マツダ:SUVモデル投入を継続、2018年度のSUV比率を最大50%へ

「モノ造り革新」をグローバルに展開し、海外工場で増産

2016/09/23

要約

新型CX-9
北米で発売した新型CX-9(写真:マツダ)

  マツダは、2016-2018年度の中期経営計画「構造改革ステージ2」に取り組んでいる。その前の中計2012-2015年度「構造改革プラン」では、SKYACTIV技術を搭載する新世代商品群6モデルを投入、またメキシコ・タイ・ロシア・マレーシアでの生産体制を強化するなど、事業構造の転換は大きく進捗した。

  「構造改革ステージ2」では、2016年度前半にCX-9とCX-4を発売するなどSKYACTIVモデル投入を継続し、中計後半ではSKYACTIV<GEN2>モデルの開発・投入を開始する予定。

  販売・生産計画では、世界的に販売が好調なSUVを増産して、世界販売を2015年度実績の153万台から2018年度165万台に拡大する計画。また2018年度に、SUV比率50%も可能なフレキシブルな生産体制を確立する(2015年度のSUV比率は約34%)。

  また、国内外の工場のフレキシビリティを向上させ、国内工場と海外工場が相互に補完するスイング生産を導入しながら海外の生産拠点をフル活用し、新工場は建設せずに2018年度165万台達成を目指す(2016年初め以来の円高への対策でもある)。

  SKYACTIVモデルは、一括企画/コモンアーキテクチャーでの開発を進めている。その効果により、多品種少量生産でも効率的な生産を可能にした。

  なお、2019年度からの次期中計では、SKYACTIV<GEN2>モデルの本格投入、電気駆動強化、さらに量的拡大に向けた生産能力拡充を目指すとしている。


関連レポート:
マツダ:次期中計期間に第2世代SKYACTIVモデル導入を開始 (2015年7月)
人とくるまのテクノロジー展2016:マツダがG-Vectoring Controlを出展 (2016年6月)



マツダ:中計「構造改革ステージ2」を推進、構造改革を深化

  現在、2016-2018年度の中期経営計画「構造改革ステージ2」を実施中。前中計「構造改革プラン」に続きCX-9、CX-4を投入し、SKYACTIVモデルは8車種に拡大した。「構造改革ステージ2」は、「構造改革プラン」の開発・生産・調達効率向上をさらに一歩進めて、SKYACTIV<GEN2>モデルを本格投入し生産能力の拡充も予定する次の中計へつなげる中間段階と考えられる。

マツダの3段階の中期計画

構造改革プラン 構造改革ステージ2 次期中計
2012-2015年度 2016-2018年度 2019年度~
構造改革による事業構造の転換 質的成長/ブランド価値向上 更なる持続的成長
商品・開発 SKYACTIV<GEN1>モデル ・SKYACTIV商品の継続的進化 ・電気駆動強化
・GEN2モデル開発・投入開始 ・GEN2モデル本格投入
グローバル生産 メキシコ・タイ・ロシア・マレーシアでの生産体制強化 工場稼働率最大化により、販売拡大をサポート 量的拡大に向けた生産能力拡充

(注)「構造改革ステージ2」最終年度の2018年度には、グローバル販売台数165万台、営業利益率7%以上を目指す。



2018年度にSUV比率50%が可能な生産体制を確立、乗用車販売に上乗せ

  2016年度に入り、春に新型CX-9を北米市場に投入、6月に中国で新規モデルCX-4を発売した。

  SKYACTIVモデルは8車種となり、うち4車種がSUV、うち3車種(CX-5、CX-3、CX-4)は新規モデルで、下右図が示すように、2012-2015年度の販売増は、新規に投入したSUVにより実現してきた。マツダは、Demio/Axela/Atenzaの販売台数を維持しながらCX系のクロスオーバー系車種の販売を上乗せしていく計画。2018年度には、CX系の比率を50%まで拡大できる生産体制を構築する。

  一方、販売不振のミニバン3車種MPV、PremacyとBianteは、2017年までに生産を終了する(MPVの生産は2016年3月に終了した)。その代替の役割も含めて、CX-9を2016年後半にも日本市場に投入する計画とされている。

