日産の国内事業:生産を九州に集中し、日韓中を結ぶ部品相互供給網を構築

新型軽自動車とハイブリッド車で、国内販売を拡大

2013/06/28

要 約

Infiniti Q50
2013年5月に栃木工場で生産を開始したInfiniti Q50
(2013年4月上海モーターショーから)

 本レポートは、日産の2012年度単独および連結決算の概要と、国内の生産・販売強化策について報告する。

 国内生産については、2012年秋まで続いた超円高の影響を軽減するため、生産台数の6割強を九州地区に集結し、部品調達について、国内の九州・中国地方と韓国の釜山、近い将来中国の大連をも結ぶ部品相互供給網を構築してきた。九州・中国地方からの調達と海外からの調達の合計を「地場調達比率」と称し、従来は平均71%であったが、2012年夏に生産開始した新型Noteでは85%に高めた。九州を核として国内生産100万台を維持する方針。

 2013年に入り超円高是正により国内生産の競争力は回復し、日産の2012年度単独決算は5期ぶりの営業黒字となった。しかし為替変動に左右されない経営体制を構築するとの原則は変更しないとしている。

 一方国内販売は、全体需要が2011年度475万台から521万台に46万台増加するなかで、65.5万台から64.7万台に減少した(シェアは13.8%から12.4%に下降)。

 2012年度の日産国内販売の不振は、市場が拡大した軽自動車の供給力不足と、同様に拡大しているハイブリッド車市場に投入している商品がSerenaのシンプルスマートハイブリッドのみであることが主因であるとされ、この2点を強化する計画。軽自動車については、2013年6月に、三菱自動車と共同開発車第1弾「デイズ(DAYZ)」を発売した。ハイブリッド車については、2016年度までに新たなハイブリッド車15モデルを投入する計画。

 日産の2012年度連結決算では、日本の乗用車メーカー7社のうち唯一営業減益となった。主力の中国市場での反日デモの影響と、米国市場でサプライチェーンの問題が発生したため、販売台数が年初計画比で6.2万台減少し米国シェアが2011年度8.2%から2012年度7.7%に下降したことが響いた。

 日産の海外事業の動向については、別途報告する予定。

関連レポート: 三菱自動車:アセアン地域を中心に新興国市場に注力(2013年6月掲載)
                       日本メーカーの2013年度計画:過去最高の業績を狙う (2013年5月掲載)


単独業績の黒字化と国内生産

 日産の2012年度単独決算は、5期ぶりの営業黒字となった。これにより、国内の取引先も含めた生産や雇用が守りやすくなり、研究開発へも資金を振り向けやすくなったとされている。

 日産は、日本国内で年間100万台の生産を維持する方針。超円高の修正で100万台生産は十分可能であり、また部分的には日本製部品への回帰もありうるとしている。

 しかし、超円高が是正されつつあるからといって、生産の国内回帰は予定していない。経営の安定度を高めるために、「地産地消」で為替の影響を受けない体制を目指す方針に変わりはないとしている。
 日産は2013年秋に、日産Rogue(2012年に米国で14.2万台販売)の生産を新型車への切り替えを機に九州工場から米国Smyrna工場に移管すると発表した(2013年6月発表)。日産は、2015年に米国販売車の85%をメキシコを含む北米で生産する方針(2012年には67.3%だった)。なお米国への移管とは別に、日産は韓国のRenault Samsungに年間8万台のRogueの生産を委託する。

日産の単独業績

(100万円)
2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
予想
売上高 3,923,280 3,053,312 2,899,166 3,432,989 3,734,336 3,526,252
営業利益 148,423 (229,935) (92,724) (36,957) (57,752) 85,360
当期純利益 219,855 (7,385) 262,403 (24,018) (74,826) 74,826
国内生産(1,000台) 1,263 1,050 1,025 1,073 1,199 1,060 1,010
国内販売(1,000台) 721 612 630 600 655 647 660
輸出台数(1,000台) 725 624 522 681 741 608

資料:日産の2012年度決算発表資料
(注)括弧内赤字表記は、営業赤字、純損失を表す。

 

 



国内の九州中国地方・韓国釜山・中国大連を結ぶ部品相互供給網を構築

 日産は、九州工場を「日産自動車九州株式会社」として分社化し、2011年10月に営業を開始した。2012年に新型「Note(ノート)」の生産を開始、ミニバンSerenaの販売も好調で、2012年度に56.1万台を生産、日産車体九州工場でNV350キャラバンやInfiniti QX56など10.6万台、九州の2工場で合計66.7万台(国内生産合計106万台の62.9%)を生産した。

 日産は、九州の2工場、韓国のRenault Samsung釜山工場、さらに中国大連工場を結び、部品を相互供給する体制を構築し、部品の品質とコスト削減を両立させていく方針。

