タイ市場分析:SUVが好調で販売は底打ち、2017年からは回復期待

オセアニア、アジア向けの輸出が増え、生産を支える

2016/09/12

タイ市場の概況

インドの生産と国内販売、輸出  タイの2015年の小売販売台数(乗用車+商用車)は前年比9.3%減の80.0万台と、初回購入支援策(ファーストカー減税:2011年10月-2012年12月)終了後、3年連続の減少。支援策が始まった2011年を、やや上回る水準まで販売台数は減少。2015年は、干ばつと農産物価格下落に伴う消費者の購買力の低下、自動車ローン借入条件の厳格化などが要因。

 2016年1月からは、排出量基準の新たな物品税が導入されたため、一部モデルが増税。2015年年末の駆け込み需要の反動減もあり、当初は2016年の販売台数は10%程度減少するものとみられていた。

 しかし、当初は反動減で前年に比べて減少したが、SUVの販売好調と税制影響の比較的少ないピックアップトラックの下支えにより徐々に持ち直し、2016年1-7月累計の販売台数は前年同期比0.2%減の42.9万台と、微減にとどまった。FTI(The Federation of Thai Industries)は、2016年の通年の販売台数は前年を若干下回る75-78万台と予測している。

 また、2011年10月より実施されていた初回購入支援策は、5年以上の保有が条件であるため、2016年10月以降、この支援策で購入した車の買い換え需要が起きるとされている。

 2017年は、この買い換え需要に加えて、年末に予定されている総選挙に伴って景気回復が予測される。そのため、2017年後半からは、自動車の販売台数は拡大すると予想されている。

 輸出は、国内販売が不振な中でも、着実に増加しており、2015年は前年比6.8%増の120.5万台。2016年1-7月累計では前年同期比2.3%増の69.4万台と増加が続いている。ただし、通年では中東市場の先行き不透明感により、上期ほどの輸出増加は見込めないとされている。

 また、自動車生産台数は、輸出に支えられて回復が続いており、2015年は前年比1.8%増の191.3万台。2016年に入っても増加が続いており、3年ぶりに200万台に達する見通し。

タイでの生産・販売・輸出台数

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
見通し
1-7月
2015年 2016年
生産台数 1,457,795 2,453,717 2,457,057 1,880,007 1,913,002 200万台 1,101,114 1,147,330
輸出台数 735,627 1,026,671 1,119,205 1,128,102 1,204,895 122-125万台 678,432 693,978
国内販売 794,081 1,436,335 1,330,678 881,832 799,632 75-78万台 429,972 429,265
(輸出/生産) 50.5% 41.8% 45.6% 60.0% 63.0% - 61.6% 60.5%
資料:The Federation of Thai Industries:FTI、Thailand Automotive Instituteなどから作成。
(注) 1.  国内販売は、輸入車も含む小売り台数。
2.  2016年の見通しの欄はFTIの2016年8月時点の見通し。


関連レポート:
タイ: 2015年の生産台数は3-4%増の193万-195万台の見通し(2015年12月)



ライトビークル市場 セグメント別:市場が底を打ち、SUV市場が伸びる

タイのセグメント別販売 タイのライトビークル登録台数(中大型商用車を除く乗用車/ピックアップなど)は、2015年に77.1万台。前年比8.6%減と、前年(33.3%減)からは減少幅は縮小した。

 2016年に入ってからは、物品税改正の影響で、販売減が予想されていたが、7月までの累計で、前年同期比1.9%増の41.7万台となった。ピックアップ、SUVの販売増が貢献。

 ピックアップ:タイのライトビークル市場で最大シェアを占める。2016年1-7月には同市場の43.9%を構成し、18.3万台を販売(前年同期比2.2%増)。いすゞ D-Max、トヨタ Hiluxがトップモデルで、この2モデルで、タイのピックアップ市場の3分の2を占める。

 乗用車:2012年までの購入支援策を受けた車の登録が多かった2013年には、乗用車全体で50%以上のシェアを占めていたが、反動減とSUVの販売増に押され、2016年1-7月には36.1%まで減少。特に、支援を受けることができたBセグメント車は2013年の26.3%から2016年1-7月には18.0%へ減少し、Cセグメント車も同期間で19.0%から13.3%へ減少。特に、Bセグメント車のトヨタ Vios、三菱 Mirageの販売減が顕著。

