ダイハツムーヴ分解調査(上):コンパクトカーに匹敵する装備と部品仕様

サプライヤーリストとシャシー/シート/電装関係部品

2015/02/16

要 約

ダイハツムーブ

 公益財団法人ひろしま産業振興機構が主催するベンチマーク活動として、ダイハツムーヴの分解調査が行われた。分解作業は広島国際学院大学自動車短期大学にて、2015年1月21日~27日に行われた。分解に供試された車両は、ダイハツムーヴXターボVS仕様(5代目/2014年製:注)で、衝突回避支援スマートアシスト等が装備されていた。

 一般に軽自動車は安く作られているというイメージがあるが、今回のダイハツムーヴ分解調査では、コンパクトカーと同等もしくは上回る仕様で車が造られていることが明らかになった。性能と品質で競争力を持たせるために、どの部品も手抜きがなく正攻法で作られている。例えば、しっかりした走りと快適な乗り心地のために、表には見えないシャシーやシートフレームにコストが配分されている。

 シャシーサスペンションの構成部品は、車両サイズが一回り大きく、車両重量も重いコンパクトカーと遜色ない仕様である。また、シートフレーム構造は、クッション、シートバック共にSバネが2本ずつ装備されているなど、コンパクトカーを上回る仕様である。乗り心地や静粛性の優れた車である理由が、こういった部品仕様で裏付けられている。また、安全装備でも、今回の車両のムーヴXターボVSスマートセレクションSA仕様では、VSCや前方をレーザーセンサーで監視する緊急ブレーキ警報や緊急ブレーキアシストが装備されている。

 今回レポートでは、主要部品のサプライヤーリストとムーヴの基本性能や安全装備仕様に関わる部品を中心に解説する。

 (注):フルモデルチェンジした6代目ムーヴが2014年12月に発売されている。

過去の分解レポート:

VW Polo (2014年11/12月掲載)
(上):サプライヤーリストとエンジンルーム、運転席周りの分解
(下):1.2TDIターボディーゼルエンジン、サスペンションの構造

日産 ノート (2014年9月掲載)
(上):主要安全技術と先進運転支援システム
(下):スーパーチャージャーを採用したドライブユニット

ホンダ アコードハイブリッド (2014年2月掲載)
(上):PCUとシャシ関連部品
(中):電池関連部品と電動サーボブレーキシステム
(下):ドライブユニット

ホンダ フィットハイブリッド (2013年12月掲載)
(1) 電池関連部品と電動サーボブレーキシステム
(2) エンジンとモーター内蔵7速デュアルクラッチトランスミッション

トヨタ アクア (2012年11月掲載)
(1) 主要部品サプライヤーと電池関連部品
(2) 燃費35.4km/Lを達成したハイブリッドシステム

日産 リーフ
(1) 分解調査(2012年2月掲載)
(2) 主要部品の分解展示報告 (2012年9月掲載)
(3) カットボディーの展示取材報告(2012年11月掲載)

トヨタ プリウス (2010年3月掲載)
プリウスの分解実験

ダイハツムーヴ(2014年モデル)の主な車両仕様

ダイハツムーブ ダイハツムーブ
車両仕様 車両/グレード ダイハツムーヴXターボVS (特別仕様車)+OptionスマートセレクションSA
車両価格 133万円+Option 6万円
車両サイズ 全長3,395mm X 全幅1,475mm X 全高1,620mm
車両重量 820kg
乗車定員 4名
エンジン KF型水冷直列3気筒インタークーラーターボ
トランスミッション トルクコンバーター+ロックアップ機構付きCVT
JC08モード燃費 25.20km/L


