マツダ・富士重・スズキ・ダイハツの予防安全装備

マツダは、アダプティブ・LED・ヘッドライトやドライバー・アテンション・モニタリングを新たに導入

2015/04/06

要 約

マツダi-ACTVSENSE
マツダi-ACTVSENSEの4つのセンサー(写真:マツダ)
アダプティブ・LED・ヘッドライト
マツダが2015年1月に新たに導入した
アダプティブ・LED・ヘッドライト
(ハイビームだが、対向車に当たる部分の光源を消灯している)(写真:マツダ)

 本レポートは、マツダ、富士重、スズキ、ダイハツの、自動ブレーキを中心とした予防安全装備設定状況について報告する。

 各社は設定車種を拡大するとともに、予防安全の内容についても新技術を取り入れ、マツダとダイハツは初代システム投入後約2年で改良型を投入、富士重はアイサイトver. 2 搭載から約4年後に同ver. 3を発売した。

 マツダのi-ACTIVSENSEは、ミリ波レーダー、準ミリ波レーダー、近赤外線レーザー、カメラの4つのセンサーを搭載し、幅広い内容の予防安全装備を設定している。2015年1月に投入した改良型から、先行車・対向車への照射を部分的に消灯しながらハイビームを維持するアダプティブ・LED・ヘッドライトや、ドライバーの疲労状態を見て、必要であれば休憩を促すドライバー・アテンション・アラートを採用した。

 富士重のアイサイトは、ステレオカメラを利用し、プリクラッシュブレーキやアクティブレーンキープを提供。2014年6月に発売したver. 3からは、プリクラッシュブレーキ作動時にステアリングによる回避操作があった場合、VDC(ESCの富士重の商品名)の車両統合制御により、ステアリング操作に応じた車両挙動となるように回避操作をアシストする、プリクラッシュステアリングアシストを採用した。

 スズキとダイハツは、レーザーレーダーを使用する衝突被害軽減ブレーキをそれぞれの軽自動車に幅広く設定している(スズキの商品名はレーダーブレーキサポート、ダイハツの商品名はスマートアシスト)。スズキは、2014年12月から軽商用車にも設定した。ダイハツは、2014年12月に、ソナーセンサーを使用する「後方誤発進抑制制御機能」を追加した。

 なお、本レポートでは、他の自動車メーカーからOEM供給を受けて販売しているモデルは省略した。


関連レポート:
日産とホンダの予防安全装備:日産は1年以内に全車に自動ブレーキを設定 (2015年3月)
トヨタ:予防安全装備を3年間で全乗用車に拡大 (2015年2月)



マツダ:4つのセンサーを搭載するi-ACTIVSENSEを導入

 マツダは、事故のリスクを最小限に抑制することを目指す「Mazda Proactive Safety」という安全思想に基づき、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を開発し、2012年11月に発売した新型Atenzaに搭載した。ミリ波レーダー(76GHz)、準ミリ波レーダー(24GHz)、近赤外線レーザーおよびカメラの4つのセンサーを搭載する(Demioは、ミリ波レーダーを除く他の3つのセンサーを搭載する)。

 マツダは、2015年1月に大幅改良して発売したAtenzaとCX-5に、より進化させたi-ACTIVSENSEを設定した。側方、後方安全を強化するとともに、先行車や対向車に眩しさを与えないハイビームを実現するアダプティブ・LED・ヘッドライトを設定した。

