カテゴリー別製品一覧

計測器・試験機

概要
株式会社遠藤製作所 ステンレス事業部
分析機 ③
3Dレーザー顕微鏡

レーザー画像
概要
株式会社遠藤製作所 ステンレス事業部
分析機 ④
3Dレーザー顕微鏡

3D高さ画像
概要
八和エレック株式会社 稲沢工場
三極針(三針ギャップ)
検査ライン、研究室で火花負荷、ノイズ発生装置として利用されています。



特に自動車メーカー様の需要あり

(トヨタ、ホンダ、海外自動車メーカーにて実績多数)
概要
東北電子産業 株式会社
輝度・スペクトルの測定にケミルミネッセンスアナライザー CLA-FS4
輝度・スペクトルの測定にケミルミネッセンスアナライザー CLA-FS4



サンプルからの極微弱光を高感度に測定し、初期の酸化劣化の検出が可能です。

輝度の他にもスペクトル測定が可能であらゆる用途の研究に活用できる標準品となります。
ATESTEOジャパン株式会社
フランジ型トルク計
ARESTEO社がパワートレイン試験のために開発した、高精度、高速回転、高耐久性の非接触型トルクフランジです。
速度センサと計測アンプを内蔵しているため、ステータから直接トルクと速度の計測値が出力されます。
定格トルクに対する限界過負荷や最高回転速度が高いため、ダイナミックな試験に好適です。
概要
株式会社島津製作所
酸素の消費状況をリアルタイムで「見える化」する燃料電池酸素濃度可視化装置 FC-O2モニタ -燃料電池の高性能化など研究開発を支援-
燃料電池酸素濃度可視化装置FC-O2モニタ FCM-405H-Oxy形は高性能酸素感応試薬と高速データ処理機能によって、燃料電池の正極で酸素がどのように消費されているかをリアルタイムに把握できるようにした装置です。