主要部品サプライヤー一覧

項目 部品名 サプライヤー
エンジン関係 エンジンECU デンソー
ターボチャージャー IHI
インタークーラー ティラド
イグニッションコイル ダイヤモンド電機
クランクシャフト回転角センサー ダイヤモンド電機
カムシャフト回転角センサー Continental (中国製)
ノックセンサー デンソー
O2センサー (触媒前) デンソー
O2センサー (触媒後) デンソー
EGRバルブ デンソー
オイルフィルター デンソー
スターターモーター デンソー
オルタネーター デンソー
アクセルペダルポジションセンサー デンソー
エアクリーナー Roki
エキゾーストアッセンブリー フタバ産業
マフラー フタバ産業
チューブ フタバ産業
三元触媒 フタバ産業
駆動系 トランスミッションECU 富士通テン
ドライブシャフト (右側) NTN
ドライブシャフト (左側) NTN
シャシー フロントサスペンションストラット 日立オートモティブシステムズ
リヤショックアブソーバー 日立オートモティブシステムズ
ステアリングギア 明石機械工業
電動パワーステアリング ジェイテクト
モーター デンソー
ECU 古河電気工業
ステアリングロック 東海理化電機製作所
フロントハブベアリング NTN (日本製)
フロントブレーキキャリパー 日立オートモティブシステムズ
リヤドラムブレーキ 日清紡ブレーキ
ブレーキブースターマスターシリンダー アドヴィックス
フロントブレーキホース 豊田合成
タイヤ (155 / 65R14 75S) 住友ゴム工業
燃料系 フューエルホース (タンク~チューブ) 三桜工業
フューエルタンクセンサーハーネス 古河電気工業
フューエルポンプ デンソー
キャニスター 愛三工業
空調冷却系 エアコンコンプレッサー デンソー
ラジエーター ティラド
ラジエーターサブタンク 豊田合成
安全 エアバッグ インフレーター(運転席) 日本化薬
エアバッグ (助手席) タカタ
エアバッグECU デンソー
フロントシートベルト (プリテンショナー付) タカタ
リヤシートベルト 芦森工業
電子電装 VSC Gセンサー/ヨーレートセンサー デンソー
VSCユニット アドヴィックス
油圧アクチュエーター アドヴィックス
ECU アドヴィックス
緊急ブレーキワーニング用レーザーセンサー デンソー
キーフリーシステムECU 東海理化電機製作所
パーキングセンサーブザー HDK
コンビネーションメーター デンソー
ヘッドランプアッセンブリー スタンレー電気
ターンランプバルブ スタンレー電気 (日本製)
ハイ/ロービームバルブ OSRAM (ドイツ製)
ランプ光軸調整 小糸製作所
リヤコンビネーションランプ 市光工業 (日本製・九州)
ホーン 丸子警報器
バッテリー GSユアサ
ヒューズボックス 住友電装/住友電気工業
リレーボックス 住友電装/住友電気工業
ワイヤーハーネスアッセンブリー 住友電装/住友電気工業
エンジンルームハーネス 住友電装/住友電気工業
インストハーネス 住友電装/住友電気工業
ボディハーネス 住友電装/住友電気工業
ウォッシャーシステム アスモ
車体 フロントガラス 旭硝子
リヤガラス 旭硝子
フロントドアガラス 旭硝子
リヤドアガラス 日本板硝子
フロントコーナーウィンドウガラス 日本板硝子
リヤサイドガラス 日本板硝子
フロントドアレギュレーター デンソー
フロントドアロック/インサイドハンドル アイシン精機
フードオープナーケーブル ハイレックスコーポレーション
その他 タイヤ修理キット 住友ゴム工業 (日本製・神戸)
エアコンプレッサー (タイヤ修理用) 大橋産業 (中国製)

 

 



軽自動車とは思えないコンパクトカーと同等レベルのシャシー基本構成部品

  フロントサスペンションはマクファーソンストラット、リヤサスペンションはトーションビームサスペンションで、どちらもFF車としてオーソドックスな形式であるが、サイズ、レイアウトともに、コンパクトカーと見間違う仕様である。ブレーキもフロントにベンチレーテッドディスクブレーキが装備されている。

 

フロントサスペンション

フロントストラットサスペンション フロントサスペンション・ステアリング・ブレーキアッセンブリー
フロントストラットサスペンション フロントサスペンション・ステアリング・ブレーキアッセンブリー


Bセグメント車並みサイズのストラット
 ストラットの外筒径は45mm、ピストンロッド径は18mmというサイズで、コンパクトカーと同等レベルである。これにより、サスペンションの横剛性が高く、アライメントの変化を小さくすることで直進性や操舵時の正確な応答性が有利となっている。また、ショックアブソーバーの特性としても、サイズが大きいことで内部構造に余裕があり、しなやかでかつダンピングの良い特性を得るポテンシャルを備えている。

軽量コンパクトながら性能を熟慮したサスペンションメンバー
 フロントサスペンションメンバーの形状は、前回報告のVW Poloと同様にオーソドックスな構成で、コンパクトでシンプルだが性能品質を考慮した設計となっている。操縦安定性、乗り心地、静粛性のために、適正なサスペンションジオメトリー、サスペンション横剛性、車体との取り付け剛性に有利な構造となっている。
 サスペンションメンバーのほぼ同一平面上に、トランスバースリンクとステアリングギヤの取り付け部、後側車体取り付け部が設定されていることで、サスペンションメンバーが軽量コンパクトで、高い剛性を確保することに有利な構造となっている。これにより、補強部品を追加することなく、車体との結合を高めることができている。これは路面とタイヤからの入力でサスペンションに大きな力を受けた時に、不必要なアライメント変化が少なく、操縦安定性が有利となる。また車体との結合剛性が高いことで振動が少なく、車体への走行音の伝達を抑制することにも有利である。

