米国市場:2014年は5.9%増の1,652万台、不況から完全に回復

FCA/日産/スバルが躍進、フォード/VW/ホンダのシェア低下

2015/01/29

要 約

米国ライトビークル販売
2014年はリコールの嵐に巻き込まれたが、販売は大不況以前のレベルまで回復

 米国市場は2014年リコールの嵐が吹き荒れたものの、米国経済の回復、労働市場の改善、消費者心理の改善から堅調に販売を伸ばし、前年比5.9%増の1,652万台の販売となった。今後は伸びが鈍化し、2015年は1,700万台前後の販売が予想されている。

メーカー別の販売台数とシェアは大きく変動

 メーカー別の2014年の販売をみると、首位はGMで前年比5.3%増293.5万台。2位はFordで0.6%減の247.1万台。3位はトヨタで6.2%増の237.4万台とFordに僅差で迫っている。

 メーカー別のシェア増減では、FCA、日産、スバルの3社が大きく市場シェアを伸ばした。一方、Ford、VWグループ、ホンダが市場シェアを大幅に低下させた。

2015年も主要メーカーの新車ラッシュ続く

 2015年は市場の伸びが鈍化するにもかかわらず、主要メーカーはライトトラック市場中心に多くの新型車を投入する計画である。



関連レポート

北米の中型/大型トラック市場と商用車メーカーの動向(2014年12月)

GM: 2014年はリコール対応に追われる中、新事業戦略を発表(2014年11月)

米国の新型車装備:リアビューカメラ、前面衝突警報・自動ブレーキの設定拡大(2014年7月)

Ford:堅調な業績を維持、多くの新型車を投入(2014年6月)

フィアット・クライスラーの新5カ年計画:2018年に世界販売700万台へ(2014年5月)

 



2014年はリコールの嵐に巻き込まれたが、販売は大不況前のレベルまで回復

 2014年はGMが2月に発表したイグニッションスイッチのリコール以降、自動車メーカーのリコール処理に対する議会とNHTSAの対応が格段に厳しくなり、GMは2014年通年で84件、米国だけで2,695万台、グローバルでは3,043万台をリコールした。タカタ製エアバッグが異常破裂する事故も大きな問題となって、NHTSAの指示で同社のエアバッグを搭載する多くのモデルが大量にリコールされた。中でもタカタの主要な納入先であったホンダは6月以降約540万台をリコールした。2014年通年で全メーカーを合わせると、米国のリコール台数はこれまでの記録であった2004年の約3,080万台を更新し、その2倍に近い約6,050万台となった。

 米国自動車市場は、労働市場が改善していること、66カ月や72カ月の長期の低金利自動車ローンやリースが提供されていること、ガソリン価格の下落などで消費者心理が改善していることなどで、2014年は前年比5.9%増の1,652万台と好調な販売を達成した。2015年も基本的な経済指標は良好なものの、大不況前の販売水準まで回復したために大幅な伸びは期待できず、今後の市場成長は緩やかなものになる。多くの自動車アナリストは1680~1700万台の範囲で予想している。

 

 



メーカー別の2014年の販売台数とシェア

2012 2013 2014
台数 シェア(%) 台数 シェア(%) 台数 シェア(%) 前年比
GM 2,595,717 17.9 2,786,078 17.9 2,935,008 17.8 5.3%
Ford 2,243,009 15.5 2,485,236 15.9 2,471,315 15.0 -0.6%
Toyota 2,082,504 14.4 2,236,042 14.4 2,373,771 14.4 6.2%
FCA 1,651,787 11.4 1,800,368 11.6 2,090,639 12.7 16.1%
Honda 1,422,785 9.8 1,525,312 9.8 1,540,872 9.3 1.0%
Nissan 1,141,656 7.9 1,248,420 8.0 1,386,895 8.4 11.1%
Hyundai Kia 1,260,606 8.7 1,255,962 8.1 1,305,952 7.9 4.0%
VW Group 580,279 4.2 569,419 3.9 552,720 3.3 -2.9%
Subaru 336,441 2.3 424,683 2.7 513,693 3.1 21.0%
BMW Group 347,877 2.4 376,252 2.4 396,655 2.4 5.4%
Daimler 305,072 2.1 343,614 2.2 366,588 2.2 6.7%
Mazda 277,048 1.9 283,946 1.8 305,801 1.9 7.7%
Mitsubishi 57,790 0.4 62,227 0.4 77,643 0.5 24.8%
Tata/JLR 55,675 0.4 66,962 0.4 67,238 0.4 0.4%
Others 133,627 0.7 135,678 0.5 137,210 0.8 1.1%
Grand Total 14,491,873 100.0 15,600,199 100.0 16,522,000 100.0 5.9%

