スバル:中期計画を上方修正し2020年度に120万台超へ

北米を中心に生産能力増強を続ける、新プラットフォームを2016年に導入

2016/10/07

要約

新プラットフォーム SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)
新プラットフォーム SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP) (富士重工)

 富士重工は社名とブランド名を統一するため、社名を2017年4月1日に「株式会社SUBARU」に変更すると、2016年5月に発表。併せて、2015年度までの好調な業績を受けて、中期計画「際立とう 2020」の数値目標を上方修正した。

 2020年度の販売目標は10万台上乗せして120万台+αとし、そのうち80万台超を北米市場で販売する予定。2014年時点の計画では2020年度の半分強が北米市場の販売であったが、新しい計画では約3分の2と、より北米市場に集中する計画となる。 

  併せて、生産能力増強計画も更新。生産能力を日本69.6万台、米国43.6万台の合計113.2万台まで増強し、完了予定も2018年度に前倒しした。

  一方、収益面では、円高の進行、競争力確保のための試験研究費・設備投資の増額のため、今後減益が見込まれる。しかし、同社は為替の影響を除いた数値では増収増益を目指し、2016-18年度の3年間の営業利益率も業界高位水準の11.2%を狙う。

  商品面では、新プラットフォームSUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)を採用したモデルを、2016年秋のImprezaを皮切りに毎年投入していく。SGPはPHV、EVモデルにも対応できるように設計されており、各国で進む規制の強化、特に米国カリフォルニア州のZEV規制へ対応する。また、運転支援システムEyeSightの進化も進めていき、2017年には高速道路の同一レーン上での渋滞時追従、2020年に高速道路上での車線変更も含めた自動運転を量販車で実現する計画。

 


関連レポート:
富士重工:2015年度に北米で60万台を販売、連結営業利益率16.6%を計画 (2015年7月)
富士重工:アイサイトver. 3でプリクラッシュステアリングアシストを追加  (2015年4月)
東京モーターショー2015: 高速道路で自動運転が可能なSUBARU VIZIV FUTURE CONCEPTを出展 (2015年11月)



中期計画「際立とう 2020」:2020年度販売目標を120万台超へ上方修正、年産能力も2018年度に113万台へ

 富士重工は、2016年5月に、2020年度までの中期計画「際立とう 2020」の修正計画を公表。2020年度までの販売台数目標を120万台超へ従来計画(2014年5月発表)から10万台上方修正。北米販売は今後も好調が続くと見込み、2020年度の販売台数を60万台から80万台超へ大幅に上方修正。一方、日本と中国は足下の状況が続くとして下方修正した。「際立とう 2020」で掲げた、「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」という2020年のありたい姿は変わらないとしている(参考レポートはこちら)。

富士重工の中期販売目標
富士重工の能増計画

 

グローバル連結販売台数計画

(千台)
実績 計画
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
計画
2020年度
新計画
北米 478 570 630 696

800+α (600)

日本 182 163 145 156 150 (200)
中国 45 54 44 49 50 (120)
その他 121 124 138 149 200 (-)
世界合計 825 910(916) 958 (950) 1,050 (1,000) 1,200+α (1,100+α)

資料:富士重工決算資料より作成。
注1:2016年度計画は2016年度第1四半期決算発表時(2016年8月)のもの。
注2:()内の数値は2014年5月時点での目標値。

 

生産能力増強も、2018年度に113万台へ前倒し

富士重工の米国工場 SIA
富士重工の米国工場 SIA

 販売目標の見直しと同時に、生産能力の増強計画も前倒しした。従来は、2020年度に105万台の生産能力(日本65万台+米国40万台)であったが、2018年度に前倒しした上、日本69.6万台、米国43.6万台の合計113.2万台まで増強する計画を公表。残業や休日出勤を追加したフル操業時の生産能力は127.6万台まで高められる。

 米国SIAでは、1億4,020万ドルを投資して生産能力を2016年末まで10万台増強する。同工場ではトヨタ カムリの受託生産を当初は2016年秋まで行う予定であったが、前倒しして2016年5月に終了。同年7月より、スバルブランドのOutbackの生産を開始した。これらによって、スバルブランド車のSIAでの生産能力は39.4万台まで2016年中に引き上げられる予定。2017年以降は、徐々に生産能力を上げていき、2018年度には43.6万台とする計画。