 

ストラット・スプリング・バンパーラバー サスペンションメンバー・トランスバースリンク (右側)
ストラット・スプリング・バンパーラバー サスペンションメンバー・トランスバースリンク (右側)

 

リヤサスペンション

  リヤサスペンションもオーソドックスなトーションビームタイプであるが、各部品構成はコンパクトカーのサイズとほぼ同等の余裕のあるサイズとなっている。
 トーションビームサスペンションは、路面から片方の車輪に入力があった際に、トーションビーム部が捻じれることで半独立懸架として、反対側の車輪へ動きが伝わることを抑制している。また、トーションビーム部が捻じれることでコーナリング時のロールを抑制するスタビライザーの機能を果たす構造となっている。
 本車両はトーションビーム内に、トーションバーが設定されており、スタビライザー機能を強化している。トレーリングアームの車体への取り付けは、剛性が高いリヤサイドメンバーに直接に取り付けられている。これによりサスペンションの支持剛性が高く、操縦安定性に有利である。また、車体の剛性が高い部位に取り付けることで、路面からの音と振動の遮断がしやすい構造となっている。
 リヤショックアブソーバーの外筒径は32mm、ピストンロッド径は 10mmである。これはコンパクトカーと遜色がないサイズで、ショックアブソーバーの減衰力性能に有利となっている。

 

トーションビームサスペンション (上側) トーションビームサスペンション (下側)
トーションビームサスペンション (上側) トーションビームサスペンション (下側)
トーションビーム内にスタビライザーが設定されている

 

トレーリングアームの車体 (サイドメンバー)への取り付け部 リヤショックアブソーバー (外筒径32mm)
トレーリングアームの車体 (サイドメンバー)取り付け部 リヤショックアブソーバー (外筒径32mm)

 

ステアリングコラム&電動パワーステアリング

ステアリングコラム ステアリングコラム
ステアリングコラム (電動パワーステアリング一体)


 この車のパワーステアリングはステアリングコラムシャフトにモーターを取り付けてアシストするタイプである。このタイプは軽自動車やコンパクトカーで採用している例が多い。エンジンルーム内のステアリングラックギヤにモーターを直接取り付けるタイプに比べて、ステアリングコラムにモーターを取り付ける方がモーターのスペースを取りやすい。また、ステアリングラックを駆動する場合と比べて、シンプルな構造のため、低コストとなるメリットがある。弱点としては、モーターとステアリングギヤの間に、中間ジョイントを有するため、たわみやわずかながらガタがあり、操舵時の反力などステアリングフィールやスムーズで自然な微舵応答性等については不利である。

 ステアリングロックは、プッシュエンジンスタートシステムと連動して、ステアリングロックのロック、アンロックを作動させるシステムのため電動化されている。

 

フロントベンチレーテッドディスクブレーキ

  ピストン径50mmのフィスト型ブレーキキャリパー (日立オートモティブ製)と、ディスク径234mm、ディスク厚16mmのベンチレーテッドディスクブレーキが装備されている。この仕様はターボエンジン車への対応として、820kgの車両重量に対しては、余裕のある装備となっている。

 

フロントブレーキ フロントブレーキ フロントブレーキ
フロントブレーキ (フィスト型キャリパー:ピストン径50mm/ベンチレーテッドディスク:外径234mm、厚16mm)

 

リヤブレーキ

  リヤリーディングトレーリングドラムブレーキ

  リヤブレーキは一般的なリーディングトレイリングドラムブレーキである。

 

リヤリーディングトレーリングタイプドラムブレーキ リヤリーディングトレーリングタイプドラムブレーキ
リヤリーディングトレーリングタイプドラムブレーキ

 

エンジンマウント

 車両右側のエンジンマウントは、流体入りエンジンマウントである。エンジンマウントは、エンジンの振動、騒音を低減するためにゴムの特性が選定されるが、サスペンションや車体の振動との共振現象を抑制する必要もあり、それぞれの要求特性が相反する場合があり、最適なチューニングが難しい。流体入りエンジンマウントは、内部に封入された液体を使って、振動を減衰させる機能を持つことで、ソリッドゴムのエンジンマウントに比べて、音と振動の遮断が優れている。コストはかかるが、静粛性、乗り心地、操縦安定性それぞれの両立解をつくるための方策として有効な部品である。