(出所:Autodata)


 メーカー別の2014年の販売をみると、GMは5.3%増の293.5万台、マーケットシェアは0.1%ポイント減の17.8%となった。2014年は多くの新型車を揃えて販売攻勢をかけるはずであったが、リコール騒動に足を引っ張られた。

 Fordは2014年に北米で16車種の新型車・マイナーチェンジ車を投入したが、その中でも最重要車の大型ピックアップ「F-150」はDearborn工場が生産を開始したものの、もう一つのKansas City工場の生産設備更新は2015年1月からであり、本格販売は春以降になりそうである。アルミボディ化に伴う設備更新に時間がかかっている。

 2014年にマーケットシェアを一番拡大したのがFCAで、16.1%増の209.1万台を販売し、シェアは1.1%ポイント増の12.7%まで伸ばした。米国市場がライトトラックを中心に需要が拡大している中、GMのリコール騒動、Fordの新型「F-150」設備更新で生産量が増えない中、FCAはRamピックアップとJeep車の大幅な拡販に成功した。

 トヨタは6.2%増の237.4万台を販売してシェア14.4%を維持、Fordに10万台差にまで迫っている。ホンダはライトトラック市場向けのラインナップが充分でないために、1.0%増の154.1万台にとどまり、シェアを0.5%ポイント低下させた。日産はコンパクトSUV「Rogue」などの増販で11.1%増の138.7万台を販売、シェアも0.4%ポイント増加させた。韓国の現代グループは、4.0%増の130.6万台と販売を伸ばしたが、マーケットシェアは0.2%ポイント減となった。

マーケットシェア推移

 

 



メーカー別の2014年の市場シェア推移

メーカー別市場シェアの増減


 メーカー別の2014年の市場シェア増減をみると、FCA、日産、スバルが大幅アップ、Ford、VWグループ、ホンダが大幅にシェアを低下させた。米国市場でSUVとピックアップの人気が高まっているが、FCAのモデルラインナップはまさに市場の伸びに合致している。2013年末から投入され好調な販売を続けるCherokeeに牽引されてJeep車の販売が前年比41.2%増となった。Ramピックアップの販売も好調で27.5%増となった。日産は好調なコンパクトSUV「Rogue」(22.4%増)に加えて、2014年の乗用車市場が全体では1.8%増にとどまる中でコンパクトセダン「Sentra」が41.9%増、エントリーカーの「Versa」が19.1%増と健闘した。北米は第1四半期に大雪に見舞われ低調なスタートを切ったが、そのような中でずっと好調を維持したのが4輪駆動車をセールスポイントにしてきたスバルだった。スバルの2014年販売は21.0%増の51.4万台と初めて米国で50万台超の販売を実現、シェアを0.4%ポイントアップさせた。


 Fordは2014年に北米で16の新型車またはマイナーチェンジ車を投入するために、工場での生産休止期間が長くなり生産台数が伸びない計画になっていたが、その通りの販売結果となった。また、SUVとピックアップのラインナップが充分でないVWグループとホンダがシェアを低下させた。

 

 