マツダ:予防安全装備(i-ACTIVSENSE)の機能

(青字表記は、2015年1月発売のAtenza/CX-5大幅改良車から採用した新機能。)
前方安全
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール
(MRCC)
 MRCCは、ミリ波レーダーにより先行車との速度差や車間距離を認識し、設定した車速内で車間距離を自動で調整・維持して、長距離走行などのドライバーの負担を軽減する。
スマート・ブレーキ・
サポート
(SBS)
 約15km/h以上で走行中、ミリ波レーダーで先行車を捕捉。メーター内車間距離インジケーターが先行車までの距離の変化を5段階で表示する車間認知支援システムが、適切な車間距離を保てるようにドライバーをサポート。
 車間距離が基準値以下になった場合は、通常の運転操作で衝突を回避できるタイミングで警報。車間距離がさらに短くなると、軽いブレーキを作動。衝突が避けられない状況では強いブレーキでさらに減速し、衝突回避や衝突時の被害軽減をサポートする。
スマート・シティ・
ブレーキ・サポート
(前進時)
 約4~30km/hでの低速走行中、フロントガラスに設置した、近距離を高精度で検知できる近赤外線レーザーレーダーで先行車を捉え、衝突の危険性が高いと判断するとブレーキを自動制御する。
AT誤発抑制制御
(前進時)
 約10km/h以下の徐行時や停車時、前方に障害物があるにも関わらず、アクセルペダルが一定以上踏み込まれた場合には、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制する。
前照灯
ハイ・ビーム・
コントロールシステム
(HBC)
 HBCは、対向車や先行車を検知し、ヘッドランプのハイビーム・ロービームを自動で切り替えるシステム。通常はハイビームで走行しながら、対向車のヘッドランプや先行車のテールランプを識別・検出した場合にはロービームへの自動切換えを行う。
アダプティブ・LED・
ヘッドライト
(ALH)
(注)
 「ALH」は、日本の自動車メーカー初の「LEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビーム」を採用した(LEDアレイ(array)光源は、複数の小型LEDで構成される光源を指す)。LEDによるハイビーム光源を4つのブロックに分割し、個別に点灯・消灯することが可能。カメラで対向車のヘッドライトや先行車のテールランプを検知すると、その部分に照射している光源のブロックのみを消灯しながら、全体ではハイビームを維持する。また高速走行時には、ヘッドライト光源を上方に自動で切り替える「ハイウェイモード」も設定した。
 また「ワイド配光ロービーム」を新採用。ヘッドライト側面にLED光源を追加することにより、従来のヘッドライトでは光が届きにくい側面の照射範囲を拡大し、夜間の交差点歩行者などへの視認性を高めた。
側方安全
レーン・キープ・
アシストシステム
(LAS)
 「逸脱回避支援」または「ライントレース」のいずれかを選択可能。いずれも約60km/h以上で作動。「逸脱回避支援」では、逸脱を予測すると、車両を元の位置に戻すようにステアリングをトルクアシストする。「ライントレース」では、車線の中央を維持しながら走行するようステアリングをトルクアシストする。
車線逸脱
警報システム
(LDWS)
 車両が車線を踏み超え逸脱しそうだと判断すると、ステアリング振動や音声で警告する。ウインカー操作をするなど、ドライバーが意図的に車線をまたぐ運転をしていると認識した場合は、警告をキャンセルする。
リア・ビークル・
モニタリングシステム
(RVM)
 約15km/h以上で走行中、リアバンパーの内側に設置した準ミリ波レーダーで隣接車線上の後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラーの鏡面に備えたインジケーターの点灯でドライバーに通知。後方約50mでのエリア内の車両を検知する。その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促す。
ブラインド・スポット・
モニタリング
(BSM)
 上記のリア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)の検知範囲を広げ、自車の後方のみならず、側方から接近する車両も検知する機能を加えた。
リア・クロス・
トラフィック・アラート
 上記のBSMは、後退時にはリア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)機能として作動。バックで出庫する際に、左右から接近する車両を検知し、安全確認をサポートする。
後方安全
スマート・シティ・
ブレーキ・サポート
(後退時)
 2015年1月に発売したAtenzaとCX-5から追加した新機能。約2~8km/hで後退時に、リアバンパー中央部の2つの超音波センサーで障害物を捉え、衝突の危険性を判断。自動ブレーキをかけて、衝突の被害を軽減する。
AT誤発抑制制御
(後退時)
 同時に、AT誤発進抑制制御(後退時)も設定した。
リア・パーキング・
センサー
 リアバンパーに備えた超音波センサーで近距離の静止物を検知し、警報音やセンターディスプレイの表示でドライバーに知らせる。
ドライバー・モニタリング
ドライバー・
アテンション・アラート
(DAA)
 疲れの蓄積や注意力の低下などによる事故の抑制を図るシステム。車速が65km/hを超えると作動し、まだ疲れていない状態でのドライバーの運転とクルマの動きを学習。その後、学習したデータと実際の運転状況に大きな違いが出ると、ディスプレイに休息を促すマークを表示し、警報音でドライバーに通知して休息を促す。