 

エンジンマウント エンジンマウント
エンジンマウント (車両右側):流体入りタイプ

 
  車両左側のエンジンマウント (トランスミッション側)は、オーソドックスなソリッドゴムタイプのエンジンマウントである。ソリッドゴムタイプであるが、ゴムのボリューム、大きな力を受け た際に変位するストロークは余裕がとれている。また、上下前後左右の振動の方向によって、ゴムのボリュームや硬さ、ゴムの隙間を変えることで、最適な振動 特性を狙っており、良く考えられた設計がされている。

エンジンマウント エンジンマウント
エンジンマウント (車両左側:トランスミッション側):ソリッドゴムタイプ

 

 



Sバネがクッションとバックに2本ずつ配置された贅沢なフロントシート

シートフレーム シートリフター
シートフレーム
Sバネが2つずつクッションとバックに設定
シートリフターはシート全体が上下調節可能
台座部分のみ作り分けで、車高の違う車へフレームを共用している

 

シートバック シートクッション 収納ボックス付きアームレスト
シートバック シートクッション 収納ボックス付きアームレスト


 上の写真はウレタン製パッドを外した状態のシートフレームである。シートバック、シートクッションのフレームには、Sバネが2本ずつ配置されている。これは、乗り心地の良いシートを作る正攻法的なフレーム構造で、ウレタン製パッドだけでは難しい、ゆったりしたクッションストロークを作るために有効な構造である。
 最近のコンパクトカーでは、コスト削減のために、Sバネは1本しかない車や、クッション側はSバネを使わずにウレタン製パッドのみの車両もあるが、そういった車に対し、軽自動車とは言え、乗り心地を重視した仕様になっている。

 この車両はシートリフターが装備されており、軽自動車や低価格車としては高級な装備と言えるが、しかもクッションだけでなく、シート全体の高さを調節できるタイプになっている。コンパクトカーの例としては、シートリフターの装備があるが、クッションのみ高さを調節する構造の車もある。その場合、クッションを動かすとクッションとシートバックの位置関係がずれてしまい、乗員の身体の体型にあったサポートをしにくくなるが、このムーヴは手抜きのない正攻法でシートが造られている。
 コスト低減の工夫としては、シートフレームを本体と台座部分(写真の黒色塗装部)に分割し、派生車を含めて幅広い車種でフレームは共用している。一方、車ごとのシート着座高さの違いに対応は、単価の安い台座部分の高さを変えて、車ごとに合わせる工夫をしている。これによりシートフレームの量産台数効果でコスト低減を狙っていると思われる。

 

 



充実した電装装備

 電装品についても、軽自動車と小型車の仕様差はなくなりつつある。道路運送車両法の改定で軽自動車も2014年10月1日より、新型生産車は横滑り防止装置 (VSC)及びブレーキアシストシステム (BAS)備えることを義務付けられている。継続生産車の装備義務化は2018年2月24日まで猶予があるが、各メーカーともに、全車標準かオプションで選べるようになってきている。今回の分解車両にもVSC及びBASが装備されている。それ以外にも、安全装備では、緊急ブレーキアシスト/緊急ブレーキ警報が装備されており、便利装備ではプッシュエンジンスタートとキーフリーシステムやバックソナーが装備されるなど充実している。これらの装備部品のセンサー、アクチュエーターを以下に紹介する。

ハーネス
エンジンルームハーネス、インストハーネス、ボディハーネスの3つを結線した状態

 

低速域衝突回避支援ブレーキ機能/先行車発進お知らせ機能用レーザーセンサー

 4~30km/hで走行中に前方車と衝突の危険性の高い場合にブザーとインジケーターで警告し、前方車との相対速度が20km/h以下で緊急ブレーキで衝突回避を、20~30km/hの場合は被害軽減を支援するシステムである。使用可能な車速が低いが、渋滞走行時によくあるわき見運転による追突防止には有効である。また、先行車が発進したことを知らせる機能や、前方に障害物がある状況での誤発進抑制制御機能も備わる。センサーはデンソー製で、内部を分解した写真を紹介する。

 

フロントバンパー取り付け部 レーザーセンサー
フロントバンパー取り付け部 レーザーセンサー

 

レーザーセンサー内部 レーザーセンサー内部
レーザーセンサー内部 (デンソー製)

 

横滑り防止装置 (VSC)