2015年は市場成長の鈍化が予想される中、主要メーカーの新車ラッシュ続く

 2015年は市場成長の鈍化が予想されるにもかかわらず、主要メーカーはライトトラック市場中心に多くの新型車を投入する計画である。2014年末には米国の最量販車種であるFordの大型ピックアップ「F-150」がモデルチェンジ、2015年に本格販売となる。同様に、2014年10月にGMが新型の中型ピックアップであるシボレー「Colorado」とGMC 「Canyon」を市場投入、2015年に本格販売となる。トヨタは全面改良した中型ピックアップの「Tacoma」を、日産は全面改良した大型ピックアップ「Titan」を2016年型車で2015年の後半に投入する予定。

 また、大きく拡大しているSUVセグメントには、GMがサブコンパクトSUVのシボレー「Trax」、Fordが中型SUVの「Edge」とリンカーン「MKX」、FCAはサブコンパクトSUVのジープ「Renegade」を2015年の前半に市場投入する。トヨタは2014年末に投入されたコンパクトSUVのレクサス「NX」の本格販売を開始、年後半には中型SUVのレクサス「RX」を投入する。ホンダはコンパクトSUVの「CR-V」の下に新たにサブコンパクトSUVの「HR-V」を導入する。現代グループからもコンパクトSUVの現代「Tucson」、起亜「Sportage」、中型SUVの起亜「Sorento」の投入が予定されている。

GMの新型車投入状況

OEM 発売年 新型車の概要
GM 2014 ・「Cadillac ELR」: 高級クーペの新型PHV「Cadillac ELR」を2014年1月から販売開始。ミシガン州Detroit-Hamtramck工場で生産。
・「Chevrolet Tahoe」、「Chevrolet Suburban」、「GMC Yukon」、「GMC Yukon XL」、「GMC Yukon Denali」、「Cadillac Escalade」: 大型ピックアップトラックベースの新しい大型SUV車は2014年春から販売開始された。各姉妹車には標準サイズとロングホイールベースの2種類がある。
・「Cadillac ATS Coupe」: 若い顧客をキャデラックに取り込む狙いで、小型ラグジュアリーセダン「Cadillac ATS」のクーペを開発、2014年夏から投入した。
・「Chevrolet City Express」: 日産からOEM供給を受けるシボレーの小型バン。メキシコの日産Cuernavaca工場で生産された後、GMのRamos Arizpe工場で改修され出荷される。販売は2014年秋に開始。
・「Chevrolet Colorado」と「GMC Canyon」: 新型ミッドサイズピックアップで、ミズーリ州のWentzville工場で生産。2015年型モデルとして2014年秋に発売開始。
2015 ・「Chevrolet Trax」: サブコンパクト車ベースの小型SUVで、2013年から販売されている「Buick Encore」の姉妹車。2015年初め頃から販売が開始される。生産工場は、韓国のBupyeong工場とメキシコのSan Luis Potosi工場。
・「Chevrolet Cruze」: コンパクトセダンのグローバルカー「Cruze」の新型車は2015年末に2016年型車として投入される予定。オハイオ州Lordstown工場で生産。
・「Chevrolet Volt」:PHV専用のコンパクトカー。ミシガン州Detroit-Hamtramck工場で生産。2015年秋に2016年型として発売される。
・「Chevrolet Spark」:4人乗りサブコンパクトのエントリーモデル。韓国Changwon工場からの輸入。2015年末に2016年型として発売する予定。
・「Chevrolet Camaro」:2ドアのミッドサイズ・スポーツクーペ、Ford Mustangの対抗車。2015年末に発売予定。生産工場はミシガン州Lansing Grand River工場。
・「Cadillac CT6」: GMはキャデラック・ブランドに新型の最上級車を追加し、ラインナップを強化する。新型車は2015年第4四半期にミシガン州のDetroit-Hamtramck工場で生産開始予定。
Chevrolet Volt
Chevrolet Volt (デトロイトモーターショー2015にて)

