【ものづくり】第4回名古屋オートモーティブワールド2021:軽量化技術、EVパーツ技術など

軽量フレーム、軽量シャフト、EVリレー端子、CFRPピラー、樹脂シート、加飾めっきなど

2021/11/09

要約

  第4回名古屋オートモーティブワールド(会期:2021年10月27日(水)~10月29日(金)、会場:ポートメッセなごや)は、RX Japan株式会社主催で開催された。本展示会は毎年、東京有明で1月に開催され13回を数えているが、名古屋での開催も今回が第4回となり、約250社が参加した。部品、材料、設備の各社が最新技術を披露する場となっており、専門家向けの展示会である。本稿では自動車産業の課題に応える、実際に自動車で採用されている部品や活用できる技術を取材した。

入場口 会場内風景
第4回名古屋オートモーティブワールド2021
入場口
第4回名古屋オートモーティブワールド2021
会場内風景


【ものづくり】関連レポート:
燕三条ものづくりメッセ2021:新潟県の自動車部品 (2021年10月)
第24回 関西機械要素技術展2021:自動車部品展示 (2021年10月)
名古屋プラスチック工業展2021:最新プラスチック技術 (2021年10月)
マークラインズオンライン展示会2021:プラスチック技術 (2021年9月)
マークラインズオンライン展示会2021:金属加工技術 (2021年8月)
第3回名古屋オートモーティブワールド2020:軽量化技術、試作コスト低減 (2020年10月)