マツダ:次期中計期間に第2世代SKYACTIVモデル導入を開始

2020年に、電動化技術と組み合わせて燃費を2008年比50%改善

2015/07/07

要 約

新型Roadster
マツダが2015年5月に発売した新型Roadster(写真:マツダ)

 本レポートは、マツダが2015年4月に発表した次期中期計画「構造改革ステージ2」(2016~2018年度)を中心に、マツダの商品計画と生産体制の計画について報告する。

 マツダの業績は、2008年度~2011年度に最終赤字に陥ったが、2012年からSKYACTIV技術と新デザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を採用した新世代商品群を投入し、円安効果もあって大幅に改善している。

 2015年度中には新世代商品を8車種に拡大し、SKYACTIV技術搭載車の割合が85%以上となり、全社平均燃費は2008年比30%向上する見込み。次期中計期間中に、HCCI(予混合圧縮着火)燃焼を採用した第2世代SKYACTIV(SKYACTIV GEN2)搭載車の導入を開始。2019年度からは電動化技術をさらに強化し、2020年に平均燃費を2008年度比50%改善するとしている

 生産体制では、メキシコ、タイ、中国を中心に海外生産を強化し、為替影響を受けにくい体制を構築する。次期中計では、国内稼動を高レベルで維持しながら(国内で85万台以上を確保する方針とされる)、今後の台数成長は海外生産増加で対応するとしている。


関連レポート:
マツダ:為替影響とSKYACTIV車販売拡大により営業利益が3.4倍増(2014年6月)
マツダ:内燃機関技術開発の現状(2015年6月)