 

CX-4 商品ポートフォリオの変化
中国で発売したCX-4(北京モーターショー2016にて撮影) 商品ポートフォリオ(世界販売台数)の変化:乗用車の台数を維持しながら、CX系車種を上乗せ(2015年度世界販売台数は、CX-5が36.9万台、CX-3が11.7万台、CX-9は3.1万台、乗用車ではAxela(Mazda3)の45.7万台がトップ)(資料:マツダ)



マツダが2016年以降発売するSUVモデル

2016年春 新型CX-9
(北米)
 マツダは、新世代商品群の頂点となる新型3列シートミッドサイズクロスオーバーSUV「マツダCX-9」を2016年春に北米で発売。年間約5万台のグローバル販売台数の約8割を北米市場が占める北米戦略モデル。日本の本社宇品工場で生産する。
 エンジンは、「SKYACTIV-Gシリーズ」の最上位となる、シリーズ初のターボエンジンとして開発された「SKYACTIV-G2.5T」を搭載し、4L V8自然吸気ガソリンエンジン並みのトルクを実現した。
2016年6月 CX-4
(中国)
 CX-4は、2015年の東京モーターショーに出品された「越 KOERU」コンセプトの市販車。CX-5のプラットフォームをベースとするが、全長4633mm×全幅1840mm×全高1535mm(CX-5は4540mm×1840mm×1705mm)と長く低いSUVとクーペを融合したスタイルを持つ。2.0L(AT/MT)と2.5Lガソリンエンジン(AT)を搭載。
 生産委託先の一汽乗用車で生産し、2016年6月にまず中国市場に投入した。日本を含め、中国以外での生産・販売も検討している。
2016年後半 CX-9
(日本)
 日本市場ではミニバンの販売を終了するため、北米など海外で販売されている新型CX-9を投入するとされる(新たな7人乗りSUVを開発し投入する計画、との報道もある)。
2017年初め CX-5  新世代SKYACTIV商品群の第1号モデルとして2012年に発売したCX-5を、フルモデルチェンジする。デザインを一新し、安全機能も高める見込み。

資料:マツダのプレスリリース 、日本経済新聞 2016.2.29/6.21



G-Vectoringを搭載するAxelaとAtenzaを発売

  マツダは、2016年7月から日本市場で発売する大幅改良したマツダAxelaと、8月に発売した改良型Atenzaに、SKYACTIV Vehicle Dynamicsの第一弾として、G-Vectoring Control(GVC)を搭載した。全ての新世代商品に順次搭載していく。

 

大幅改良車Axela GVC搭載車両のターンイン 通常車両のターンイン
G-Vectoringを搭載した大幅改良車Axela GVC搭載車両のターンイン 通常車両のターンイン
G-Vectoring Control(GVC)の作動イメージ(Gyは横加速度、Fyはコーナリングフォース)

資料:マツダ

(注)「ターンイン」は、直進状態から旋回に移行していくことをいう。

SKYACTIV Vehicle Dynamicsの第一弾としてG-Vectoring Controlを開発

SKYACTIV Vehicle Dynamics  エンジン、トランスミッション、ボディー、シャシーなどのSKYACTIV技術の個々のユニットを統合的に制御することで、マツダが重視する「人馬一体」の走行性能を高める、新世代車両運動制御技術の総称。
G-Vectoring Control  ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、これまで別々に制御されていた車両の横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールし、四輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現する世界初の制御技術。

資料:マツダプレスリリース2016.7.14


  GVCの詳細は、「人とくるまのテクノロジー展2016:マツダがG-Vectoring Controlを出展」もご参照ください。



構造改革によりコストを低減、多品種少量生産と高い生産効率を両立

多品種少量生産と高い生産効率を両立
コモンアーキテクチャー構想で設計された製品をフレキシブル生産し、多品種少量生産と高い生産効率を両立(資料:マツダ)