資料:マツダのプレスリリースと技術資料
(注)トヨタも2014年11月、同じ原理に基づく「LEDアレイAHS(Adaptive high beam system)」を開発し、2015年に発売する新型車から採用すると発表した。

 

マツダ主要モデルの予防安全装備設定状況

(◎:全仕様に標準装備、○:一部仕様に標準装備、△:オプション設定、空欄は設定なし)
(青字表記の機能は、2015年1月発売のAtenza/CX-5大幅改良車から採用した。)
Atenza CX-5 CX-3 Axela Demio
中型セダン SUV 小型SUV 小型セダン コンパクトカー
現在の安全装備設定車の発売年月 2015年1月 2015年1月 2015年2月 2013年11月 2014年9月
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール ○△ ○△ ○△
スマート・ブレーキ・サポート ○△ ○△ ○△
スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前進時) ○△
AT誤発進抑制制御(前進時) ○△
ハイ・ビーム・コントロール ○△
アダプティブ・LED・ヘッドライト
レーン・キープ・アシストシステム
車線逸脱警報システム(LDWS) ○△ ○△
リア・ビークル・モニタリングシステム ○△
ブラインド・スポット・モニタリング(BSM) ○△
リア・クロス・トラフィック・アラート ○△
スマート・シティ・ブレーキ・サポート(後退時) ○△ ○△
AT誤発進抑制制御(後退時) ○△ ○△
リア・パーキング・センサー ○△ ○△
ドライバー・アテンション・アラート ○△ ○△

資料:マツダのプレスリリースおよび各モデルのon-lineカタログ

 

 



富士重:アイサイトver. 3でプリクラッシュステアリングアシストを追加

 アイサイトは、ステレオカメラを搭載する衝突回避・被害軽減ブレーキシステム。クルマだけでなく、白線、ガードレール、歩行者や自転車まで認識できる。

 2008年5月に初代アイサイト、2010年5月に「ver. 2」、2014年6月に発売したLEVORGからver. 3を搭載した。ver.3では、ステレオカメラを刷新して視野角と視認距離を約40%拡大、さらにカラー画像化により先行車のブレーキランプの認識も可能にし、それらにより横断歩行者や自転車を早い段階で認識できるようにした。また、衝突回避時のステアリング操作を安定させるプリクラッシュステアリングアシストや後退時の誤発進の抑制など新たな機能も追加設定した。

スバルLEVORG
アイサイトver. 3を初搭載したスバルLEVORG(2014年6月発売)(写真:富士重)
スバルLEVORG
アイサイトは、車両の他に、歩行者や自転車も認識する。

富士重工:予防安全装備(アイサイト)の機能

(青字表記の機能は、アイサイトver. 3から採用した。)
プリクラッシュブレーキ  衝突の危険性がある場合、ドライバーに注意を喚起。回避操作がない場合は、ブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止する。Ver. 3では前方車両との速度差が約50km/h以下の場合に(ver. 2では30km/h)衝突回避または被害を軽減する。
プリクラッシュ
ステアリングアシスト
 プリクラッシュブレーキ使用時に、ステアリングによる回避操作があった場合、VDC(=ESC)の車両統合制御により、ステアリング操作に応じた車両挙動となるよう回避操作をアシストする。
アクティブ
レーンキープ
(車線逸脱抑制)
 富士重は、ドライバーの負担を大幅に軽減する「はみださない技術」として訴求。高速道路や自動車専用道路での走行時、ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識し、ステリング操作のアシストを行い、車線からの逸脱を抑制する。約65km/h以上で走行時に作動する。
AT誤発進抑制制御  前方に壁や生垣などの障害物が検知され、誤発進とシステムが判断すると、警報音と警告表示で注意を喚起。同時にエンジン出力を抑え、緩やかな発進にする。
AT誤後進抑制制御  同上の機能を、Rレンジで後進する場合にも機能させるようにした。後退時の制限速度を設定できる「後退速度リミッター」も備える。
警報&お知らせ機能  自車のふらつき(約60km/h以上で走行時)、車線逸脱(約40km/h以上)を検知した場合、警報音と警告表示でドライバーに注意を喚起する。また、先行車の発進に気づかずにいる場合にも、音と表示で知らせる。
全車速追従機能付
クルーズコントロール
 高速道路や自動車専用道路で、0~100km/hの車速域で先行車に追従走行。先行車がいない場合は、セット車速(40~100km/h)で定速走行、先行車を検知すると、一定の車間距離を保って追従走行する。

