スマートエネルギーWeek 2021:電動化関連技術(FC編)

第17回 国際 水素・燃料電池展 ~FC EXPO 2021~ほか:FCV、燃料電池関連部品など

2021/03/16

要約

トヨタブース
トヨタグループはFCモジュールと水素タンクを出展

  スマートエネルギーWeek 2021(会期:2021年3月3日~3月5日、会場:東京ビッグサイト)は昨年に続きコロナ禍の中での開催となった。入場時にはマスク着用とアルコール消毒の徹底、サーモグラフィでの体温チェック等が行われ、会場では出展中止やパネルのみで説明員を配置しないブースもあった。主催のリードエグジビションジャパンの発表によると、来場者はスマートエネルギーWeek 2021全体で28,345名(3日間の合計)で、コロナ禍以前の2019年の66,576名よりは少ないものの、2020年の18,509名より多い結果となった。

  本稿では、第17回 国際 水素・燃料電池展 ~FC EXPO 2021~を中心にスマートエネルギーWeek 2021おける電動化(FC)関連の展示アイテムを紹介する。

 

関連レポート:
Daimlerと日野のFCV開発と水素社会実現に向けた取り組み(2021年2月)
カーボンニュートラルな貨物輸送への道筋(2020年12月)
SAE China 2020 (2):商用車の電動化(2020年11月)
燃料電池商用車:トヨタが中国大手OEMとFCシステムを共同開発(2020年7月)
重量車(トラック、バス)の電動化に関する技術動向(2020年6月)
スマートエネルギーWeek2020:電動車関連技術(1)(2020年3月)