 SUV:タイ市場でもSUVの販売台数は増加傾向。2013年には全体の5.7%を占めるに過ぎなかったが、2016年1-7月には16.2%まで上昇。トヨタ Fortunerや三菱 Pajero Sportは従来から人気があるが、それらに加えて各社が2013年以降、次々とSUVモデルをタイで発売しており、SUV市場が拡大。特にホンダのHR-V(日本名ヴェゼル)、BR-V(2016年1月発売の3列シートSUV)、いすゞ MU-Xは販売が好調。

タイのセグメント別ライトビークル登録台数

  2013 2014 2015 1-7月
2015年 2016年
ピックアップトラック 497,323 370,413 332,130 179,042 183,069
乗用車計 648,836 344,940 275,272 154,983 150,571
Aセグメント乗用車 18,461 8,091 5,284 3,747 1,677
Bセグメント乗用車 332,330 172,607 147,634 81,600 75,084
Cセグメント乗用車 239,876 126,809 88,564 49,551 55,520
Dセグメント乗用車 46,827 27,623 26,026 15,281 12,721
Eセグメント乗用車 9,280 7,922 6,467 4,031 4,677
Fセグメント乗用車 1,846 1,618 1,212 720 892
分類不詳(乗用車) 216 270 85 53 0
SUV 72,510 86,690 125,730 51,805 67,538
MPV 23,918 15,624 13,658 9,095 3,656
バン 17,587 14,766 11,119 7,252 5,991
分類不詳 4,099 11,020 12,924 7,163 6,168
総計 1,264,273 843,453 770,833 409,340 416,993
資料:MarkLines Data Center

 



ライトビークル市場 モデル別登録台数ランキング:いすゞ D-Maxがトップ

ライトビークル登録台数第1位(2016年1-7月)のいすゞ D-Max
同第2位のトヨタ Hilux
同第3位のトヨタ Fortuner
ライトビークル登録台数第1位(2016年1-7月)のいすゞ D-Max(写真 いすゞ) 同第2位のトヨタ Hilux (写真 トヨタ) 同第3位のトヨタ Fortuner (写真 トヨタ)

ライトビークル登録台数トップ10モデル

  2015年1-7月   2016年1-7月
モデル メーカー/ブランド 車種 台数 モデル メーカー/ブランド 車種 台数
1 D-Max いすゞ ピックアップ 65,689 1 D-Max いすゞ ピックアップ 69,710
2 Hilux トヨタ ピックアップ 65,687 2 Hilux トヨタ ピックアップ 62,203
3 Vios トヨタ 乗用車 19,938 3 Fortuner トヨタ SUV 18,480
4 Yaris トヨタ 乗用車 19,766 4 Yaris トヨタ 乗用車 18,408
5 Honda City ホンダ 乗用車 18,275 5 Honda City ホンダ 乗用車 17,178
6 HR-V ホンダ SUV 17,279 6 Ford Ranger Ford ピックアップ 15,342
7 Triton 三菱 ピックアップ 14,150 7 Demio (Mazda 2) マツダ 乗用車 13,639
8 Corolla トヨタ 乗用車 12,444 8 Triton 三菱 ピックアップ 11,950
9 Ford Ranger Ford ピックアップ 11,848 9 Jazz ホンダ 乗用車 11,625
10 Jazz ホンダ 乗用車 11,278 10 Navara 日産 ピックアップ 11,227

資料:MarkLines Data Center

 

ピックアップ登録台数トップ5モデル

  2015年1-7月   2016年1-7月
モデル メーカー/ブランド 台数 モデル メーカー/ブランド 台数
1 D-Max いすゞ 65,689 1 D-Max いすゞ 69,710
2 Hilux トヨタ 65,687 2 Hilux トヨタ 62,203
3 Triton 三菱 14,150 3 Ford Ranger Ford 15,342
4 Ford Ranger Ford 11,848 4 Triton 三菱 11,950
5 Navara 日産 9,549 5 Navara 日産 11,227

資料:MarkLines Data Center

ピックアップ登録台数第1位(2016年1-7月)のいすゞ D-Max
同第2位のトヨタ Hilux
同第3位のFord Ranger
ピックアップ登録台数第1位(2016年1-7月)のいすゞ D-Max(写真 いすゞ) 同第2位のトヨタ Hilux (写真 トヨタ) 同第3位のFord Ranger (写真 Ford)

 

 

