イラン・ホドロ、アゼイバイジャン生産について調印  [ アゼルバイジャン ] [ イラン ]

・イラン・ホドロは7日、イランとアゼルバイジャン政府の関係大臣の臨席のもと、アゼルバイジャンにおける生産ライン設置にむけて調印したと発表した。・2017年上半期にアゼルバイジャン東部のNaftchalehで、「デーナ(Dena)」、「ルンナ(Runna)」、「サマンド(Samand)」、「ソレン(Soren)」の生産を開始し、中央アジア諸国向けの輸出ハブとする計画。・生産ライン開設にはアゼルバイジャン側が1,400万ドルを投資、IKCOは技術や運用についての技術を提供するとされる。また、イラン国内での生産や技術的なトレーニングを実施する用意ができているという。・新設される生産拠点は10ヘ...
<2016年08月08日(月)>
おすすめコンテンツ