Fordの新車投入状況

OEM 発売年 新型車の概要
Ford 2014 ・「Lincoln MKC」: 新型の高級小型SUVであるリンカーン「MKC」は、ケンタッキー州Louisville工場で生産し、2014年5月から販売開始。
・「Transit Connect」: 北米市場向けの新型小型商用車「Transit Connect Wagon」の販売開始を発表。(2014年5月2日) スペインのValencia工場で生産され、北米へ輸出される。25%の関税を回避するためにWagonで輸入され、バンへも改造される。
・「Transit」: ミズーリ州のKansas City工場で、「Eシリーズ」に代わる新しい大型商用バン「Transit」の生産を2014年4月から開始、6月から販売を開始した。バン、ワゴン、シャシーキャブ、カットアウェイの4車型、3種類の長さ、3種類のルーフ高、2種類のホイールベース、XLとXLTの2種類のトリムが用意される。
・「Mustang」: 新型スポーツカーの2015年型「Mustang」を2013年12月5日に世界5カ所で公開した。2014年8月末にミシガン州Flat Rock工場で生産、販売は2014年秋から開始。新型車には右ハンドルも用意され、世界120カ国以上で販売される。
・「F Series Super Duty」: 2015年型「F Series Super Duty」を発表。 2014年末に販売開始。新型「F-250」、「F-350」、「F-450」には、新型ディーゼルエンジンが搭載される。
・「F-150」:フォードの最量販車種で、新モデルは軽量化のためにボディがアルミ製となった。生産開始はミシガン州のDearborn工場が第4四半期から、ミズーリ州のKansas City工場は2015年からだが、生産設備の更新と立ち上がりに時間がかかっている。販売は2014年末から開始されたが、本格的な販売は2015年春以降になる見込み。
2015 ・「Edge」: 第2世代となる新型ミッドサイズSUVで、グローバルモデルとして販売される。北米では2015年第1四半期に販売が開始され、続いて他の市場へも投入される。7億米ドルを投資してグローバル拠点に改良したカナダのOakville工場で生産。
・「Lincoln MKX」: 新型の高級ミッドサイズSUVである「Lincoln MKX」は、「Ford Edge」の姉妹車でカナダのOakville工場で生産。2016年型車として2015年に販売される予定。
・「Explorer」: 2015年夏に発売予定。北米ではシカゴ(Chicago)工場で生産されている。他地域ではベネズエラやロシアでも生産され、世界100カ国以上で販売されている。
・「F-650」と「F-750」: 新型となる中型トラックの「F-650」と「F-750」を発表。新型トラックは、メキシコのBlue Diamond Truck LLCから、オハイオ州のAvon Lake工場へ生産移管され、2015年春から生産開始。2016年型として販売。
Ford F-150
Ford F-150 (デトロイトモーターショー2014にて)

FCAの新車投入状況

OEM 発売年 新型車の概要
FCA 2014 ・「Chrysler 200」: ブランド・アイデンティティの明確化の影響で、姉妹車の「Dodge Avenger」が2014年に生産中止なったために、実質的には旧「Chrysler 200」と旧「Dodge Avenger」の2車種の後継車となり、2車種分以上の販売が期待されるモデル。ミッドサイズセダン初となる9速ATを標準装備としている。生産工場はミシガン州Sterling Heights工場。2014年6月から販売が開始された。
・「Alfa Romeo 4C」: 新型の小型スポーツカー「Alfa Romeo 4C」で、アルファロメオ・ブランドが北米に再参入すると発表。米国では2014年夏から発売予定。イタリアのModena工場で製造。カーボンファイバー製コックピットなどの生産量制限のために限定供給となる。
2015 ・「Jeep Renegade」: 新型の小型SUVである2015年型「Jeep Renegade」を発表した。ジープ・ブランドのエントリーモデルとして 、若く冒険心のある顧客をターゲットに開発された新型サブコンパクトSUVで、グローバル市場向けに投入される。イタリアのMelfi工場で生産され、北米では2015年4月に販売が開始される予定。
・「Fiat 500X」:Fiatブランドの新型サブコンパクトSUVで、「Jeep Renegade」の姉妹車。イタリアのMelfi工場で生産され、北米では2015年4月に販売が開始される予定。
・「Ram ProMaster City」: ラム・ブランドに新しく加わる小型商用バンで、「Fiat Doblo」をベースにしている。トルコにあるFiatの合弁企業TOFAS社のBursa工場で生産。関税の関係でワゴンとして輸入し、バン仕様車はメリーランド州バルチモアのChrysler Group Transformation Centerで改造する。販売開始は2015年初め。
Jeep Renegade
Jeep Renegade (デトロイトモーターショー2015にて)