資料:富士重工のプレスリリースと技術資料
(注)アイサイトver. 3を搭載するLegacy B4/Outback、WRX S4とLEVORGのアイサイト搭載車は、電動パーキングブレーキを装備。プリクラッシュブレーキと全車速追従機能付クルーズコントロールにおいて、自動停止後ブレーキ制御を保持する。その他の車種では、停止後ブレーキ制御が解除されるので、ブレーキペダルを踏むことが必要。

 

富士重主要モデルの予防安全装備(アイサイト ver. 3)設定状況

(◎:全仕様に標準装備、○:一部仕様に標準装備、空欄は設定なし)
(青字表記の機能は、アイサイトver. 3から採用した。)
Legacy
Outback
Legacy
B4
LEVORG WRX S4 XV Impreza
G4
Impreza
Sport
ツーリング
ワゴン
中型
セダン
スポーツ
ツアラー
スポーツ
セダン
小型CUV 小型
セダン
ハッチ
バック
現在の安全装備設定車の発売年月 2014年
10月
2014年
10月
2014年
6月
2014年
8月
2014年
11月
2014年
11月
2014年
11月
プリクラッシュブレーキ
プリクラッシュステアリングアシスト
アクティブレーンキープ
AT誤発進抑制制御
AT誤後進抑制制御
警報&お知らせ機能
全車速追従機能付クルーズコントロール

資料:富士重工のプレスリリースおよび各モデルのon-lineカタログ
(注)2015年3月下旬時点で、ForesterとExigaがアイサイトver. 2を搭載している。

 

 



スズキ:レーダーブレーキサポートを軽商用車にも設定

新型Every Wagon
レーダーブレーキサポートシステムを全車標準装備した新型Every Wagon(2015年2月発売)(写真:スズキ)

 スズキは、2013年7月、Wagon Rのマイナーチェンジ車にレーザーレーダーを使用する衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」を設定した。その後幅広く軽乗用車に設定し、2014年12月に軽商用車にも設定した。

 また登録車についても、KizashiとSolioにミリ波レーダーを使用する衝突被害軽減ブレーキを設定している。


スズキ:予防安全装備(レーダーブレーキサポートシステム)の機能

レーダーブレーキ
サポートシステム
 約5~30km/hで走行中、前方の車両をレーザーレーダーが検知し、衝突を回避できないと判断した場合に、自動ブレーキが作動。追突などの危険を回避、または衝突の被害を軽減する。前方車両との速度差が約15km/h以下のときは衝突を回避できる場合があり、約30km/h以下のときは衝突の被害を軽減する。
誤発進抑制機能  停車または約10km/h以下での徐行中で、レーザーレーダーが前方4m以内の障害物を検知しているとき、シフト位置が「前進(D、L)」の状態でアクセルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制。駐車場などでの衝突回避に貢献する。
プリクラッシュ
セーフティシステム
 ミリ波レーダーを使用する衝突回避・被害軽減ブレーキシステム。Kizashiに、ACC(Active Cruise Control)とセットでオプション設定されている。
レーダーブレーキ
サポートシステムⅡ
 ミリ波レーダーを搭載し、衝突の回避、または被害軽減を図る。(1)前方衝突警報機能:前方の車両と衝突の可能性があるとき、ブザー音やメーター内の表示により警報を発しドライバーにブレーキ操作を促す、(2)ブレーキアシスト機能:衝突の可能性が高い場合にドライバーが強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、衝突の回避または被害軽減を図る、(3)自動ブレーキ機能:衝突を回避できないと判断した場合、自動的に強いブレーキをかけ、衝突の回避または被害軽減を図る。
 スズキによると、Solioに搭載した2014年2月時点で、コンパクトハイトワゴン初のミリ波レーダー方式による衝突被害軽減ブレーキシステムであるとのこと。