酸素の利用状況から反応がスムーズにおこなわれているかを確認し、燃料電池の問題点や性能向上の手掛かりを探ったり、構造や材質、発電条件等の最適化を図ったりするなど燃料電池の研究開発にご活用いただけます。
概要
株式会社テクニカルサポート
EMoTS-03 回転加振ダイナモ エンジントルク変動を再現
エンジントルク変動(アイドルストップ 空吹かし エンジンブレーキ アイドリング ミスファイヤ)を再現。低慣性モータと高応答インバータの組合せでトルク応答500Hzを実現。NVH試験、共振状態の再現試験も可能。
http://www.t-support.co.jp/
概要
株式会社テクニカルサポート
EMoTS-01 車載モータの評価・解析
高速ダイナモ、バッテリシミュレータとインバータシミュレータをLabVIEWで統括制御。安全、簡単、迅速に供試モータのパラメータ同定、データ収集が可能。
http://www.t-support.co.jp/RandD_support/?mode=detail&article=6
概要
コニカミノルタ株式会社
二次元色彩輝度計製品ラインナップ拡充のご案内!
昨年、ラジアント・ビジョンシステムズ社(Radiant社)がコニカミノルタグループに新たに仲間入りをしました。既にコニカミノルタグループの一員のインスツルメントシステムズ社(IS社)と共に二次元の輝度計測器のラインナップがより拡充しました。
IS社製二次元色彩輝度計LumiCam1300シリーズ、Radiant社製ProMetricシリーズは欧米のヘッドランプ、計器パネル関連の規定に則した測定が可能です。LumiCam1300シリーズでは『Black Mura』、ProMetricシリーズでは『ヘッドランプ評価モジュールとの組合せで、欧米基準の『ヘッドライト解析』が可能です。
概要
株式会社クオルテック
高分解能X線CT装置による構造・解析
 半導体は高性能化、小型化、多ピン化に伴い、WL-CSP、MCP、SCSPなどの複数個のチップを1つのパッケージに搭載する技術が主流となっています。一方、電子機器では、内部構造の複雑化に伴い、ブラックボックス化が進んでいます。
 複雑化した半導体や電子機器において、内部構造を詳細に解析する手段として、X線CTがあります。クオルテックでは世界トップクラスの性能を持つ高分解能X線CT装置を導入して、各種半導体デバイス、モジュール、電子機器の構造・不良解析に加え、高度な画像処理により、3D映像化することで、より精度の高い観察ができます。
概要
日本キスラー株式会社
加工面の仕上がり精度が向上!ホーニング加工の最適化制御
優れた応答性および高い剛性を有する水晶圧電式力センサは、エンジンのシリンダボアなどをホーニング加工する際に発生する加工力を正確に測定、その加工力の情報を基にプロセスの最適化制御を実現します。
概要
日本キスラー株式会社
使用工具の摩耗を把握し、破損を未然に防ぐ!プリント基板の微小径穴加工時の切削抵抗測定
プリント基板の微小径穴加工にはφ1以下の微小径ドリルが使用されます。
膨大な微小径穴を加工する場合は高速・高送りが一般的なため、使用される工具の摩耗を把握し、破損を未然に防ぐことが重要です。その指標として、工具に掛かる切削抵抗を測定することが必要です。
水晶圧電式切削動力計は、高応答・高分解能と共に微小な切削抵抗測定が可能で、この指標を測定するための要件を満たしています。
概要
日本キスラー株式会社
回転工具にかかる切削抵抗を直接測定!フライス加工時の切削抵抗測定
機械加工技術の発展段階において、その代表的な加工方法としてのフライス加工の加工現象を詳細に観察または測定する技術が必要です。そのような加工技術の発展と向上は具体的な数値の裏付けなくしてはあり得ません。
加工に関わる様々な要件(切削条件、工具形状・材質、切削剤等)は切削抵抗の大小を決定する要素の一部となり、逆に切削抵抗の大小を指標として加工の最適化を図ることが可能となります。このような切削抵抗を具体的に正確に測定する手法として4成分回転式切削動力計を用いることが最も有効とされています。
キスラーの水晶圧電式切削動力計は、もはや業界標準と呼ばれるほどに多くの企業や研究機関で選ばれ、研究開発に貢献し続けています。
概要
日本キスラー株式会社
キスラーが提案する新しいインダミーDASシステム ~ DTIテクノロジー~
日々進歩する自動車の安全性能。
衝突試験は近年、より複雑化し、多チャンネル計測が要求されています。人体ダミーにおける多チャンネル計測は、発熱・ケーブル質量、またハンドリングに影響します。キスラーが提案する新しいDTIテクノロジーは、人体ダミーの多チャンネル計測に伴うお客様の諸問題を解決し、お客様へ新たな利点を提供します。
概要
株式会社島津製作所
外部EGRシステム搭載エンジンにおける吸気側の酸素/二酸化炭素を高速モニタリング ~ 一瞬の変化をとらえる「EGR-chaser」 ~
高速応答ガスモニタ「EGR-chaser」は、外部EGRシステムの搭載によってますます複雑になるエンジン吸気側のガス状態において、高速にモニタリングする手段を提供します。

<適用例>
■ EGR率の詳細評価
■ ポンピングロスの評価
■ トランジェント時の吸気ガス中酸素濃度および二酸化炭素濃度評価
■ 吸気ガスの気筒間分配の評価
概要
株式会社島津製作所
燃焼計測に新たなアプローチを提供するエンジン燃焼発光計測用 光プローブ「ExDop」- 燃焼の光計測をより身近に -
エンジン燃焼発光計測用 光プローブ「ExDop(エックスドップ)」は、高圧・高温・高振動と過酷な条件にあるエンジン筒内から手軽に安定して燃焼光を取り出す手段を提供します。

自動車のみならず、船舶・産業用車両・発電機など幅広い分野のエンジン開発において、燃焼効率の向上、低エミッション化の推進、シミュレーションの検証の効率化に貢献します。

光計測は、高速応答性という特徴を有し、燃焼状態の変化を瞬時に捉えることができます。
従来の圧力(指圧)計測や排ガス測定とは異なるアプローチで燃焼の評価が可能です。