 2つの工場を持つ日本の群馬製作所では、本工場は少しずつ能力増強を行っていき、矢島工場は2018年に塗装設備の更新が完了する予定。

 

生産能力計画

(千台)
  2013年度 2016年春 2016年末 2018年度
群馬製作所(本工場・矢島工場) 600 636 642 696
米国(SIA工場) 170 218 394 436
生産能力:標準操業(フル操業) 770 854 1,036 1,132 (1,276)
(参考:マレーシアCKD工場) 5 20 20 20

資料:富士重工決算資料より作成。



社名をSUBARUへ、産業機器部門も自動車部門へ統合

社名を変更しブランド名SUBARUと統一

富士重工業株式会社は、「株式会社SUBARU」に社名を2017年4月1日に変更する。創業100周年を機に、社名とブランド名の統一を実施し、ブランド力向上を図る

 

産業機器カンパニーを自動車部門に統合

富士重工は、2016年10月、汎用エンジンなどを取り扱う産業機器カンパニーを自動車部門に統合。2017年9月に生産も終了する予定で、経営資源、特に開発人員を自動車部門に統合することで同部門の強化を狙う。
同社は2012年に風力発電事業、塵芥車事業から撤退し、産業機器部門も中国メーカーとの競争が厳しくなっていた。産業機器部門の2015年度の売上高は326億円、営業利益は1億円。

 



収益計画:研究開発・設備投資を増加させながら、為替要因を除いて増収増益を狙う

 富士重工は、2016年度から2018年までの収益計画も発表。従来の2014-16年の収益計画は、販売増と円安効果で達成見込み。2018年に向けては,試験研究費、設備投資を増やしながらも、為替要因を除いて、増収増益を目指し、営業利益率も11.2%と10%以上の高い水準を狙う。1ドル=100円の前提で、2016-18年に3年合計で、売上高では9.8兆円(年平均3.3兆円)、営業利益1.1兆円(同0.37兆円)、試験研究費3,600億円(同1,200億円)、設備投資4,700億円(同1,570億円)を計画している。

 

2016-18年度収益計画

(十億円)
  2014~2016年度 2016~2018年度
連結収益当初計画
(3カ年合計)

実績
(見込み)

実績(見込み:
為替レート調整値(注))
連結収益計画
(3カ年合計)
売上高 8,000 9,300 8,500 9,800
営業利益 1,000 1,389 1,000 1,100
営業利益率  12.5% 14.9% 11.8% 11.2%
試験研究費 250 306 300 360
設備投資額 330 406 390 470
減価償却費 200 210 200 290
想定平均為替レート 1ドル=95円 1ドル=111円 1ドル=100円 1ドル=100円

資料:富士重工決算資料より作成。
(注)「実績(見込み)」は各年の決算資料からMarkLines作成。「実績(見込み:為替レート調整値)」は、「実績(見込み)」を1ドル=100円に置き換えて、富士重工が計算して発表した数値。

富士重工の2015年度実績と2016年度計画

 富士重工の2015年度の決算は、販売台数が95.8万台(前年度比5.1%増)、売上高が3.23兆円(同12.3%増)、営業利益が5,656億円(同33.7%増)、特殊要因があった純利益は4,367億円(同66.8%増)と、全て4年連続で過去最高を更新。営業利益率は17.5%まで高まった。北米での販売好調、円安が貢献。

 直近で営業利益が低かった2011年度と比べると、営業利益は4年間で5,216億円増加。為替レートが1ドル=79円から121円へ円安になったことで4,116億円、売上構成差で2,619億円、原価の低減で967億円増加。一方、広告費・販売促進費などの諸経費の増加で1,946億円、試験研究費の増加で539億円、減益要因となった。

