デトロイトモーターショー2019:欧米メーカーの展示取材

米国OEMはクロスオーバー、ユーティリティ車、トラックへの重点志向が続く

2019/03/04

要約

Ford Explorer
Ford Explorer

  北米国際自動車ショー(NAIAS: North American International Auto Show)が2019年1月14日から27日までミシガン州デトロイトで開催された(一般公開は19日から)。期間中の参加者は77万4,179名で前年より3万5,000名減少した。最初の週末にデトロイト市街を暴風雪が襲ったため、その期間の出足が前年より3万3,000名落ち込んだ。

  参加者数が全てとは言わないが、近年のNAIASは低落傾向にある。直前に開催されるCESの関係者と自動車メーカーが、新製品発表の注目を分散させたがらないためだ。去年の新車発表が69モデルだったのに対し、今年は30モデルに留まった。ここ数年参加を見合わせてきたPorsche、Jaguar、Volvoに加え、今年はAudi、BMW、Mercedes-Benzも姿を消した。この状況を受けて、主催者のデトロイト自動車販売店協会(Detroit Auto Dealers Association)は2020年からモーターショーの開催時期を6月に変更すると発表した。

  2018年にGMとFordが発表した車種再編を受けて、米OEMではユーティリティ車とトラックへの重点志向が続いている。Fordは次世代Explorerの高性能タイプとハイブリッドタイプを披露した。GMはセダンからのシフトを象徴する中型クロスオーバーのCadillac XT6を公開した。FCAは2018年に登場したRam 1500をベースにしたRam Heavy Dutyを発表した。この3社とは対照的に、VWはセダンセグメントに重点を置き、米国市場に向けてPassatを投入した。

  本編はNAIAS 2019で展示された主なモデルを紹介するレポートの第1部で、欧米のOEM、特にFord、GM、FCA、VWを取り上げた。第2部ではアジアのOEMの発表内容を掲載する予定。

 

関連レポート:
CES 2019:OEM各社の市場投入モデル (2019年2月)
GM:北米5工場での生産を中止、14,000人を削減 (2019年1月)
OEM各社の米国事業動向 (2018年12月)
North American International Auto Show 2018
デトロイトモーターショー2018:米国メーカーの展示取材
デトロイトモーターショー2018:欧州メーカーの展示取材
デトロイトモーターショー2018:アジアメーカーの展示取材



Ford:新型ExplorerとLincoln AviatorでSUVを強化

  Fordは新型「Explorer」のデビューに焦点を当て、ラインナップ再編を強調した。モーターショーの期間中と終了後になされた一連の発表でも、再編の方向性が裏付けられている。1月14日、FordとVWはグローバルでの提携を発表し、全世界へのピックアップトラック供給と、欧州への商用バン供給で協力を表明した。両社は電気自動車、自動運転車、モビリティソリューションでも連携する。2月7日にはFordからシカゴの組立・スタンピング工場に対する10億ドルの投資が発表された。Ford Explorer、Lincoln Aviator、Police Interceptor Utilityの生産能力を拡大する。

 

2020 Ford Explorer SUV

  Fordは今回のNAIASで、米SUVのベストセラーであるExplorerの次世代モデルを披露した。第6世代Explorerは前世代に比べてパワー・技術レベル・機能性が向上している。後輪駆動アーキテクチャのおかげで、切り立ったルーフラインと短いフロント・オーバーハングを持つ低重心で精悍な外観となった。ただし黒のAピラーとDピラー等、特徴的な外観は踏襲された。可倒式の3列目シートと2列目のE-Zエントリーシートを折りたたむと、荷物スペースは87.8立方フィートとなる。

Ford Explorer Ford Explorer interior
Ford Explorer Ford Explorer 内装

 

  ベースグレードのExplorerには2種類のEcoBoostエンジンが用意されている。標準の2.3L直4ターボエンジンは最大出力300hp・最大トルク310lb-ft、オプションの3.0L V6ツインターボエンジンは最大出力365hp・最大トルク380lb-ftである。どちらにも新型10速オートマチック・トランスミッションが組み合わされる。3.0L V6 EcoBoostエンジンをチューニングした「Explorer ST」の最大出力は400hp、最大トルクは415 lb-ft。「Explorer Hybrid」は3.3Lハイブリッド・パワートレインを搭載し、最大出力318hp、航続距離は500マイル。後輪駆動モデルには5種類、4輪駆動モデルには7種類の運転モードが用意されている。

