CES 2019:IoT関連の新技術やサービスモデル

SoC、高精度地図、MaaS、統合型コックピット、5G、AIスピーカー

2019/02/01

要約

Mercedes-Benz MBUX cockpit demonstration
MBUX (Mercedes-Benz User Experience) コックピット

  今年のCES 2019の特徴として、IoT関係の新技術や、サービスモデルの提案、発表が多く見受けられた。

  自動運転に関しては、昨年のCES 2018ではまだ将来の技術としての展示だったのが、今年は現実的な製品化を意識した展示が多く見られた。

  本稿ではCES 2019で注目された展示のうち、IoT関連の内容をいくつか各社発表をもとにまとめた。
・SoC:Intel、AMD、NVIDIA、Qualcomm、ルネサスエレクトロニクス
・高精度地図:Mobileye、NVIDIA、パイオニア
・MaaS (Mobility as a Service):デンソーContinentalZF、Auto X
・統合型コックピット:Qualcomm、パナソニック、BYTON、Mercedes-Benz
・5G:Samsung、D-Link、Continental、Intel、Qualcomm
・AIスピーカー:Google、Amazon

 

関連レポート:
欧米Tier1サプライヤー:自動運転、コネクテッド、モビリティ関連事業 (2019年1月)