 2016年度は、北米を中心とした拡販で初の年間販売100万台超えを目指す。一方で、設備投資/研究開発費の増加、想定為替レートの大幅な円高水準への見直し、エアバッグインフレーターに起因する品質関連費用増、米国での販売奨励金の増加、2015年度に特別利益があったことなどが要因で、5期ぶりの減収減益となる見通し。2016年度第1四半期決算発表時点の計画では、営業利益は前年度比29.3%減の4,000億円、純利益は34.7%減の2,850億円となる見通し。

 

富士重工の営業利益の変動分析

 

富士重工の連結業績

(百万円)
  2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
計画(Q1時)
国内売上高 520,800 467,300 498,500 671,800 672,100 652,900 605,400 610,300
海外売上高 907,900 1,113,200 1,018,600 1,241,100 1,736,100 2,225,000 2,626,900 2,579,700
売上高 1,428,690 1,580,563 1,517,105 1,912,968 2,408,129 2,877,913 3,232,300 3,190,000
営業利益 27,350 84,135 43,959 120,411 326,489 423,045 565,600 400,000
営業利益率 1.9% 5.3% 2.9% 6.3% 13.6% 14.7% 17.5% 12.5%
経常利益 22,361 82,225 37,277 100,609 314,437 393,648 577,000 410,000
当期純利益 (16,450) 50,326 38,453 119,588 206,616 261,873 436,700 285,000
設備投資 56,100 43,100 54,300 70,200 68,500 110,700 135,700 160,000
減価償却費 57,100 49,800 53,700 55,900 54,900 64,800 65,000 80,000
試験研究費 37,200 42,900 48,100 49,100 60,100 83,500 102,400 120,000
為替 円/US$ 93 86 79 82 100 108 121 106
レート 円/EURO 132 114 108 106 133 140 133 121

資料:富士重工決算資料より作成。
(注)2015年度には防衛省向けヘリコプターに関する訴訟の判決確定に伴う特別利益482億円を計上。

 



商品戦略:主要車種の新型モデルを毎年投入、PHV/EVも順次投入へ

 富士重工は、新プラットフォームSGPを採用したモデルを、2016年にImprezaを皮切りに毎年投入していく計画。 2018年には、北米に7人乗りのSUVを再投入する計画。同社は2014年に不振であった7人乗りSUV Tribecaの生産を取りやめていた。 また、2018年にはPHVを2021年にはEVを投入する計画で、主に北米で販売していく。

  また、次世代の主力エンジンとして新しいダウンサイズターボエンジンを2019年に投入予定。欧州のエンジニアリング会社と共同開発しており、同社としては初めてリーンバーンを取り入れる。

富士重工の商品戦略

 

スバルブランドのモデル計画(日本)

2016 2017 2018 2019 2020 2021
・Impreza ・XV ・Forester
・Tribeca後継(北米)
・PHV
・WRX
・Levorg ・Legacy
・Outback
・BRZ
・EV

資料:MarkLines Data Center

新型Impreza Subaru XV Concept
新型Impreza(2016年秋に発売予定:写真 富士重工) Subaru XV Concept(2016年のジュネーブショーに出展:写真 富士重工)
Impreza 2016年秋 スバルブランドの主力Cセグメント車。新プラットフォームSGPを初めて採用したモデルとなる。日本国内向けには歩行者用エアバッグとEyeSightを標準装備する。米国でも2016年内に生産予定。現行モデルと比べてサイズは大きくなり、全長で40mm長くなって4,625mm(セダン)となった。
新開発のFB型2.0L水平対向直噴エンジンを採用。従来のNAエンジン比で約80%の部品を刷新し、約12kgの軽量化を実現することで、出力(152hpへ4hp増)と燃費を向上させた。
XV 2017年 Imprezaをベースにしたクロスオーバーモデルの2代目。北米での名称はCrosstrek。2代目もHVモデルが用意される見込み。HVシステムの開発にはトヨタの協力も得ているとされている。
2016年3月のジュネーブモーターショーでは、次期型XVのデザインの方向性を示すSubaru XV Conceptを初披露した。
Forester 2018年 スバルブランドの最量販車種である、コンパクトSUV。
PHV 2018年 2016年10月現在、先行開発が完了し、量産開発の段階に移っている。
Tribeca後継 2018年 大型SUV Tribecaの後継となる7人乗りSUVを米国で生産・販売する。Tribeca(全長 4864mm)より大型になる予定。新名称はOutbackやForesterなどと同じように野外での冒険をイメージした新しい車名が与えられる。
Levorg 2019年 日本・欧州を中心に販売されているコンパクトワゴンの2代目
Legacy 2020年 スバルブランドの旗艦モデル。ワゴンタイプとセダンタイプがある。
Outback 2020年 中型SUV 。
EV 2021年 主に北米向けのEV。新しいプラットフォームSGPを元に開発される。パワートレインは同社独自開発の予定。


