった電子部品を取り扱う延鋒偉世通汽車電子有限公司 [Yanfeng Visteon Automotive Electronics Co., Ltd.]」の株式51%を2013年11月に取得し、残りの株式の優先買取権を保有している。

 

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>