  マツダが2012年度から開始した「構造改革」は、「SKYACTIVによるビジネス革新」と「モノ造り革新によるコスト改善の加速」が柱になっている。

  「モノ造り革新」では、5~10年先を予測して全車種をコモンアーキテクチャーで開発する(マツダは一括企画と呼称)ことにより、車種/車格を超えて機能ごとの最適構造を共通化し、マツダのラインアップ全体でスケールメリットを追求してきた。その結果、多品種少量生産でも高い生産効率実現が可能になった。マツダは、「モノ造り革新」によりコストを目標とした3割減近くまで削減し、1ドル=80円を切る円高になっても利益を上げられる体制を築いたとしている。

  国内生産拠点で大きな成果が出ている「モノ造り革新」を、今後海外生産拠点とサプライチェーンにも展開していく。







モノ造り革新

 従来トレードオフの関係にあるとされていた、商品競争力を高める多様性と量産効率を高める共通性を、高い次元で両立させることを目指す。
一括企画/
コモンアーキテクチャー
(基本骨格)構想
 5~10年先を予測して、車種や車格を超えて全商品をまとめて製品企画する。例えば、2006~2008年に2011~2015年度に発売する全ての車種を企画した。一つの開発/生産コンセプトを全車種で共通化。ラインアップ全体でスケールメリットを得る。
 マツダが本当に目指すべき商品・技術とは何かを関係者で議論し、今後導入するモデル共通の形状・構造を「固定領域」、車種やモデルによって変化・変更すべきものを「変動領域」と分類・定義した。
 「固定領域」については、量産効率を高めるコモンアーキテクチャーの効果により、複数車種を混流生産するが単独車種生産に近いスケールメリットを生み出した。
フレキシブル生産  「変種変量生産(注3)」を構築し、「変動領域」についても、効率的に商品バリエーションを実現した。
資料:マツダの個人投資家説明会(2015年7月)
(注) 1.  「モノ造り革新」は、これまで開発部門と生産部門が協力して進めてきたが、今後は調達部門も参加して推進する。
2.  トヨタはTNGA計画の発表において、「中長期の商品ラインアップを確定し」「<グルーピング開発>として、複数車種を同時開発する」(2013年3月27日付プレスリリース)としており、共通の発想と思われる。
3.  「変種変量生産」は、生産車種や生産量の変動に対する高いフレキシビリティを持つ混流生産方式のこと。例えば、
3-1.  全ての車種で共通となる標準(最良)の工程を決めて造り方を統一するとともに、製品開発においても車種を超えて製品の構造・基準を統一する。それらにより、従来の混流生産では、車種専用の設備や治具が多くあったなどの無駄を徹底的に排除した。
3-2.  生産ラインを構成する設備は、車種専用の設備は持たず、また混流の範囲を最大限広げるよう徹底的に汎用化した。


海外生産拠点をフル稼働~スイング生産を導入

  マツダは、2015年度に157万台を生産した。うち日本国内での生産が98.9万台、海外での生産が58.2万台で海外生産比率は37.0%に高まった。マツダは、今後国内での生産を85万台以上に保ちながら、今後の台数成長分は海外生産で対応し、40%以上の海外生産比率を目指している。

  2018年度世界販売165万台を、新工場は建設しないで実現する方針。海外生産拠点をフル活動させる前提として、工場間で相互補完をするスイング生産体制を導入する。まずは、防府工場でのMazda3の生産の一部をメキシコ工場に移し、両工場間のスイング生産を確保しながらメキシコ工場をフル稼働させる計画。

  また海外工場にもフレキシブル生産体制を導入し、乗用車/SUV間の需要変動に迅速に対応するとしている。

マツダの国内生産/海外生産

(1,000台)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
計画
国内 867 847 879 973 919 989 980
海外 411 338 321 296 456 582 -
海外生産比率 32.2% 28.5% 26.8% 23.3% 33.2% 37.0% -
合計 1,278 1,185 1,200 1,269 1,375 1,571 -
輸出台数 719 654 703 791 738 787 -
輸出/国内生産 82.9% 77.2% 80.0% 81.3% 80.3% 79.6% -

資料:マツダの決算参考資料
(注)マツダの生産は、日本、中国、タイ、メキシコが中心。2015年主要国での生産能力は、日本(99.6万台)、中国(22万台)、メキシコ(25万台)、タイ(14.1万台)。他に、ロシア、コロンビア、台湾等9カ国で生産している(台数合計は10万台弱)。