トヨタの新車投入状況

OEM 発売年 新型車の概要
トヨタ 2014 ・「Highlander」: 3代目となる2014年型トヨタ「Highlander」は、インディアナ州Princeton工場で生産され、2014年1月に販売が開始された。九州の宮田工場から生産移管された。7~8人乗りミドルクラスSUVの新型「Highlander」は、全長が3インチ、全幅が1.5インチ拡大された。
・「Lexus RC F」: レクサスの高性能クーペ「RC F」を発表。レクサスのスポーツモデル「F」の中核モデルとして開発された。5.0Lの直噴V8エンジン(450PS以上)を搭載。田原工場で生産。2014年11月発売。
・「Lexus NX」: レクサスのラインナップに新たに追加される小型SUV「NX」、2014年末に2015年型として販売開始。生産工場は宮田工場。2.0L ターボと2.5L ハイブリッドを設定。
2015 ・「MIRAI」:4人乗りの燃料電池車(FCV)。生産は元町工場。カリフォルニア州での販売は、2015年夏になる予定。
・「Prius」: トヨタの主力ハイブリッドコンパクトセダン。新型はトヨタの新たな自動車開発手法「TNGA:Toyota New Global Architecture」をベースに開発され、Priusが最初のTNGA採用モデルとなる。新型より四輪駆動も設定される。2015年後半に販売が開始される見込み。
・「Tacoma」:北米専用の中型ピックアップ。テキサス州San Antonio工場とメキシコのBaja California工場で生産。2016年型として2015年後半に販売予定。
・「Scion iM concept」:コンパクト5ドアハッチバック、2014年11月LAモーターショーで「iM concept」として発表され、生産モデルが4月のニューヨーク・モーターショーで公開される予定。
・「Yaris」:サブコンパクトカー。2015年型として発売される新型車はマツダの新型デミオ/マツダ2ベースの3ドア/5ドアハッチバックでマツダのメキシコSalamancaで生産予定。
・「Lexus RX」: 4世代目となる中型ラグジュアリークロスオーバーSUV。カナダCambridge工場で生産。新型車は2015年秋に発売される見込み。
Toyota Tacoma
Toyota Tacoma(デトロイトモーターショー2015にて)

ホンダの新車投入状況

OEM 発売年 新型車の概要
ホンダ 2014 ・「Fit」: 3代目となるサブコンパクト車。北米市場向けの新型「Fit」は、メキシコのCelaya工場で生産が2014年春から開始され、2014年夏に販売開始。
・「Acura TLX」: 高級ミッドサイズセダンの新型「Acura TLX」は、オハイオ州Marysville工場で生産される。2014年8月から販売開始。2輪駆動車には次世代の「Precision All-Wheel Steer (P-AWS)」を採用。3.5Lの4輪駆動車には、次世代の 「Super Handling All Wheel Drive (SH-AWD)」を搭載する。2.4L車には8速DCT、3.5L車には9速ATを組み合わせる。
2015 ・「HR-V」: 新しくホンダブランドのラインナップに投入されるサブコンパクトSUV。日本名は「ヴェゼル」。新型「HR-V」は「Fit」とプラットフォームを共有し、同じメキシコのCelaya工場で生産される。生産は2015年1月開始。
・「Crosstour」:クロスオーバーユーティリティと上級乗用車としての機能性を融合させたアコードシリーズの最上級車。オハイオ州East Liberty工場で生産。2015年春に発売予定。
・「Pilot」:北米デザインの中型クロスオーバーSUV。3列シートの8人乗り。アキュラMDXの姉妹車。アラバマ州Lincoln工場で生産。2015年2月のシカゴモーターショーで初公開、2015年夏に2016年型として発売される予定。
・「Acura NSX」: 高級スポーツカーの新型「Acura NSX」は、Marysville工場近くのPerformance Manufacturing Centerで生産される。2015年秋から2016年型として販売される予定。
Acura NSX
Acura NSX (デトロイトモーターショー2015にて)

