マツダ、富士重、三菱自がSUVコンセプトを出展:東京モーターショー2015から

ダイハツは生活に寄り添う軽自動車を提案

2015/11/20

要 約

 本レポートは、東京モーターショー2015での、日本自動車メーカー4社、マツダ、富士重、三菱自およびダイハツの出展概要を報告する。

 マツダは、ロータリースポーツコンセプト「Mazda RX-VISION」を、いつかは実現したい夢として世界初公開した。また新しいクロスオーバーコンセプトカー「マツダ 越 KOERU」を、「既存の概念や枠組みを超える価値を提供したい」との思いを込めて新提案した。

 富士重は、高度な予防安全に加え、高速道路上における全車速での自動運転と自動駐車を実現するSUBARU VIZIV FUTURE CONCEPTを出展。SUVタイプのコンセプトカーで、パワートレインは、後輪をモーターで駆動するハイブリッドAWDを採用。

 三菱自動車は、電気自動車コンパクトSUV「eX concept」を出展した。三菱自の電動化技術、四輪制御技術、さらに自動車専用道路での自動運転技術も織り込んだ。

 富士重と三菱自は、ともに2020年をめどに高速道路での自動運転を実用化する計画。

 ダイハツは、本モーターショーのテーマを、「"Possible"明日の[できる]を、ダイハツと」とし、生活の中に生きる軽自動車として、「NORI ORI」「TEMPO」「HINATA」のコンセプトカーを出展し、また内燃機関改善による次世代環境車のイメージを「D-base concept」で表現した。

東京モーターショー2015取材レポート

4代目プリウス搭載部品:デンソー、アイシングループ、豊田自動織機、トヨタ紡織、小糸製作所
・新型プリウスとマツダロータリー:プリウスの進化、マツダのこだわり
東京モーターショー2015:トヨタと日産の出展取材
ホンダの新FCVクラリティと新型NSX、スズキのイグニス、バレーノなど
 



マツダ:RX-VISIONコンセプトと「越 KOERU」コンセプトを出展

 マツダは、ロータリースポーツコンセプト「Mazda RX-VISION」と新しいクロスオーバーコンセプトカー「マツダ 越 KOERU」を出展した。

 現在、ロータリーエンジンの開発に取り組んでいるのは、世界で唯一マツダ1社のみ。「RX-VISION」を、いつかは実現したい夢として世界初公開した。

 また、「越 KOERU」は、「既存の概念や枠組みを超える価値を提供したい」との思いを込めての新提案だとしている。

★写真は、クリックすると拡大します。

 

Mazda RX-VISION Mazda RX-VISION
Mazda RX-VISION(右側の写真はマツダ提供)
KOUERU KOUERU
「越 KOERU」コンセプト 「越 KOERU」コンセプトの運転席のイメージ(写真:マツダ)

 

マツダ:「RX-VISION」と「越 KOERU」

RX-VISION  マツダは、2012年にロータリーエンジン車RX-8の生産を終了したが、現在も継続して研究・開発を行っている。次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」と、マツダが考えるFRスポーツカーの究極ともいえるスタイリング、これらを採用したロータリースポーツコンセプト「Mazda RX-VISION」を、いつかは実現したい夢として世界初公開した。
 ロータリーエンジンの燃費、排ガス性能、信頼性という3つの課題を、最新技術とSKYACTIV技術と同じ高い志でブレークスルーするという決意を込めて、次世代ロータリーエンジンを「SKYACTIV-R」と命名した。コンセプトカーは、全長4,389mm、全幅1,925mm、全高1,160mm、乗車定員2名。
越 KOERU  日本初公開となるクロスオーバーコンセプトモデル「マツダ 越 KOERU」は、マツダのSKYACTIV技術およびデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」を全面採用した。全長4,600mm、全幅1,900mm、全高1,500mm(CX-5と比べると、全長は60mm長く、全幅は60mm広く、全高は205mm低い)。乗車定員5名。
 デザインについては、野生動物のような力強い生命感とともに、研ぎ澄まされた品格を表現することにより、見るものを圧倒するプロポーションと、日本的な奥行きのある造形の創造に取り組み、「魂動」表現の進化を図った。

 

 