本製品は,2014年“超”モノづくり部品大賞の『自動車部品賞』を受賞しました。
概要
コニカミノルタ株式会社
光沢など、5種類の外観品質特性を同時測定!『Rhopoint IQシリーズ』のご紹介!
コニカミノルタ株式会社は、先端技術を駆使した小型・軽量のアピアランスアナライザー
『Rhopoint(ローポイント)IQシリーズ』(英国Rhopoint Instruments社)の取扱
いを開始いたしました。本シリーズは、光沢など5種類の外観品質特性を同時に測定。
従来の光沢計ではできなかった反射特性や表面状態の評価が可能です。自動車の外装、
内装、小物パーツなどの塗装、コーティングの表面状態の評価に最適です。
エスオーエル株式会社
X線CTで非破壊寸法測定!形状測定だけでなく、寸法測定や幾何公差測定までできるWerth社製X線CT「Tomo Scope」のご案内
◇装置の特長
・金属と樹脂の複合素材品の測定ができる!
・X線CTスキャンで形状測定だけでなく、寸法測定や幾何公差測定までできる!
・業界最高レベルの寸法測定精度を保証!※Dakks認証取得
・複合材質品だけでなく、樹脂や金属でも高精度に測定が可能!


◇◆◇◆◇◆デモを随時受け付けております◆◇◆◇◆◇
被測定物の形状が複雑であればあるほど、今までにないその性能を実証致します。
まずはお問い合わせください。

弊社HPのTomoScopeサテライトページにてサンプル測定例などご覧になれます。
カタログダウンロードもこちらからどうぞ!
http://tomoscope.com/
株式会社エヌエスティー
対歩行者性能試験に準拠したAEB(自動緊急ブレーキ)の性能評価装置
ユーロNCAP(ヨーロッパで実施されている自動車安全テスト)では、現行の耐車両評価試験に加え、2016年からは耐歩行者性能試験も追加される予定です。
弊社のAEB評価装置は、耐歩行者性能試験に準拠した性能試験を行うことができるAEB(自動緊急ブレーキ)性能評価装置です。

■自動車の走行に合わせて歩行者ダミー人形を走行軌道上に飛び出させることで、自動車に装備されるAEB(自動緊急ブレーキ)の性能を評価します。

■本装置の制御モードは、自動/手動/メンテナンスモードの3つです。

<AEB性能評価装置 製品情報URL>
http://www.nst-co.com/category/AEB-test/
株式会社エヌエスティー
今までにない新しい計測方法で、レゾルバ調整をもっと簡単に!
モータを手回しするだけでレゾルバの取付角度を計測できます。
さらにリアルタイムで角度が画面表示されるので、画面を見ながらの調整が可能です。
■レゾルバ取付角度計測
■モータとレゾルバの角度ズレ計測(位相計測)
■モータ固定機能(通電ロック)

