CATARC提携レポート 中国新エネルギー車動向 2015年1月

2014年12月生産は3万台弱に急増、中国自動車生産の新エネルギー車比率は1%を突破

2015/02/02

中国国内生産 (概要)

このレポートは北京CATARC科学技術センター*のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。


図1 電動車の車種別生産台数 (2014年1~12月)

 2014年12月の中国における電動車生産台数は前年同月比3.1倍増、前月比2.8倍増の28,012台(977台の鉛蓄電池搭載車は含まない)となり、過去最高を更新した。内訳はEVとPHV(新エネルギー車)が27,590台、HVが422台である。12月の電動車生産を車種別に見ると、乗用車は15,614台で55.7%、バスは10,242台で36.6%、特殊車両は2,156台で7.7%を占めた。2014年通年の新エネルギー車生産台数は8.49万台を記録した。

 新エネルギー車(EVおよびPHV)の12月生産は2万台を突破し、中国の自動車生産における新エネルギー車比率は1.3%となった。乗用車生産では、新エネルギー車(乗用EVおよびPHV)が0.8%を占めた。12月の新エネルギー車生産で最も拡大したのはEVバスで、生産台数は6,000台超と前月の5倍近くの規模となった。EVバスの次に拡大したEV特殊車両は前月比3倍超増加した。試験都市では建設および物流向けとしてEV特殊車両の採用を推進している。そのため、新エネルギー車におけるEV特殊車両比率は更に拡大すると考えられる。一方、新エネルギー車の対象から外れているHVは国からの補助金が受けられないため、HVの生産は減少傾向にある(図2を参照)。12月に生産されたHVはトヨタの合弁2社が85%を占めている。


図2 ハイブリッド車と新エネルギー車の生産比率推移
(2014年1~12月)

図3 新エネルギー車の車種別生産比率推移
(2014年1~12月)