乗用車登録台数トップ5モデル

  2015年1-7月   2016年1-7月
モデル メーカー/ブランド 台数 モデル メーカー/ブランド 台数
1 Vios トヨタ 19,938 1 Yaris トヨタ 18,408
2 Yaris トヨタ 19,766 2 Honda City ホンダ 17,178
3 Honda City ホンダ 18,275 3 Mazda 2 マツダ 13,639
4 Corolla トヨタ 12,444 4 Jazz ホンダ 11,625
5 Jazz ホンダ 11,278 5 Civic ホンダ 11,121

資料:MarkLines Data Center

乗用車登録台数第1位(2016年1-7月)のトヨタ Yaris
同第2位のホンダ City
同第3位のMazda2
乗用車登録台数第1位(2016年1-7月)のトヨタ Yaris(写真 トヨタ) 同第2位のホンダ City (写真 ホンダ) 同第3位のMazda2(写真 マツダ)

 

SUV登録台数トップ5モデル

  2015年1-7月   2016年1-7月
モデル メーカー/ブランド 台数 モデル メーカー/ブランド 台数
1 HR-V ホンダ 17,279 1 Fortuner トヨタ 18,480
2 MU-X いすゞ 6,791 2 Pajero Sport 三菱 11,075
3 Fortuner トヨタ 5,634 3 HR-V ホンダ 6,673
4 CR-V ホンダ 4,067 4 BR-V ホンダ 6,424
5 Pajero Sport 三菱 3,855 5 MU-X いすゞ 4,682

資料:MarkLines Data Center

SUV登録台数第1位(2016年1-7月)のトヨタ Fortuner
同第2位の三菱 Pajero Sport
同第3位のホンダ HR-V
SUV登録台数第1位(2016年1-7月)のトヨタ Fortuner(写真 トヨタ) 同第2位の三菱 Pajero Sport (写真 三菱) 同第3位のホンダ HR-V (写真 ホンダ)


ライトビークル市場 メーカー別:トヨタのシェア縮小、いすゞは拡大

タイのメーカー別販売  タイのライトビークル市場をメーカー別に見ていくと、日系メーカーが大きなシェアを占めており、2016年1-7月は合計で86.0%。シェア上位はトヨタ、いすゞ、ホンダで、それぞれ2016年1-7月は30.7%、17.8%、14.3%のシェアを占める。

 しかしその中で、首位のトヨタはここ1、2年でシェアを大きく下げている。一時は40%前後のシェアを獲得していたが、2016年1-7月には30.7%へ下落。Vios、Vitzなどの乗用車の販売が低迷していること、2015年5月にモデルチェンジしたHiluxの販売が2016年1-7月は前年同期比5.3%減と伸びていないことが要因。

 第2位メーカーのいすゞは、2016年1-7月のシェアを17.8%へ拡大。2015年末にモデルチェンジした D-Maxが好調で2016年1-7月累計で7.0万台を販売(前年同期比6.1%増)。

 その他のメーカーで、近年、シェアを拡大しているのはマツダ、Ford、上海汽車の3社。マツダはBセグメント乗用車 Mazda2、Fordはピックアップ RangerとSUV Everestが好調。上海汽車は2015年から販売しているBセグメント乗用車 MG3がシェア拡大に貢献。今後販売台数を維持できるか注目される。

 

タイのメーカー別ライトビークル登録台数

  2013 2014 2015 1-7月
2015年 2016年
トヨタ  426,356 321,115 260,803 135,435 128,077
いすゞ 185,198 144,164 130,608 72,496 74,398
ホンダ 195,452 99,685 113,234 65,680 59,477
三菱 100,142 61,251 57,855 26,857 31,858
Renault・日産 100,871 56,574 49,957 27,488 25,784
マツダ 56,409 33,237 37,980 18,117 25,255
Ford  49,798 37,537 35,426 16,272 20,692
スズキ 45,883 20,421 20,658 11,314 12,316
Daimler  12,796 11,341 11,363 6,946 8,256
GM  61,382 24,787 16,778 8,584 7,569
BMW  8,788 8,774 9,045 5,674 5,333
上海汽車 3 155 2,640 366 5,249
現代-起亜自動車 3,895 3,703 3,600 2,056 2,439
富士重 2,464 1,827 2,348 1,371 1,553
VW 2,223 1,684 1,651 940 813
Tata  3,008 1,627 1,405 868 747
吉利控股集団 2,235 1,688 958 585 583
東風汽車 1,799 1,867 845 629 131
その他 5,571 12,016 13,679 7,662 6,463
総計 1,264,273 843,453 770,833 409,340 416,993

