【ものづくり】新価値創造展2018:自動車部品メーカーの異業種展開

焼結合金、鋳物バルブ、ロストワックス、ダイカスト、エアバッグ部品、クラッチ浸窒焼き入れなど

2018/11/22

要約

  新価値創造展2018(会期:2018年11月14日(水)~16日(金)、会場:東京ビックサイト)は、独立行政法人中小企業基盤整備機構の主催。今回は全580社のうち生産機械系は218社の出展となった。新しいアイデアと技術を求める企業や新製品の取り扱いを目指す企業等とのビジネスマッチングを目指す展示会。出展会社は自社の強み、魅力を発信し、来場者とのつながりから新しい価値を創造する。異業種との連携にも前向きな技術に自信のあるメーカーが多く出展している。その中から自動車部品分野で実績のあるメーカーの展示を取材した。

2018新価値創造展入場口 2018新価値創造展会場風景
2018新価値創造展
入場口
2018新価値創造展
会場風景

 

【ものづくり】関連レポート:
2018日本ダイカスト会議・展示会 (2018年11月)
JIMTOF2018:第29回日本国際工作機械見本市 (2018年11月)
2018名古屋プラスチック工業展:自動車部品の最新加工技術 (2018年11月)
自動車の軽量化を促進するプラスチック部品・材料 (2018年11月)
第5回燕三条ものづくりメッセ2018:刃物の町の自動車部品展開 (2018年11月)