富士重:高速道路で自動運転が可能なSUBARU VIZIV FUTURE CONCEPTを出展

 富士重は、高度な予防安全に加え、高速道路上における全車速での自動運転と自動駐車を実現するSUBARU VIZIV FUTURE CONCEPTを出展。SUVタイプで、パワートレインは後輪をモーターで駆動するハイブリッド車AWDを採用。

 富士重は、本モーターショーのプレスカンファレンスで、2017年には高速道路上での渋滞時追従、2020年に高速道路上での自動運転を量販車で実現すると発表した。

 また次期型IMPREZAをイメージしたデザインコンセプトカー、IMPREZA 5-DOOR CONCEPTを出展した。

 

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT
SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT
IMPREZA 5-DOOR CONCEPT IMPREZA 5-DOOR CONCEPT
IMPREZA 5-DOOR CONCEPT、次期型IMPREZAのデザインの方向性を示す

 

富士重:SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPTと次期型IMPREZAのデザインコンセプト

SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT  デザインコンセプトは、「スバル×アクティブライフ」。スバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC(躍動感)×SOLID(塊感)」を具現化して、アクティブにどこかへ出掛けたくなるワクワク感のあるデザインとした。世界初公開。
 アイサイトによる高度な前方認識と全方位レーダーの組み合わせにより、車両周囲の交通環境や危険を全方位で把握し、また高精度GPS、高精度地図データを活用することによって自車位置を特定し、走行経路上のカーブ、車線等に応じた最適な制御を行う。
 これらの技術により、前方直進時の衝突回避に加え、交差点右左折時や後退時の車両、自転車、歩行者との全方位の衝突回避を実現。さらに高速道路上での自動運転や自宅・商業施設の駐車場での自動駐車を実現する。
パワーユニットは、小型・軽量化とセグメントトップとなる正味熱効率を実現したダウンサイジング直噴ターボエンジンと、次世代ハイブリッドシステムを組み合わせ、走りの愉しさと燃費性能を両立させる。また、リヤアクスル上にモーターを配置することにより、AWDでありながらプロペラシャフトを廃止し、フラットなフロアを実現した。
IMPREZA 5-DOOR CONCEPT  富士重が2014年5月に発表した新中期計画「際立とう2020」において、次世代モデルの第1弾と位置付ける次期型IMPREZAをイメージした5ドア車のデザインコンセプトカー。今後のスバルデザイン全体の方向性をも提示している。2016年末発売予定。
 フロント、サイド、リヤの各デザインを、ダイナミックかつソリッドな面構成で繋げ、スバルデザインの特徴である立体的で塊感のあるボディーを構成。安心と愉しさのデザインをCセグメントの限られたボディーサイズの中で追求した。全長4,400mm、全幅1,880mm、全高1,440mm。

 

 



三菱自:電気自動車コンパクトSUV「eX concept」を出展、自動運転も織り込む

 三菱自動車は、電動コンパクトSUV「eX concept」を出展した。三菱自の電動化技術、四輪制御技術、さらにコネクテッドカー技術と予防安全技術を組み合わせた自動運転技術も採用し、自動車専用道路での自動運転を実現する。自動運転を含め、2020年頃の商品化を目指す。

 

eX concept eX concept eX concept
MITSUBISHI eX concept (electric crossover) eX conceptの室内(写真:三菱自) eX conceptの運転席(写真:三菱自)

 

三菱自動車:eX concept (electric crossover)

 三菱自が出展したeX conceptは、シューティングブレーク(注)のスタイルを持つコンパクトSUVで、キビキビと街を疾走するスポーツクロスオーバースタイルを提案。センターピラーレスの観音開きドアを装備。全長4,240mm、全幅1,780mm、全高1,575mm。乗車定員5名。
 エネルギー密度を大幅に向上させた、容量45kWhのリチウムイオン電池を搭載するEVで、航続距離400kmを実現する。ツインモーター4WD及び車両運動統合制御(S-AWC:Super All Wheel Control)により、意のままの操縦性と卓越した安全性を発揮する。前後それぞれのモーター最高出力は70kW、合計140kW。
 メーターの両側にはドアミラーに代わるサイドビューモニター、オーバーヘッドコンソールにはルームミラーに代わるリヤビューモニターを装備するなど、安全装備を充実。自動運転(準自動走行)技術として、協調車間距離制御(Cooperative Adaptive Cruise Control、車車間通信技術を活用する)、自動レーンチェンジ(Blind Spot Warning-Lane Change Assistと協調)、障害物回避自動操舵システム、自動バレーパ-キング(非接触充電設備が用意されていることを想定し利用する)などを搭載する。なお、自動運転中は、「自動運転モード用ポジションランプ」を点灯させて、他車に自動運転であることを伝える。

