インドオートエキスポ2018:Tata、Mahindra、欧州メーカーの展示

インドメーカーはSUVと電動モビリティに注力

2018/02/26

要約

 インドオートエキスポは、インド自動車工業会 (SIAM)、インド工業連盟 (CII)、インド自動車部品工業会 (ACMA)による共同開催で、2月7日から14日までGreater NoidaのIndia Expo Martで開催された。185,000平方メートルの展示ホールに、すべての主要自動車メーカーが出展していた。

 本稿は、Tata Motors、Mahindra & Mahindra、ならびに欧州メーカーが出展したコンセプトカーと、今後の計画などのリリース内容を報告する。Tataは、SUVのH5Xとスポーティハッチバックの45Xのコンセプトカー2車種を披露した。Mahindraは、双竜のSUVに自社ブランドを冠したG4 Rexton、TUV Stingerコンセプトを出展した。このほか、インドの2大カーメーカーは複数のEVモデルを展示していた。欧州メーカーは、Mercedes-Benz Concept EQ、BMW 6 Series Gran Turismo、Renault Trezor EVコンセプトなど、それぞれスポーツカーやEVのラグジュアリーモデルを出展した。

Mahindra プレスカンファレンス India Expo Martでの開幕セレモニー Renault Trezor プレスカンファレンス



関連レポート:
インドオートエキスポ2018:マルチ・スズキ、現代・起亜、ホンダ、トヨタの展示 (2018月2月)