資料:スズキのプレスリリースと技術資料

 

スズキ主要モデルの予防安全装備設定状況

(◎:全仕様に標準装備、○:一部仕様に標準装備、△:オプション設定、空欄は設定なし)
Solio Wagon R Spacia Hustler Alto Every
wagon
Every Alto van
コンパクト
カー
軽乗用車 軽商用車
現在の安全装備設定車の発売年月 2014年
8月
2013年
7月
2013年
9月
2013年
12月
2014年
12月
2015年
2月
2015年
2月
2014年
12月
レーダーブレーキサポートシステム ○△ ○△ ○△ ○△ ○△
誤発進抑制機能 ○△ ○△ ○△ ○△ ○△
レーダーブレーキサポートⅡ

資料:スズキのプレスリリースおよび各モデルのon-lineカタログ
(注)スズキは上記の表の他に、2011年から中型セダンKizashiに、ミリ波レーダーを搭載するプリクラッシュセーフィティシステムとACCをセットでオプション設定している。

 

 



ダイハツ:軽乗用車4車種にスマートアシストを設定、後方誤発進抑制制御機能を追加

ダイハツWake
スマートアシストを採用したダイハツWake(2014年11月発売)(写真:ダイハツ)

 ダイハツは、2012年12月、ビッグマイナーチェンジしたMOVEに、軽自動車初となる衝突回避支援ブレーキ「スマートアシスト」を設定した。現在MOVE、Wakeなど主力の4車種に設定している。

 発売時点から、(1)低速域衝突回避支援ブレーキ機能、(2)誤発進抑制制御機能、(3)先行車発進お知らせ機能、を搭載している。さらに2014年12月に発売した新型MOVEに、軽初の、(4)ソナーセンサーを利用する「後方誤発進抑制制御機能」を追加設定した。


ダイハツ:予防安全装備(スマートアシスト)の機能

低速域衝突回避
支援ブレーキ
 先行車との衝突の可能性が高まった場合に、緊急ブレーキで減速。衝突を回避したり、被害を軽減する。約4~30km/hで走行中、前方約20m以内に車両があることをレーザーレーダーが検知した場合に作動する。
 自車と先行車との速度差が約20km/h以内の場合は衝突を回避。約20~30km/hの場合には、衝突の被害を軽減する。また、ダイハツによると、衝突事故の約6割は、30km/h以下の低速域で発生している。
誤発進抑制制御機能  前方約4m以内に障害物があることをレーザーレーダーが検知している時に、必要以上にアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断した場合、エンジン出力を抑えて急発進を抑制する。
後方誤発進抑制
制御機能
 ソナーセンサー(音波)を搭載。後方に壁などの障害物を検知している時に、Rレンジでアクセルペダルを強く踏み込んだ場合、エンジン出力を抑えて急発進を抑制する。ダイハツによると、2014年12月発売の新型MOVEに軽自動車で初の採用。
先行車発進
お知らせ機能
 信号待ちなどで、前方10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合、ブザー音とメーター内の表示でドライバーに知らせる。

資料:ダイハツのプレスリリースと技術資料

 

ダイハツ主要モデルの予防安全装備設定状況

(○:一部仕様に標準装備、空欄は設定なし)
MOVE Wake Mira e: S Tanto
軽乗用車
現在の安全装備設定車の発売年月 2014年12月 2014年11月 2014年5月 2013年10月
低速域衝突回避支援ブレーキ
誤発進抑制制御機能
後方誤発進抑制制御機能
先行車発進お知らせ機能

資料:ダイハツのプレスリリースおよび各モデルのon-lineカタログ
(注)2015年3月下旬時点で、ダイハツの軽乗用車Mira、Mira Cocoa、Move Conte、Copen、Atrai wagon、および軽商用車にはスマートアシストを設定していない。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>