日産の新車投入状況

OEM 発売年 新型車の概要
日産 2014 ・「Murano」: 北米でデザインされた5人乗りミッドサイズ・クロスオーバーSUV車のグローバルモデル。生産はミシシッピ州Canton工場。2014年末から販売開始。
2015 ・「Titan」: 新型の大型ピックアップ「Titan」を2016年型として2015年末から販売開始予定。新型「Titan」には、V8ガソリンエンジンに加えてカミンズ社製のV8ターボディーゼルが搭載される。ミシシッピ州Canton工場で生産。
・「Armada」: 大型ピックアップをベースにした大型SUVで、大型ピックアップの「Titan」と同時期に販売が開始される見込み。生産はミシシッピ州Canton工場。
・「Frontier」:北米生産の中型ピックアップ。生産はミシシッピ州Canton工場。姉妹車であるナバラの新型車は2014年6月タイで公開されている。
・「Infiniti Q60」:ミッドサイズ・クーペ、2015年1月のデトロイト・モーターショーでコンセプトモデルを公開。2015年に販売開始の見込み。
Nissan Titan
Nissan Titan (デトロイトモーターショー2015にて)

現代と起亜の新車投入状況

OEM 発売年 新型車の概要
現代/起亜 2014 ・「Hyundai Genesis」: 現代ブランドの上級セダン。2014年春から販売開始。後輪駆動のフルサイズセダンで、3.8L V6と5.0L V8のエンジンが搭載される。韓国蔚山(Ulsan)工場生産。
・「Hyundai Tucson FCV」: 小型SUVの「Tucson」をベースにした燃料電池車「Tucson FCV」のリース販売を2014年春に開始した。韓国蔚山(Ulsan)工場で生産。
・「Hyundai Sonata」: 現代自動車がグローバルに展開するFFの中型セダン。北米市場では「Sonata」を5月末から販売開始。生産工場はアラバマ州のMontgomery工場。2011年から4年連続で20万台以上販売された現代ブランドの主力車。
・「Kia K900」: 起亜ブランドのフラグシップセダンで、現代ブランドの「Equus」とプラットフォームを共有する。米国では2014年3月から販売開始。韓国所下里 (Sohari)工場生産。
・「Kia Sedona」: 3列シートの新型ミニバンの「Sedona」を2014年秋から販売開始。韓国ではカーニバルの名称で販売。韓国所下里 (Sohari)工場生産。
2015 ・「Hyundai Tucson」: 現代ブランドの小型SUVで、蔚山(Ulsan)工場生産。新型「Tucson」は2015年に販売開始予定。
・「Hyundai Elantra」:コンパクトセダンで、ミッドサイズセダンの「Sonata」とともに米国販売の主力車となっている。アラバマ州Montgomery工場生産。2015年に販売開始の見込み。
・「Kia Sportage」: 小型SUVで、現代ブランドの「Tucson」とは姉妹車。韓国光州 (Gwangju) 工場生産。新型「Sportage」は2015年販売開始予定。
・「Kia Sorento」: 起亜ブランドのミッドサイズSUVで、現代ブランドの「Santa Fe」とは姉妹車。ジョージア州West Point工場生産。新型「Sorento」は2015年第1四半期に販売開始予定。
・「Kia Optima」: 起亜ブランドのミッドサイズセダンで、現代ブランドの「Sonata」とは姉妹車。ジョージア州West Point工場生産。新型「Optima」は2015年に販売開始予定。
Kia Sorento
Kia Sorento (Kia 提供)

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>