NHTSA、タカタ製エアバッグ不具合の即時改修を警告  [ 米国 ]

・NHTSAは21日、タカタの不良助手席エアバッグが搭載されたトヨタ、ホンダ、マツダ、BMW、日産、三菱、スバル、クライスラー、フォードとGMのオーナーで、リコール通知を受け取った人はただちにエアバッグを交換するように警告した。・タカタのエアバッグは、爆発時に金属片を飛ばし助手席乗員や運転手に火傷や重傷を負わせる可能性があるという。 高い湿度がエアバッグの火薬に影響すること、また装着時に圧力をかけ過ぎるとケースにひび割れが生じてしまうことが原因と考えられている。・特に湿度の高い地域である、フロリダ、プエルトリコ、テキサスのメキシコ湾岸、アラバマ、ミシシッピ、ジョージア、ルイジアナ、グアム...
<2014年10月23日(木)>