(注)クーペの流麗なスタイリングを融合させたワゴンやハッチバックの呼称で、起源は英国の狩猟用馬車。

 

 



ダイハツ:「人々の生活に寄り添う軽自動車」のコンセプトカーを出展

 ダイハツは、本モーターショーのテーマを、「"Possible"明日の[できる]を、ダイハツと」とし、展示ブースも四角い積み木を積み重ねた造りで、できることを積み重ねていくイメージを演出した。

 生活の中に生きる軽自動車として、「NORI ORI」「TEMPO」「HINATA」のコンセプトカーを出展した。

 

ダイハツブース NORI ORI
ダイハツの、四角い積み木を積み上げたイメージのブース 新コンセプトTEMPO(テンポ)
新コンセプトTEMPO 新コンセプトHINATA
新コンセプトNORI ORI(ノリオリ) 新コンセプトHINATA(ヒナタ)

 

ダイハツの「生活に寄り添う軽自動車」コンセプトカー

NORI ORI (ノリオリ)  全ての人がまず直面する車に対するハードルとして、「乗り降り」に着目。イージーアクセスなスモールカーを目指して、超低床フロアで圧倒的な乗り降りのしやすさを実現。世界初出展。
 車両の横からでも後ろからでも乗り降りが可能。助手席側に収納式スロープを設定し、リヤにはフロアリフトを備え、さらにフラットフロアで車内での移動もラク。また、折りたたまずに、2台の車椅子を乗せることが可能な室内空間を実現した。
TEMPO (テンポ)  FF車のメリットである室内空間の自由度を最大限生かした、新しい移動式店舗の提案。助手席側にLED照明付きの大型ガルウィングドアを採用し、カウンターテーブルを組み込んだショーケースを配置。車両側面には、デジタルサイネージ(電子看板)を装備し、お店の看板として活用可能にした。世界初出展。
HINATA (ヒナタ)  デザイン性とスペース機能の融合による、新しいラウンドデザインの軽自動車の提案。ちょっとお出かけして、母娘が仲良くシートに並んでひなたぼっこするのに最適。自然なリラックス感を表現したデザインで、両側観音開きによる解放感と、多彩なシートアレンジを組み合わせた。世界初出展。

 ダイハツは、内燃機関の追求による次世代環境車のイメージを「D-base」で表現した。

 また、市販車では、モーターショー期間中の10月29日に発売したCAST SPORTを出展した。

 

D-base D-base CAST SPORT
次世代ベーシックカーの提案 D-base(ディーベース) D-baseの室内も、スッキリした、 スタイリッシュなイメージを感じさせる CASTシリーズの3つ目の バリエーションCAST SPORT

 

ニューベーシックスモールカー「D-base」コンセプト

D-base (ディーベース)  ダイハツは、いつの時代も次のベーシックを作ってきた。そのDNAを引き継ぎ、基本性能を磨き上げた、ニューベーシックスモールカー(軽自動車)の提案。e:Sテクノロジーを進化させた内燃機関の追求による、次世代環境車。スッキリしたなかにもラグジュリー感を持ち、スタイリッシュなエコ&スマートデザインで先進性を表現したとしている。世界初出展。

 

ダイハツの市販車:CAST SPORTの出展

CAST ACTIVA/STYLE 2015年9月  ダイハツの新型軽乗用車CASTは、「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトとし、3つのバリエーションを開発。3車種とも、30km/Lの低燃費を実現した。クロスオーバーテイストなエクステリアで、最低地上高も30mm高くした「ACTIVA」と、都会的な上質感を持たせた「STYLE」を2015年9月に発売した。
CAST SPORT 2015年10月  3つ目のバリエーションである「SPORT(スポーツ)」を、本モーターショー期間中の10月末に発売した。スポーティサスペンション、専用エンブレム、常時点灯のフロントLEDイルミネーションなど「SPORT」専用装備を搭載する。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>