生産効率最大化に向けた取組み

日本 防府 ・本社宇品工場で生産してきたCX-3の生産の一部を、2016年度後半に防府工場に移管。
宇品 ・CX-5、CX-9の生産能力拡大。
・2016年度は、新型車の生産準備の影響で生産台数が減少するが、2017年度以降は稼働率を向上させる。
海外 メキシコ ・Mazda3の生産を防府工場とスイング生産(相互補完)し、メキシコ工場をフル稼働させる。(注)
その他 ・タイ(CX-3)、マレーシア(CX-5)の生産能力を増強

資料:2015年度決算発表資料
(注)マツダは、2014年9月に国内で発売した新型Demio(Mazda2)は、北米へは投入しない。Mazda2の米国とカナダでの販売は、2015年で終了した。従って、メキシコ工場での生産はMazda3が約6割、残りは北米以外の地域向けMazda2とMazda2ベースのトヨタへ供給するOEM車の構成。



マツダの業績:2016年度の販売台数は微増、売上高3.7%減、営業利益25%減を見込む

  マツダのグローバル販売台数は、中計「構造改革プラン」前の2011年度124.7万台から2015年度の153.4万台(過去最高)へ23.0%増加した。2016年度も155万台へ微増を見込む。2015年度の前年度比13.7万台の増加に対して、2016年度計画が1.6万台増にとどまるのは、SUV系車種の生産能力拡大が需要の増加ピッチに追い付いていないことと、今期に導入する新型車の生産準備により、設備の稼働率が高まらないこと等のためとしている。

  売上高は、2011年度の2兆円強から、2015年度3.4兆円に増加、営業利益も2011年度387億円の赤字から2015年度2,268億円に拡大した。

  2016年度計画では、為替レートを1ドル:110円、1ユーロ:125円の前提で、為替影響により営業利益の810億円減を見込み、売上高3兆2,800億円(3.7%減)、営業利益は1,700億円(25%減)の計画。マツダは、新商品や改良モデル投入による台数・収益性向上と、コスト改善/固定費抑制等の取組みを強化するとしている。海外工場をフル稼働させて為替影響を最小化し、新工場を建設しないで2018年度165万台販売を目指している。

マツダのグローバル販売台数

(1,000台)

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
計画
2015年度
4~6月期
2016年度
4~6月期
日本 206 216 244 225 232 233 57 39
北米 372 372 391 425 438 449 116 113
欧州 183 172 207 229 257 260 54 66
中国 223 175 196 215 235 238 57 59
その他 263 300 293 303 372 370 86 98
1,247 1,235 1,331 1,397 1,534 1,550 370 375

資料:マツダの決算参考資料
(注)2016年4~6月期の国内販売台数減は、前年度のDemio、CX-3新型車効果が一巡により減少したため。G-Vectoringを搭載するAxelaを7月に、Atenzaを8月に発売し巻き返しを図る。

マツダの連結業績

(100万円)

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
計画
2015年度
4~6月期
2016年度
4~6月期
売上高 国内 560,200 588,000 655,700 617,400 660,900 660,000 165,500 120,500
海外 1,472,900 1,617,300 2,036,500 2,416,500 2,745,700 2,620,000 640,500 655,700
連結 2,033,058 2,205,270 2,692,238 3,033,899 3,406,603 3,280,000 806,007 776,204
営業利益 (38,718) 53,936 182,121 202,888 226,775 170,000 53,324 52,439
営業利益率 -1.9% 2.4% 6.8% 6.7% 6.7% 5.2% 6.6% 6.8%
経常利益 (55,262) 39,101 140,651 212,566 223,563 176,000 54,617 44,928
当期純利益 (107,733) 34,304 135,699 158,808 134,419 115,000 36,800 21,230
設備投資 78,000 77,200 133,200 131,000 89,200 105,000 16,700 13,300
減価償却費 68,800 60,000 57,700 68,900 79,000 83,000 19,200 19,500
研究開発費 91,700 89,900 99,400 108,400 116,600 125,000 27,000 28,900
為替レート 円/US$ 79 83 100 110 120 110 121 108
円/EUR 109 107 134 139 133 125 134 122
資料:マツダの決算発表資料
(注) 1.  2015年度の当期純利益減は、タカタ製エアバッグに関連する品質関連費用407億円を特別損失として計上したため。
2.  2016年度の為替レート見通しは、9月中旬時点の実勢(1ドル=102円前後、1ユーロ=115円前後)からすると円安の水準だが、同年度第1四半期決算発表では修正していない。今後為替動向を見極めた上で、必要であれば修正するとしている。