新プラットフォーム SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP): PHV/EVにも対応

新プラットフォーム SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)
新プラットフォーム SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)
同一のプラットフォームでガソリン車だけでなく、HV、PHV、EVにも対応可能なように設計されている。

 2016年秋に発売する Imprezaから採用する新しいプラットフォームSUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)を開発。ImprezaからOutbackまでの同社の全ての車種に適用できるように、主要諸元を一括して企画。EV、PHVにも対応。(マツダの「モノ造り革新」と同様の考え方)。

 従来は、別々の生産設備を利用していた異なる車種のプラットフォーム部材(車体部品)が、同一の生産設備で製造可能。そのため、部品サプライヤーを含めて生産効率の向上を図ることが可能。

 また、同社は複数の車種を複数の生産ラインでまたがって生産する「ブリッジ生産」を進めているが、この新プラットフォームによってそのブリッジ生産が容易になり、より柔軟な生産体制を実現できるとしている。

 SGPは安全性、環境対応が開発のポイントとなった。安全性ではIIHS (Insurance Institute for Highway Safety) やNHTSAが進める「オプリーク衝突」(斜め衝突)試験に対応し、環境面では米国カルフォルニア州のZEV規制(Zero Emission Vehicle)に対応する。

 

SGPの特徴

SGPで目指す動的質感 (1)まっすぐ走る。
(2)不快な振動騒音がない。
(3)快適な乗り心地。
車体/シャシー剛性の大幅強化 ・車体剛性を高め固有振動数を上げることにより、サスペンションとの共振を防いだ。
・車体の剛性を高めるために、プラットフォームのフレーム構造の見直し、構造用接着剤の利用など重量をかけずに高剛性化を図った。
さらなる低重心化 ・現行モデルと比べて5mm重心を引き下げ。(同社によれば、他社のモデルと比較すると50mm重心が低いとのこと)。
足回りの進化 リアスタビライザーの車体への直接取り付けを行って(従来はサブフレームに取り付けていた)、車体の揺れを現行車に比べて50%減少させた。

従来のプラットフォーム比で70-100%剛性アップ
・フロント車体横曲げ剛性を90%、
・車体ねじり剛性を70%、
・フロントサスペンション剛性を70%、
・リアサブフレーム剛性を100%、向上させた
パッシブセーフティー:車体強度の40%向上 フレーム構造の見直し、荷重伝達経路の多重化、高強度材の採用。
2025年までを見据え、さらなる高強度化のため、高張力鋼板、CFRPなどの非鉄材の採用拡大に備えた設計となっている。

 



EyeSightの進化:2020年に高速道路上での自動運転機能を実現へ

新プラットフォーム SUBARU GLOBAL PLATFORM (SGP)
EyeSightのプリクラッシュブレーキの動作イメージ (富士重工)

 富士重工は2010年に、ステレオカメラを使った自動停止機能付きの運転支援システムEyeSight ver.2を発売し、2014年にはカメラをカラー化したver.3を発売するなど、その機能を強化してきている。2017年には高速道路の同一レーン上での渋滞時追従、2020年に高速道路上での車線変更も含めた自動運転を量販車で実現する。技術的には、ステレオカメラの能力を、より遠くを見て、視野角を広くし、解像度を高め、計算速度も高める方向で開発を進めていく。

 また、EyeSightのグローバル展開も進めており、2015年度までに、EyeSightは日本・北米・欧州・オーストラリアで投入済み。今後、中国、ロシア、ASEAN、中東、中南米に投入していく予定。

