スマートエネルギーWeek 2021:電動化関連技術(バッテリー編)

第12回 国際 二次電池展 ~Battery Japan 2021~ほか:電動車用バッテリー、関連部品など

2021/03/23

要約

二次電池展会場風景
第12回 国際 二次電池展 (Battery Japan) の会場風景

  スマートエネルギーWeek 2021(会期:2021年3月3日~3月5日、会場:東京ビッグサイト)は昨年に続きコロナ禍の中での開催となり、出展規模を縮小したブースもあった。主催のリードエグジビションジャパンの発表によると、来場者はスマートエネルギーWeek 2021全体で28,345名(3日間の合計)で、コロナ禍以前の2019年の66,576名よりは少ないものの、2020年の18,509名より多い結果となった。

  本稿では、第12回 国際 二次電池展 ~Battery Japan~、第11回 国際 スマートグリッド EXPOを中心にスマートエネルギーWeek 2021おける電動化関連(バッテリー)の展示アイテムを紹介する。

 

関連レポート:
スマートエネルギーWeek 2021:電動化関連技術(FC編)(2021年3月)
CES 2021:EVおよび電動化テクノロジー(2021年2月)
オートモーティブワールド2021:電動化関連技術(2021年2月)
リチウムイオンバッテリー専用の製造設備(2021年1月)
The Battery Show & EV Tech Digital Days 2020(2020年12月)
全固体電池の開発状況、自動車への適用に向けて(2020年12月)
マークラインズオンライン展示会2020:電動化関連技術(2020年9月)
蓄電池としてのEV活用、バッテリーシェアリングサービス(2020年3月)
スマートエネルギーWeek 2020:電動車関連技術(2)(2020年3月)