【ものづくり】オートモーティブワールド2019:自動車部品&加工EXPO

フレーム、ハイサイクル鋳物、大物鍛造、板金プーリー、光透過ハンドル、折り紙パイプなど

2019/01/23

要約

  第11回オートモーティブワールド(会期:2019年1月16日(水)~1月18日(金)、会場:東京ビッグサイト)は、リードエグジビションジャパン株式会社主催で開催された。本展示会は東京有明で毎年1月に開催され、今回で11年目となる。第5回自動車部品&加工EXPO、第9回クルマの軽量化技術展、第11回カーエレクトロニクス技術展、第10回EV・HEV駆動システム技術展、第7回コネクテッドカーEXPO、第2回自動運転EXPOの6つの展示会から構成されている。部品、材料関連の各社が最新技術を披露する場となっており、全体では1,120社の参加となった。

  本稿では「ものづくり」にスポットをあて、380社が出展した第5回自動車部品&加工EXPOを中心に取材した内容について、コスト低減、軽量化、新製品など自動車産業の課題に応える技術を紹介する。自動車部品メーカーは、自動車メーカーの図面どおりに作る加工受託メーカーと自動車メーカーに組立部品を提案する機能品メーカーの2つに大別できるが、本展示会には前者の加工受託メーカーが多く参加していた。オートモーティブワールドは自動車業界関係者が多く集まり、既存製品を販売できるチャンスがあるため、普段は展示会に出展しない部品メーカーも出展していた。

第11回オートモーティブワールド2019入場口 第5回自動車部品&加工EXPO会場風景
第11回オートモーティブワールド2019 入場口 第5回自動車部品&加工EXPO 会場風景

 

【ものづくり】関連レポート:
オートモーティブワールド2019:クルマの軽量化技術展 (2019年1月)
中小企業 新ものづくり・新サービス展2018:自動車部品への政府支援 (2018年12月)
第7回高機能プラスチック展:自動車部品の最新材料 (2018年12月)
第5回高機能金属展2018:自動車部品の最新材料 (2018年12月)
プラスチックと金属の接合技術 (2018年11月)
新価値創造展2018:自動車部品メーカーの異業種展開 (2018年11月)