PSA, Renault, Fiat, 欧州GM, 欧州Ford, Volvoの新型車装備

衝突被害軽減ブレーキや速度制限標識認識システムの搭載拡大

2014/01/14

要 約

Volvo XC60
多くの先進装備を搭載するVolvo XC60
フランクフルトモーターショー2013より

 以下は、PSA, Renault, Fiat, 欧州GM, 欧州Ford, Volvo が、2012年秋以降に欧州市場で発売した新型乗用車の主要装備の設定概要である。取り上げた新型車は合計11車種で、ブランド別ではPeugeot、Renault、Fiat、Opel/Vauxhallが各2車種、Citroen、Ford、Volvoが各1車種である。 対象とした新型車は小型車が多いが、衝突被害軽減ブレーキや速度制限標識認識システムなど、車載カメラやレーダーを使用した高度な運転支援装備の設定が拡大している。

 走行安定性装備では、コーナリング時に前輪左右の独立ブレーキを利用して各輪へのトルク配分を調整し、アンダーステアを抑えるTorque vectoring controlを小型SUVのFord Kugaが搭載。燃費向上装備では、エネルギー回生機構とアイドリングストップ機構 (Start/stop system) の設定が拡大した。

 視認性確保では、Peugeot 308がCセグメントでは世界初となるフルLEDヘッドランプを採用した。また、ヘッドランプのハイ/ロービームを自動切替するAuto high beam assistの設定が拡大。Volvo XC60は常時ハイビームで走行しながら、ヘッドライト内部のシェードを制御して周囲の車のドライバーを眩しくさせないActive high beam controlを設定した。

 運転支援装備では、速度制限標識を認識してディスプレイに表示するTraffic sign recognitionや衝突被害軽減ブレーキの設定が拡大。Volvo XC60は、自転車との衝突を回避する自転車検知機能付きオートブレーキシステムを設定した。なお、Euro NCAPの安全アセスメントでは、衝突被害軽減ブレーキと車線維持支援システムの搭載有無が、2014年から評価項目に追加される。

 利便性では、好みに応じて表示デザインが変更できる計器盤用の液晶ディスプレイをCitroen C4 PicassoとVolvo XC60が採用。PeugeotとFordの新型車は、エアバッグの作動を検知すると自動的に緊急通報するEmergency call systemを設定。欧州では2015年10月から、同システムの搭載が義務化される。

PSA, Renault, Fiat, 欧州GM, 欧州Ford, Volvo が新型車に設定した主な先進装備

(2012年秋以降に欧州発売した新型車)
走行安定性
(燃費向上を含む)
Torque Vectoring Control Ford Kuga
エネルギー回生機構 Renault Captur, Ford Kuga
Start/stop system Peugeot 2008/308, Citroen C4 Picasso, Opel Adam, Ford Kuga
視認性確保 LED headlights Peugeot 308
Auto high beam assist Citroen C4 Picasso, Opel Cascada, Volvo XC60
運転・駐車支援 Traffic sign recognition Opel Cascada, Ford Kuga, Volvo XC60
衝突被害軽減ブレーキ Peugeot 308, Fiat 500L Trekking, Opel Cascada,
Ford Kuga, Volvo XC60
自転車検知機能付き
フルオートブレーキシステム
Volvo XC60
快適性・利便性 Adaptive display Citroen C4 Picasso, Volvo XC60
Emergency call system Peugeot 2008/308, Ford Kuga

 
関連レポート:
新型車装備レポート:
 ・ドイツ3社の新型車装備 (2013年11月掲載)
 ・米国の新型車装備 (2013年8月掲載)
 ・日本の新型車装備 (2013年7月掲載) 
フランクフルトモーターショー:
 ・PSA、ルノー、Fiat、Volvoの展示取材 (2013年9月掲載)
 ・Opel、Fordの展示取材 (2013年10月掲載)
 ・BMW、VW、Daimlerの展示取材 (2013年9月掲載)