 すべりやすい路面でタイヤがスリップしても、車両がスピンを抑制し、とっさの急ブレーキでもタイヤがロックせずにきちんとブレーキを効かせ、ステアリングが操作できるようにサポートするシステムである。車両の走行状態やドライバーの運転操作を検知して、エンジントルクの抑制や、各車輪のブレーキを制御して車両の走行安定性を維持する。システムのECUはブレーキ油圧制御アクチュエーターと一体で、前述の低速域衝突回避支援ブレーキも含めて制御する。そこからの指示に従って、エンジンECUがエンジントルクを制御する。車両前後G及び車両横Gセンサーとヨーレートセンサーが一つのセンサーユニットにまとめられて、車室内の中央部に取り付けられている。前後/横Gセンサー・ヨーレートセンサーはデンソー製。センサーはこれ以外に、各車輪の回転速度、ステアリング操舵角を検知するセンサーがある。

 

ECU内臓ブレーキ油圧制御アクチュエーター 前後/横Gセンサー・ヨーレートセンサー
ECU内蔵ブレーキ油圧制御アクチュエーター 前後/横Gセンサー・ヨーレートセンサー

 

キーフリーシステム

キーフリーシステムECU
キーフリーシステムECU

 わざわざキーをとりださなくても、ポケットやバッグにキーを持っていれば、ドアのボタンを押すだけで、施錠と解錠ができるシステム。キーを持って車室内に入れば、エンジンスタートボタンを押すだけで、エンジンの始動と停止ができる。
 車外に左右のドアミラー内、バックドアの3か所、室内にインストルメントパネル内、ラゲージルームの2か所に125kHzの信号発信器がある。キーはその信号を受信し、それぞれの発信器に対しどの位置で受信しているか判断し、キーから315MHzの信号でECUの中にある受信器へ返すことで、キーの存在場所を特定する。操作可能な場所にいるキー保持者が操作をすると、ドアの解錠、施錠、エンジン始動、停止の各操作が可能になる。
 キーフリーシステムECUは東海理化製。


ドアミラー内の信号発信器 リヤバンパー部信号発信器
ドアミラー内の信号発信器 リヤバンパー部信号発信器

 

車内信号発信器 (インスト部) 車内信号発信器 (ラゲージルーム)
車内信号発信器 (インスト部) 車内信号発信器 (ラゲージルーム)

 



車両諸元と装備仕様一覧

車両 車両/グレード ダイハツムーヴXターボVS (特別仕様車)+OptionスマートセレクションSA
車両価格 133万円+Option 6万円
車両サイズ 全長3,395mm X 全幅1,475mm X 全高1,620mm
ホイールベース 2,455mm
トレッド 前1,350mm / 後1,295mm
最低地上高 150mm
車両重量 820kg
乗車定員 4 名
エンジン 型式 KF型水冷直列3気筒インタークーラーターボ
吸排気バルブ機構 DOHC 12Valve
排気量 658 cc
内径 X 行程 63.0 mm X 70.4 mm
圧縮比 9.0
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
最大出力 47 kW / 6400 rpm
最大トルク 92 Nm / 4200 rpm
駆動系 ミッション形式 トルクコンバーター+ロックアップ機構付きCVT (内製)
ミッション変速比 前進 3.327 - 0.628
最終減速比 4.8
燃費 JC08モード燃費 25.20 km/L
シャシー フロントサスペンション マクファーソンストラット
リヤサスペンション トーションビーム
ステアリング ラック&ピニオン
フロントブレーキ ベンチレーテッドディスク
リヤブレーキ リーディングトレーリング
タイヤサイズ 155 / 65R14 75S
安全装備 標準仕様 衝突安全ボディ TAF
デュアル (運転席&助手席)SRSエアバッグ
フロント プリテンショナー・フォースリミッター機能付き3点式ELRシートベルト
リヤ 3点式ELRシートベルト
ISOFIX対応チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー
電子制御式ブレーキ (EBD)付きアンチロックブレーキシステム (ABS)
エマージェンシーストップシグナル
リバース連動リアワイパー
VS仕様OPTION 衝突回避支援スマートアシスト
低速域衝突回避支援ブレーキ機能
誤発進抑制制御機能
先行車発進お知らせ機能
横滑り防止機構 (VSC)
トラクションコントロール (TRC)
快適装備 プッシュエンジンスタート
キーフリーシステム
オートエアコン
オートライト
パワーウィンドウ 全ドアスイッチ照明付 運転席挟み込み防止機構付
フロントシート 運転席シートリフター付 ベンチシート
リヤシート 一体スライド240mm 分割リクライニング

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>