猟豹汽車、長沙工場の操業開始と新エネルギー車のラインオフ式を実施  [ 中国 ]

・広州汽車集団傘下の猟豹汽車は8日、湖南省の長沙工場の操業開始と新エネルギー車(NEV)のラインオフ式を実施したと発表した。今回ラインオフしたのは、小型SUVの「猟豹(Liebao) CS9」の電気自動車(EV)モデル「猟豹CS9 EV」。
・車体サイズは、全長4,315×全幅1,840×全高1,650mmで、軸距は2,600mm。
・「猟豹CS9 EV」には最高出力90kWのモーターを搭載し、48.18kWhのバッテリーセットを組み合わせる。最高時速は130km、総合モードでの航続可能距離は255km、等速モードでの最大航続可能距離は310km。
猟豹汽車プレスリリースをみる

<2017年12月12日(火)>