EyeSightの進化の方向

2008年 EyeSight 世界初の、ステレオカメラのみによる衝突回避ブレーキ(自動停止なし)、AT誤発進抑制制御、全車速追従機能付きクルーズコントロールなど。
2010年 EyeSight ver.2  より進化させた衝突回避ブレーキ(対象物との速度差が、30km/h以内で自動停止可能)。車線逸脱警報、全車速追従クルーズコントロールなど。
2014年 EyeSight ver.3  カメラをカラー化し、認識性能を向上させた。新たに操舵支援制御(プリクラッシュステアリングアシスト)を採用。さらに進化させた衝突回避ブレーキ(対象物との速度差が、50km/h以内で自動停止可能)。全車速追従クルーズコントロールなど。
2015年 アドバンスドセイフティパッケージ EyeSightの安全機能を強化するパッケージ。車両斜め後方をレーダーで検知する後側方警戒支援機能などを備える。
2017年 高速道路の単一車線での自動運転機能 高速道路などでの渋滞時に、EyeSightで先行車の動きやカーブの状況などを認識しながら、同一レーン上で0km/h~65km/h程度で渋滞追従走行する機能を追加予定。
2020年 車線変更を含めた高速道路上での自動運転 ステレオカメラを活用したEyeSightにレーダーとデジタル地図を追加して、車線変更を含めた高速道路での自動運転を実現する計画。

 

アイサイト搭載率(搭載可能車種に占める割合)

  日本 オーストラリア 欧州 米国
2015年1-12月 83% 62% 96% 31%
最も装着率の高いモデル Legacy、LEVORG、WRX、EXIGA CROSSOVER7は100%。 Legacyは100%。 Outbackは96%。 Outbackは57%。

 

IBMとの連携

富士重は日本IBMとの協業を2016年4月に発表。EyeSightなどの先進安全システム(ADAS)の約200万kmの実験映像を集約/管理するシステムを構築して運用を同月に開始。実験映像の検索/解析が容易になり、人工知能(AI)の活用によってEyeSightの水準を上げるとともに、サーバー内での適合開発を目指す。

今後、両社は「IBM Watson Internet of Things (IoT) for Automotive」を利用した新システム構築の検討、クラウドおよび人工知能技術の高度運転支援システムへ技術適用の可能性の検証などを進めていく。

 



LMC Automotive 販売予測:富士重工の2019年販売は97万台へ(主要52カ国)

(LMC Automotive, 2016年第3四半期)

富士重工の販売予測

 LMC Automotive社の2016年第3四半期の予測によれば、富士重工の主要52カ国での2016年の販売台数は96.3万台と前年に比べ微減の見込み。日本での販売が5.7%減の15.3万台となることが要因。一方、米国での販売は若干増加し58.8万台となるが、2桁増が続いていたのに比べると減速。

 中期的には同社の販売台数は95万台レベル前後にとどまると予測。2018年までは徐々に減少し同年は93.8万台と2015年に比べて2.7%減。2019年には増加に転じ、2015年比0.5%増の96.9万台となる見込み。

 LMC Automotive社は以下のようにコメントしている。「2014-15年の急成長に続いて、2016年もスバルブランドの米国市場での成長が期待され、市場シェアも0.04%ポイント伸びると予測。同ブランドの2016年モデルイヤーの商品構成は2015年のものと比べて大きな変化はないが、ほとんどのモデルは前年並みの販売が期待できる。Imprezaはモデル末期を迎えており、Kia ForteやChevrolet Cruze等のマイナーチェンジやモデルチェンジされた競合車との競争激化で需要が減っている。スバルブランドはいわゆる「ニッチブランド」であるが、クロスオーバーが豊富な商品構成は今の市場のトレンドに合致している。ForesterとOutbackの販売は2015年に続いて2016年も好調。需要が伸びているのに伴い、消費者もメーカーもコンパクトSUVと中型SUVに向かっている。」

 「予測の範囲内では、スバルブランドの米国での市場シェアは3.3-3.4%で安定的であり、新規投入モデルはTribecaの後継モデルのみの予定。同社はニッチブランドとしての地位を維持するため同社の世界販売台数を100万台強に抑える計画を発表している。しかし、ImprezaやXV Crosstrekの現地生産を行うなど北米市場への関与と投資を続けている。販売する地域で生産をすることは、利益を産みだし更なる成長につながる」と続けた。