資料:MarkLines Data Center



輸出台数 仕向地別:オセアニア向けがアジア向けを抜く

タイの仕向地別輸出台数 タイからの自動車輸出台数は、2012年以降増加が続いており、2015年は前年比6.8%増の120.5万台。2016年1-7月累計では前年同期比2.3%増の69.4万台と増加が続いている。

 仕向地別で多いのはオセアニアとアジア向けで、ともに全体の25%以上を占める。オセアニア向けの比率は2015年以降に増加しており、2016年1-7月には、前年同期比16.2%増と大幅に増えアジア地域向けを超えて、最大の輸出先となった。Ford、トヨタ、マツダの輸出が増加。

 一方、2014年に最大の輸出先であった中東向けは、2015年以降減少しており、2016年1-7月の輸出台数は13.7%減少して10.2万台。原油価格の低下に伴う景気後退が背景とされている。メーカー別では、トヨタ、いすゞなどが中東向けに輸出台数を減らしている。

 2013年以降、北米向けの輸出が増加しているが、主に北米での生産を2015年に取りやめた三菱自と、ホンダが輸出を増加させている。




タイ仕向地別輸出台数

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 1-7月
2015年 2016年
オセアニア 206,013 150,947 218,704 259,225 241,785 295,501 165,120 191,851
アジア(日本含む) 269,384 236,218 330,590 290,126 273,197 297,949 168,762 186,813
中東 178,826 156,372 243,718 283,676 287,508 229,547 117,673 101,554
欧州 83,882 70,143 69,218 79,694 96,040 145,753 85,721 86,892
中南米 107,996 83,346 120,350 120,401 123,510 130,547 81,222 62,346
北米 - - - 25,116 49,978 66,792 34,689 47,763
アフリカ 49,730 38,601 44,091 60,967 56,084 38,806 25,245 16,759
総計 895,831 735,627 1,026,671 1,119,205 1,128,102 1,204,895 678,432 693,978

資料:MarkLines Data Center

(注):北米の2013年の数字は一部中南米向けも含む。

 



輸出台数 メーカー別:トヨタの輸出が減少、三菱自は輸出拠点化

タイのメーカー別輸出台数  メーカー別の輸出ではトヨタが40万台以上を輸出して全体の4割近くをしばらく占めていたが、2015年は前年比11.5%減の37.7万台となり2年連続減少。中東向けが大きく減少。2016年に入ってからは横ばい。

 一方、タイからの輸出を大きく増やしているのは三菱自。2012年に欧州での生産を、2015年には北米での生産を取りやめており、その一方でタイからの輸出を増やしている。2015年の輸出台数は前年比7.5%増の29.0万台となり、4年間でほぼ倍増。2016年1-7月も増加傾向は続いている。

 また、2015年に輸出をほぼ倍増させたのはマツダ。タイから欧州向けの輸出を同年より再開したことが要因。




タイのメーカー別輸出台数

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 1-7月
2015年 2016年
TOYOTA 334,124 251,874 407,796 430,929 425,730 376,763 191,839 192,115
MITSUBISHI 153,936 144,119 207,833 241,921 269,731 289,916 171,979 181,766
FORD 86,386 92,079 95,640 102,236 113,223 104,394 48,049 69,997
ISUZU 59,331 46,474 66,971 70,277 84,411 104,248 65,122 59,547
MAZDA 56,487 38,564 37,895 37,078 43,599 85,262 51,341 52,853
HONDA 57,985 26,386 51,249 57,377 52,565 71,884 42,801 48,945
NISSAN 126,654 117,864 116,387 134,982 93,458 98,066 61,700 45,026
SUZUKI - - - 1,077 10,380 38,285 24,366 21,458
GM 20,634 17,907 42,780 43,208 34,873 35,981 21,163 18,756
BMW 294 360 120 120 132 96 72 3,515
総計 895,831 735,627 1,026,671 1,119,205 1,128,102 1,204,895 678,432 693,978

資料:MarkLines Data Center

------------------
キーワード
タイ、ピックアップ、SUV、D-Max、ハイラックス

<自動車産業ポータル マークラインズ>

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>