LMC Automotive 生産予測:マツダのライトビークル2019年世界生産は171万台

(LMC Automotive, 2016年8月)

マツダの生産予測

  LMC Automotiveの2016年8月時点の予測によると、マツダのライトビークル生産台数は2016年に162万台(2015年比2.7%増)、2017年に164万台(同4.5%増)、2019年には同8.9%増の171万台と見込んでいる。

  LMC Automotiveは、マツダは増大するSUVの需要に応えるため、CXシリーズのSUVを増産すると予測する。一方、その分MAV(Multi activity vehicle)のPremacyとBianteは2017年中に生産を終了する。SUVセグメントのマツダの世界生産に占める比率は、2015年の33.9%から2020年には37.6%に高まると予測している。

  しかし、LMC Automotiveは、マツダの2018年の世界生産台数はほぼ前年並みに推移すると予測する。背景としては、マツダの量販車種は発売後年数が経過し、第2世代SKYACTIVモデルの投入は2018~2019年になることがある。次期型Mazda3と次期型CX-5は、2018年末に市場投入の見込みだが、次期型Mazda2投入は2019年初めと見られる。

<日本でのハイライト>

  世界での成長を支えるため、マツダは現在宇品工場で生産するCX-3を、2017年の後半から防府工場でも生産開始する。また2016年2月、広島の宇品工場でフルサイズSUVの新型CX-9の生産を開始した。生産の大部分は、北米市場に出荷される。

<中国でのハイライト>

  中国経済のスローダウンを受け、LMC Automotiveは以前に中国市場全体の予測を下方修正した。しかし、2016年のマツダについては、2016年第2四半期に生産を開始した新規モデルCX-4や、拡大を続けるMazda3(Axela)の効果で、順調な成長を見込んでいる。

<北米でのハイライト>

  2015年に、マツダはMazda5(Premacy)生産・販売の終了を決定し、またMazda2の米国・カナダでの販売を終了した。メキシコ工場での2016年マツダブランド車生産は、前年比8.1%減少する見込み(Mazda2が5.2%減、Mazda3は9.0%減)。

マツダのライトビークル2019年生産は171万台(LMC Automotive)

2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
Japan 1,014,274 990,234 974,778 986,017 1,036,240 1,003,168 1,006,381
China 187,262 205,511 233,080 256,964 235,866 268,191 288,409
Mexico 0 99,033 182,357 166,470 175,941 177,099 185,719
Thailand 95,109 69,205 121,130 130,623 121,701 123,489 142,737
Iran 11,566 4,211 3,058 14,286 21,317 22,344 24,676
Russia 26,617 30,846 23,214 20,624 11,715 16,973 20,595
Vietnam 3,768 8,380 16,830 22,191 15,744 14,519 16,007
Malaysia 5,114 10,488 10,797 12,207 12,572 13,209 15,167
Taiwan 9,730 9,334 3,452 4,496 8,706 8,567 8,610
Ecuador 7,474 5,990 3,784 1,534 3,422 3,868 4,171
South Africa 3,124 2,864 1,337 785 1,380 1,641 2,262
Colombia 7,291 4,319 0 0 0 0 0
Indonesia 733 749 682 310 114 0 0
総計 1,372,062 1,441,164 1,574,499 1,616,507 1,644,718 1,653,068 1,714,734
資料: LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast" (August 2016)
(注) 1. データは、小型車(乗用車 + 車両総重量6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要になります

より詳細なデータのご用命やお問い合わせはこちらの頁へ

------------------
キーワード
一括企画、コモンアーキテクチャー、モノ造り革新

<自動車産業ポータル マークラインズ>