富士重工の国別販売予測(LMC Automotive)

  2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
Total 820,171 900,732 963,894 962,778 948,411 937,863 968,896
USA 424,683 513,693 582,675 587,786 583,532 585,060 587,834
Japan 181,924 168,171 162,262 153,045 143,516 138,112 144,140
China 56,942 52,911 46,823 52,313 59,493 56,831 61,569
Canada 36,760 42,035 46,609 46,864 47,325 47,804 49,428
Australia 40,200 40,242 43,600 45,573 42,740 41,342 40,292
Russia 16,831 17,557 6,852 5,671 5,585 6,484 11,865
Germany 7,472 6,246 6,561 6,768 5,972 5,292 7,215
Chile 5,069 5,793 5,995 6,186 6,370 6,300 6,446
Switzerland 7,537 6,253 5,986 5,683 5,429 4,816 6,297
Sweden 4,925 4,285 5,439 5,596 5,380 3,963 4,337
Italy 3,244 2,650 3,122 3,330 3,482 3,180 4,300
Philippines 0 3,051 3,201 3,254 3,195 3,505 4,004
Malaysia 1,084 1,644 2,539 3,350 3,000 3,334 3,668
Singapore 201 627 1,668 2,856 2,698 2,814 3,099
Taiwan 3,294 5,395 6,828 4,484 2,723 2,769 2,794
Mexico 533 1,410 1,613 1,599 1,852 2,109 2,421
Norway 3,196 2,457 3,712 2,251 2,225 1,828 2,364
New Zealand 1,749 1,823 2,268 1,962 1,992 1,995 1,991
Poland 1,448 1,545 1,489 1,666 1,597 1,351 1,920
Spain 1,192 1,318 1,762 1,781 1,434 1,269 1,873
Thailand 2,642 1,965 2,641 2,115 1,616 1,632 1,830
Brazil 737 1,126 1,639 1,405 1,327 1,476 1,708
Peru 1,419 2,101 1,800 1,587 1,571 1,571 1,619
UK 2,271 2,793 3,455 2,809 2,027 1,648 1,511
Estonia 1,011 992 892 1,260 1,499 1,362 1,475
Turkey 1,095 1,406 1,737 1,461 1,267 1,159 1,454
Czech Republic 828 805 1,022 1,123 1,209 1,023 1,185
South Africa 1,153 1,247 1,101 1,054 961 1,006 1,154
Finland 1,050 1,009 1,195 1,112 1,094 982 1,146
Colombia 701 666 922 895 885 957 995
Ukraine 1,537 1,206 495 607 582 526 976
France 930 753 860 828 720 645 914
Netherlands 699 654 809 748 498 433 761
Austria 823 743 703 551 536 471 731
Belgium 631 538 574 519 413 356 609
Lithuania 296 296 367 489 622 562 598
Latvia 195 227 308 341 419 394 468
Slovakia 303 246 248 286 253 209 328
Kazakhstan 1,192 977 841 316 211 202 271
Ireland 120 174 216 185 221 191 207
Vietnam 42 136 139 178 198 196 205
Hungary 116 117 161 151 128 113 181
Argentina 419 65 80 167 165 167 179
Uruguay 66 155 172 135 140 150 156
Denmark 171 220 278 228 116 99 117
Greece 25 68 41 37 61 60 94
Romania 48 2 9 35 27 29 56
Slovenia 56 43 46 44 50 44 56
Luxembourg 78 68 105 68 55 42 55
Portugal 2 0 0 0 0 0 0
Bulgaria 3 0 34 26 0 0 0
Indonesia 1,228 828 0 0 0 0 0
資料: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast" (Q3 2016)
(注) 1. データは、小型車(乗用車 + 車両総重量6t以下の小型商用車)の数値。
2. より詳細なデータのご用命やお問い合わせはこちらの頁へ

------------------
キーワード
スバル、富士重工、アイサイト、インプレッサ、米国、プラットフォーム

<自動車産業ポータル マークラインズ>