Ford Explorer ST Ford Explorer Hybrid cutaway
Ford Explorer ST Ford Explorer Hybrid カットモデル

 

  安全面では、ボタンを押すだけで自動的に駐車するActive Park Assist 2.0がオプションで用意されている。スピード標識認識システム(Speed Sign Recognition)付インテリジェント・アダプティブ・クルーズコントロール(Intelligent Adaptive Cruise Control)もオプションで、制限速度に合わせて車速を自動調整する。先進運転支援システムCo-Pilot360は標準装備で、自動緊急ブレーキ付衝突回避アシスト(Pre-Collision Assist with Automatic Emergency Braking)、死角情報システム(Blind Spot Information System)、車線維持システム(Lane-Keeping System)が搭載される。車両へのリモートアクセス機能と4G LTE Wi-Fiスポットを提供するFordPass Connectも標準装備である。隔壁を2重にしたダッシュボードと遮音ガラスで室内の騒音を低減した。10.1インチタッチスクリーン付センタースタックと12.3インチのデジタルインストルメントクラスターもオプションで用意されている。

  2020年型Ford Explorerはシカゴ組立工場で生産され、2019年夏に出荷予定。価格は3万2,765ドルから。

 

2020 Lincoln Aviator Mid-size SUV

Lincoln Aviator
Lincoln Aviator

  2018年のロサンゼルス・オートショーでデビューしたLincoln Aviatorは、先進技術を搭載した中型ラグジュアリーカーである。パワートレインの選択肢にラグジュアリーカーの証が表れている。標準のパワートレインは3.0L V6ツインターボエンジンと10速オートマチック・トランスミッションの組み合わせで、最大出力400hp、最大トルク400lb-ftを発生する。「Aviator Grand Touring」はツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド・パワートレインを備え、最大出力450hp、最大トルク600 lb-ftである。リチウムイオン電池は床下に置かれ、足元と荷室のスペースを確保している。

  Aviatorの先進技術は快適性・利便性・安全性を向上させた。Lincoln WayアプリのPhone As A Key技術は、スマートフォンのデジタルキーを用いた駐車位置特定・施錠・トランク開口・エンジン始動と運転を可能にした。路面予測機能付きアダプティブ・サスペンション(Adaptive Suspension with Road Preview)は、前方カメラで道路の凹凸を検知し、衝撃を最小限にするようサスペンションを調節する。標準装備のLincoln Co-Pilot360には、改良型アダプティブ・オートクルーズ用渋滞アシスト(Traffic Jam Assist)、低速車両衝突回避アシスト(Evasive Steering Assist)、自動駐車アシスト(Active Park Assist Plus)が備わっている。

  快適性の面では、フロントシートに30通りの調節機能とマッサージ・ランバーサポート機能を与えるPerfect Positionシートがオプションで用意されている。同じくオプションのRevel Ultima 3Dオーディオシステムを付ければ28個のスピーカーによる没入型サウンドを体験できる。ドライバーが近づくとAviatorは自動でサスペンションを調節して、あたかも挨拶するように車高を下げ、同時に荷物の積み下ろしを楽にする。室内の随所に電源コンセントがあり、Wi-Fiホットスポットも標準装備される。

  Lincoln AviatorはFord Explorerと同様、シカゴ組立工場で生産され、2019年夏に出荷される。

 

2020 Ford Shelby Mustang GT500 Sports Car

Ford Shelby Mustang GT500
Ford Shelby Mustang GT500

  Fordは公道走行可能な車としては同社最強の「Shelby Mustang GT500」を発表した。5.2Lスーパーチャージャー付アルミ製V8エンジンは700hp以上をたたき出す。シリンダーブロック・ボア・ストロークはGT350と共通だが、ブロックとヘッド構造の変更、オイル量と冷却能力の向上、クロスプレーン・クランクの採用により出力が増大した。同エンジンに7速デュアルクラッチ・トランスミッションTremecが組み合わせ、0.1秒以下で変速可能。多彩な運転モード(ノーマル・スリップリー・スポーツ・ドラッグ・トラック)をサポートする。