<レゾルバ取付角度計測器 製品情報URL>
http://www.nst-co.com/category/rm-100/index.html
東京貿易テクノシステム株式会社
パイプ検査時間はダントツトップ!非接触パイプ検査装置 TubeInspect
瞬時にパイプの曲げを非接触で検査することが可能なシステム
パイプの検査では、パイプの形状ごとに治具を用意し、熟練者がパイプ検査・パイプベンダーへの修正をかけるという作業が一般的に行われています。TubeInspectならば誰でも簡単にすばやい検査ができ、同じ結果が出せます。さらに、ベンディングマシンのセットアップ時間を大幅に削減することにより、早い段階で投資対効果を見込むことができます。
概要
株式会社富士テクニカルリサーチ
ひずみと温度の分布型光ファイバセンシングシステム『FBI-Gauge』
光ファイバをセンサとして活用した、ひずみと温度のセンシングシステムです。光ファイバに沿って連続的に計測できるため、点計測だけでなく連続的で広範囲な線・面計測が可能です。この分布型センシングシステムを活用することにより、ひずみと温度の「ピーク位置」及び「勾配」の検出が可能となります。また、多彩なデータ処理機能、とりわけ3次元での評価機能を充実させているので、計測から結果の出力及び可視化までを行うことができます。
概要
コニカミノルタ株式会社
新機能による正確無比な色度精度と多重露光による明暗部同時測定
コニカミノルタグループのインスツルメントシステムズ社(IS社)は、分光器や輝度計など光測定器の上級機種を中心に世界的に高い評価を得ており、自動車業界や国家標準機関、LEDメーカー等に採用されています。この度、欧米の自動車関連メーカーではヘッドランプ、計器パネルの測定・評価機器として地位を確立している、IS社製二次元色彩輝度計LumiCam1300Colorの上位機種として、『LumiCam1300Advanced』を発売致します。
高精度が特長の『LumiCam1300Advanced』につきまして、ご紹介致します。
株式会社トプコンテクノハウス
ヘッドランプ、テールランプなどの信号・標識灯やHUD、インパネの高精度評価が可能な分光放射計SR-LEDW/SR-UL1R
“モノ作り”産業の中でも、より高い品質が求められる自動車関連部品の評価・検査工程において、国内外大手自動車メーカ及び部品供給メーカ等に数多くの採用実績があります。
概要
コニカミノルタ株式会社
ヘッドランプ、計器パネル向け 二次元色彩輝度計LumiCam1300のご紹介
コニカミノルタグループのInstrument Systems社(IS社)は、分光器や輝度計など光測定器の上級機種を中心に世界的に高い評価を得ており、自動車業界や国家標準機関、LEDメーカー等に採用されています。今回、欧米の自動車関連メーカーではヘッドランプ、計器パネルの測定・評価機器として地位を確立している、IS社製二次元色彩輝度計LumiCam1300をご紹介します。
概要
株式会社島津製作所
従来比1.5倍の高精度測定を実現した「カルニュー精密屈折計 KPR-3000」~ 透明素材(ガラス・樹脂・液体)の開発・品質管理に有用 ~
近年,光学ユニットに求められる性能,品質は日々厳しくなっています。これら要求にこたえるために,使用するレンズの屈折率を管理する事が需要な要因の1つです。
モールドガラス,樹脂レンズは,素材は同一でも成形条件やアニール条件により,屈折率が大きく変動します。そのため,量産時、レンズ屈折率の個体差を把握する事は,極めて重要となります。

精密屈折計KPR-3000は,簡単かつ高精度な屈折率測定を実現するVブロック式を世界で唯一採用しているKPRシリーズのフラッグシップ機です。
概要
株式会社島津製作所
汎用性の高いアッベ式と高精度測定のVブロック式を選べる「カルニュー精密屈折計 KPR-30」~ ガラス・樹脂・フィルム・液体など幅広い試料を多彩な条件で測定 ~
近年,光学ユニットに求められる性能,品質は日々厳しくなっています。これら要求にこたえるために,使用するレンズの屈折率を管理する事が重要な要因の1つです。
モールドガラス,樹脂レンズは,素材は同一でも成形条件やアニール条件により,屈折率が大きく変動します。そのため,量産時、レンズ屈折率の個体差を把握する事は,極めて重要となります。

精密屈折計KPR-30は,簡単な部品交換することで一般的なアッベ式と簡単かつ高精度な測定ができるVブロック式を切り替えて使用できる利便性を持ち合わせた屈折計です。
株式会社計測技術研究所
急速充電器やHDC(高電圧出力DC/DCコンバータ)など各種コンバータの負荷試験に最適です!
34300シリーズはコンパクト一体型の直流電子負荷装置であり、最小5kWから最大40kWまでの8機種をラインナップ しております。 定格電圧1000Vとなっており、高電圧が必要とされるスマー トグリッド環境の各種試験やカーエレクトロニクス、及び PFC回路の試験に最適です。
株式会社計測技術研究所
急速充電器やHDC(高電圧出力DC/DCコンバータ)など各種コンバータの負荷試験に最適です!
34200シリーズはコンパクト一体型の直流電子負荷装置であり、最小5kWから最大30kWまでの6機種をラインナップ しております。
定格電圧600Vとなっており、高電圧が必要とされるスマー トグリッド環境の各種試験やカーエレクトロニクス、及びPFC回路の試験に最適です。
株式会社計測技術研究所
車載用各種コンバータの負荷試験に最適です!
Load Stationシリーズハイエンド多機能電子負荷装置(1000W)は、120V / 500Vの2機種をラインナップしており、見やすい大型LCDとロータリーノブを装備し、電子負荷単体で過電流保護特性グラフ取得なども可能な多機能電子負荷です。