  Shelby Mustang GT500は性能を最大限引き出すために、空力性能やサーマルマネジメントの設計で様々な工夫を凝らしている。フロント開口部を追加した2重フロントグリルで空気取込量を増やすと共に、リアディフューザーに複合材を用いることで、サーマルマネジメント性能を向上した。6つの熱交換器で冷却パックの空気流量を50%以上増やした。取り外し可能なアルミ製レイントレーを持つ31x28インチのルーバー付きフードベントは、ダウンフォースを増幅し、空気の流れを改善している。

5.2-liter V8 engine Tremec 7-speed dual-clutch transmission
Shelby Mustang GT500の5.2L V8エンジン Shelby Mustang GT500の7速デュアルクラッチ・トランスミッション

 

  2020年型「Shelby Mustang GT500」はFlat Rock組立工場で生産され、2019年秋に発売される。



GM:Cadillac XT6とChevrolet Blazerでクロスオーバーにシフト

  Fordと同様に2018年に大幅な車種再編を発表したGMも、セダンから大型車にラインナップをシフトした。GMの展示全体の中で目立ったのは、初披露した「Cadillac  XT6」と2018年に投入した「Chevrolet Silverado」。2018年と対照的に、NAIASでGMが記者会見を開いたブランドはCadillacのみであった。

 

2020 Cadillac XT6 Premium Mid-size Crossover

  Cadillac のクロスオーバー・ラインナップを充実させるために設計されたモデルが、今回のショーで披露された「XT6」である。性能重視のSportトリムと豪華さ重視のPremium Luxuryトリムが用意されている。どちらも3.6L DOHC V6エンジンを搭載し、9速オートマチック・トランスミッションとの組み合わせで、最大出力310hp、最大トルク271lb-ftを発生する。アクティブ燃料管理システム(Active Fuel Management)により燃費が向上し、V4エンジンのような動作を可能にした。Sportトリムは4輪駆動が標準で、連続ダンピング制御と素早く反応するステアリングギヤ比を備える。静かな室内が特長のPremium Luxuryトリムでは、4輪駆動はオプションとなる。

Cadillac XT6
Cadillac XT6

  Cadillac を象徴するXT6には様々な運転支援技術が盛り込まれている。標準で自動緊急ブレーキ(Automatic Emergency Braking)、車線逸脱警告付車線維持アシスト(Lane Keep Assist with Lane Departure Warning)、後退時安全確認警告(Rear Cross Traffic Alert)が装備される。性能と利便性を向上させる、先進アダプティブ・クルーズコントロール、高精細サラウンドビジョン、サラウンドビジョンレコーダー、ブレーキ付自動駐車アシストシステム(Automatic Parking Assist system with braking)がオプションで用意されている。

  Cadillac XT6には新バージョンのインフォテインメントシステム「Cadillac User Experience」が搭載された。インターフェイスと制御方法が新しくなっている。近距離無線通信(NFC)でスマートフォンとクルマを接続でき、ジョグ機能付きロータリーコントローラーのノブを傾けるだけで簡単かつ直観的にナビ操作ができる。GM車同士がクラウド上で共有できるユーザープロファイル、4G LTE Wi-Fiホットスポット、Apple CarPlay・Android Auto互換といった接続機能もオプションで用意されている。

  2020年型Cadillac XT6はテネシー州Spring Hill工場で生産され、2019年春に発売される。

 

2019 Chevrolet Blazer Mid-size Crossover

  2018年6月にアトランタの内覧会で姿を現した「Chevrolet Blazer」は、シボレーブランドのSUVとクロスオーバーのラインナップを強化するもので、「Equinox」と「Traverse」の中間に位置する。Chevrolet Blazerのトリムは4種類で、それぞれエクステリアが若干異なる。例えば「Premier」のエクステリアはクロム、「RS」は黒である。どのトリムでも、2列目シートを折り畳むと最大64.2立方フィートの荷物スペースができる。PremierとRSにはレールと荷物仕切板が付いたカーゴ・マネジメントシステムが備わる。

Chevrolet Blazer Chevrolet Blazer trunk
Chevrolet Blazer Chevrolet Blazer トランク


  エンジンは、最大出力193hp、最大トルク188 lb-ftの2.5L直4と、最大出力305hp、最大トルク269 lb-ftの3.6L V6から選ぶことができる。どちらもインテリジェントスタート/ストップ技術がついた直噴式で、9速オートマチック・トランスミッションと組み合わされる。PremierとRSではツインクラッチ4輪駆動が標準だが、他の2トリムでは前輪駆動が標準となる。トラクション選択技術が標準装備され、路面状況に応じた様々な運転モードを選ぶことができる。

Chevrolet Blazer interior
Chevrolet Blazer 内装

  Chevrolet Blazerでは8インチのカラータッチスクリーンを持つインフォテインメントシステム「Chevrolet Infotainment 3」が標準装備される。PremierとRSではナビとリモートスタートシステムも付く。Chevrolet InfotainmentはApple CarPlayとAndroid Auto双方をサポートし、4G LTE Wi-Fiも提供可能。安全面では高精度リアビジョンカメラと乗員検知システム(Passenger Sensing System)が標準装備となる。「Premier」と「RS」の運転支援システムは車線変更警告(Lane Change Alert)、後退時安全確認警告(Rear Cross Traffic Alert)、バック駐車アシスト(Rear Park Assist)が標準で、アダプティブ・クルーズコントロールと前進自動ブレーキ(Forward Automatic Braking)はオプションとなる。

  2019年型Chevrolet Blazerはメキシコ・コアウイラ州Ramos Arizpe工場で生産される。既に入手可能で価格は2万9,995ドルから。

 

2019 GMC Sierra Full-size Pickup Truck

  2018年3月にデトロイトで発表されたGMC Sierraは、2018年のNAIASで発表されたChevrolet Silveradoの兄弟車であり、両モデルは多くの特徴を共有している。Silveradoと同じくSierraでも、4.3L V6、5.3L V8、2.7L 直4ターボ、6.2L V8、3.0L 直6ターボディーゼルからパワートレインを選ぶことができる。3種類のオートマチック・トランスミッションがあり、4.3Lには6速、2.7Lには8速、5.3Lには6速か8速、6.2Lと3.0Lには10速を組み合わせることができる。

GMC Sierra GMC Sierra interior
GMC Sierra GMC Sierra 内装

  SierraとSilveradoの最大の違いは荷台とテールゲートにある。Sierraでは軽量化と同時に、強度と薬品耐性を向上させた業務用カーボンファイバー荷台がオプションで選べる。6通りに変形できる分割折りたたみ式テールゲート「MultiPro Tailgate」も付いている。積み下ろしを簡単にできるように折りたたんだり、長尺品が飛び出さないよう端を立てたり、積み重ねて立作業の作業台にすることができる。

GMC Sierra MultiPro Tailgate GMC Sierra MultiPro Tailgate
GMC Sierra MultiPro Tailgate GMC Sierra MultiPro Tailgate


  先進技術のオプションにも違いがある。Sierraでは通常のバックミラーとカメラスクリーンを切り替えるRear Camera Mirrorが付けられる。多色ヘッドアップディスプレイも用意されている。その他のオプションにはAdaptive Ride ControlやProGrade Trailering Systemがある。後者はタイヤ圧モニターや連結ガイドのようなトレーラー技術を提供する。

  GMC Sierraはインディアナ州Fort Wayne工場で生産される。価格は3万7,800ドルから。



FCA:Ram 1500を強化してRam Heavy Dutyに

  FCAからはフルサイズ・ピックアップトラックの「Ram Heavy Duty」が初登場し、複数のトリムが展示された。前年登場した「Ram 1500」も比較のため展示され、Ram Heavy Dutyの性能・技術向上を際立たせていた。

 

2019 Ram Heavy Duty Full-size Pickup Truck

  初登場のRam Heavy DutyはRam 1500の性能向上を図ったもので、このセグメントでは最も強力で高性能なピックアップである。特に最大トルクはピックアップとして初めて1,000lb-ftに達した。(オプションの6.7L直6ターボディーゼルエンジンの場合。最大出力は400hp)。他に最大出力370hp、最大トルク850lb-ftの6.7Lエンジンと、最大出力410hp、最大トルク429lb-ftの標準6.4L V8エンジンが選べる。6.7Lターボディーゼルエンジンは6速、V8エンジンは8速のオートマチック・トランスミッションと組み合わされる。

Ram Heavy Duty (3500) Ram Heavy Duty cargo bed
Ram Heavy Duty (3500) Ram Heavy Duty 荷台

 

  Ram Heavy Dutyの牽引能力と積載重量はクラス最高で、それぞれ3万5,100ポンド、7,680ポンドとなる。フレームは98.5%高張力鋼で、積載量アップ、軽量化、ねじれ剛性強化を実現した。フレーム、パワートレイン、フードに軽量材を使うことで、前型に比べ143ポンドの軽量化を達成している。振動数応答ダンピング(Frequency Response Damping)により乗り心地が大幅に向上した。オプションの後部エアサスペンションは低床(Bed Lowering)、標準(Normal)、牽引(Trailer-Tow)の各用途に対応する。

Ram Heavy Duty interior (2500)
Ram Heavy Duty (2500) 内装

  Ram Heavy Dutyの先進技術は牽引・積載機能の支援に焦点を当てている。タイヤ圧モニターシステムは、自身のタイヤに加え最大12本のトレーラータイヤを監視できる。カーゴビューカメラで荷台の監視もできる。オプションの360度サラウンドビューカメラにはトレーラー後進ガイド機能がある。トレーラーの両サイドを1つのディスプレイで見ることができ、難しいバック運転をアシストする。ナビ付のインフォテインメントUConnect4Cが標準装備され、12インチのタッチスクリーンは画面分割できる。 

  2019年型「Ram Heavy Duty」は2019年春に発売予定。FCAのメキシコ・コアウイラ州Saltilloトラック組立工場で生産される。

 

 



VW:新型Passatでセダンに注力

  VWは米国市場において存在感を高める努力に焦点を当てた。記者会見では新型Passat以外にも、同社の米国内での活動が紹介された。テネシー州Chattanooga新工場に8億ドルを投じて、2022年までに電気自動車を生産する予定も発表した。電動クロスオーバー・コンセプトカー「IDクロス(ID Crozz)」の量産モデルを組み立てる予定。米国に溶け込むための社会活動として、2022年まで米国サッカー協会のスポンサーとなることも公表した。

 

2020 Volkswagen Passat Mid-size Sedan

Volkswagen Passat lineup
Volkswagen Passat lineup

  米国メーカーが国内の大型車市場にシフトする中、VWは2020年型「Passat」投入でセダンセグメント重視の姿勢を見せた。米国市場に向けた2代目「Passat」は、進化した技術と新しいエクステリアが特徴である。2.0L直4ターボエンジンに変更はなく最大出力は174hpのままだが、新しいトルクコンバーターとソフトウェアのおかげで最大トルクは207lb-ftに向上した。6速オートマチック・トランスミッションと組み合わせる。駆動方式は前輪駆動。

  Passatはクーペ風のルーフラインや新グリル等エクステリアのデザインを見直すことで、よりスポーティな外観となった。スリムなLEDのヘッドランプとテールランプが標準で、アグレッシブな表情を引き立てている。モダンなインテリアでは快適性と利便性を重視した。ヒーター付き前後シート、2ゾーンエアコン、アダプティブ・ヘッドランプシステム、キーレスエントリー、音声コントロールがオプションで取り付け可能。

Volkswagen Passat Volkswagen Passat interior
Volkswagen Passat Volkswagen Passat 内装

 

  強化ガラス画面タッチスクリーンが付いたMIB IIインフォテインメントシステムも標準装備される。Apple CarPlay、Android Auto、MirrorLinkが全てサポートされる。歩行者モニター付フロントアシスト(Front Assist with Pedestrian Monitoring)、死角モニター(Blind Spot Monitoring)、リア・トラフィック・アラート(Rear Traffic Alert)等の先進運転アシストが標準装備される。アダプティブ・クルーズコントロールのほか、ふらつきが始まると元の車線に戻すようハンドルを切る車線維持アシスト(Lane Keeping Assist)、駐車操舵アシスト(Parking Steering Assistant)はオプションで用意される。

  2020年型Passatはテネシー州Chattanooga工場で生産され、米国発売は2019年夏の予定。


------------------
キーワード:
NAIAS、NAIAS2019、モーターショー、FCA、Ford、GM、Volkswagen

<自動車産業ポータル マークラインズ>