九州・釜山・大連を結ぶ部品相互供給体制を構築

九州工場で
新型Noteを生産
 日産は、2012年夏、新型Noteの生産を九州工場で開始した。当時の超円高下でも、国内にコンパクトカー生産を残したいとの構想から、生産を追浜工場から九州工場に移すとともに、「地場調達比率(国内の九州・中国地方と海外からの調達比率)」85%を達成した(九州工場で生産する他車種の平均は71%)。85%のうち40~45%が海外からの調達。
 日産は、2013年に発売する新型車では地場調達比率を95%に高め、さらに数年をかけて「地場調達比率」を、限りなく100%に高める計画(ただしパワートレイン系部品は除く)。またそのうち、国内と海外の比率は、為替変動を考え半々程度がよいとしている。
韓国Renault
Samsungで
Rogueを生産
 Rogueは、次期型車からRenault Samsungの釜山工場に年間 8万台の生産を委託する。販売不振のため低下している釜山工場の稼働率を高めるとともに、米国とFTAを締結している韓国の利点を活用して全量を北米に輸出する(韓国から米国へ輸出する乗用車にかかる2.5%の関税は2016年に撤廃される)。Renault-日産は、生産委託のため160百万ドルを投資する計画。
 韓国の部品サプライヤーは品質が向上しており、釜山工場でも周辺の部品サプライヤーを育成して現地調達率を高め、将来は国内九州工場や2014年に生産を開始する中国大連工場でも活用する構想。Renault Samsungを、完成車と部品の輸出拠点として強化・育成する。
大連に部品メーカー
30社が進出
 2014年稼動する日産の大連工場の周囲に、部品サプライヤー30社以上が進出する計画を進めている。
 工場のすぐ隣に大連港がある。海上輸送は陸上輸送より格段に輸送費が安く、完成車の中国各地への輸送や、日本・韓国との部品相互供給に大きな力になるとされている。
日韓中を結ぶ物流網を構築
日本と韓国の
公道を走る
トラックが稼動
 2012年8月、日本と韓国の両国政府は、1台のトレーラーに両国のナンバープレートを取り付け、公道を相互に乗り入れできるようにすることで合意した。貨物船のコンテナに積み替える作業が不要になるため、簡易な包装で運搬でき、運搬時間も短縮、経費削減につながる。
 2012年10月から日産九州工場とRenault Samsungの釜山工場を結ぶ便が稼働している。韓国から日本へは、主に商用車部品や汎用部品を輸入、日本から韓国へは乗用車向けの高機能部品を輸出する。将来は、2014年に生産を開始する中国の大連工場も結ぶ供給網を構築する計画。

(注)ダイハツは2012年に、中国製部品を上海港からコンテナ船で大分工場へ取り寄せる仕組みを導入した。

 

追浜工場・栃木工場の動き

追浜工場 Sylphyを
逆KD生産
 日産は2012年12月、日本国内で新型Sylphyを発売した。1800ccエンジンと副変速機付CVTを搭載、車体サイズを拡大し3ナンバー車とした。中国やタイから部品の6割を輸入して追浜工場で組み立てる「逆KD」で生産される。月販目標は600台。
 日産は、2012年7月に、追浜工場に2本あった生産ラインのうち1本を停止し、国内生産能力を135万台から115万台程度に削減した。生産車種としては、「ティーダ」、「ティーダラティオ」と「ノート」の生産を停止し、ティーダとノートは1本に集約して新型ノートとして九州工場で生産。ティーダラティオはタイからの完成車輸入に切り替え、新型ラティオを2012年10月に国内発売した。国内生産の効率を高めながら年間100万台生産を維持するとしている。

(注)新型Sylphyは、既に2012年7月に中国でシルフィのモデル名で、8月にタイで「パルサーセダン」として、10月に米国で新型「Sentra」として発売されている。世界で年間50万台販売する計画。

栃木工場 Infiniti Q50の
生産を開始
 2013年5月、日産は栃木工場でInfiniti G(日本名Skyline)の後継車である「Infiniti Q50」の量産を開始した。2013年夏に米国で発売、その後グローバルに展開し年間10万台の生産を計画。
 日産は、Infiniti車の世界生産を2016年度までに2012年度の約3倍の50万台に増やす計画。2012年12月に米国Smyrna工場でInfiniti QX60(Infiniti JXの後継車)の生産を開始し、今後英国・中国でも生産するが、日本から生産を移管する訳ではなく、海外で増販する分を生産する。栃木工場は世界のInfinitiブランド車のマザー工場であり続けるとしている。
(注)1-1. 日産は、超円高のため過去2年間栃木工場から輸出する車両は全て赤字だったが、コスト削減努力と円高修正により収益性が回復してきたとしている。
1-2. 日産は、Infinitiブランド車の日本での販売を検討中と報道されている。
2-1. 日産は、グローバル調達戦略の一環として、物流のコストが高くつくフロントエンドモジュールなど嵩の大きい部品を中心に、車両工場に近いサプライヤーから調達する「ニア・サイト」、調達先をサプライヤーパークに招く「イン・サイト」、車両工場内のスペースをサプライヤーに提供する「オン・サイト」を進めている。日産は、部品調達の物流コストを含めた総コスト(Total delivered Cost)を、毎年5%削減する活動を進めている(2013年度から削減目標を6%に引き上げたとされる)。
2-2. 国内の追浜工場や栃木工場では、完成車生産の他工場への移管により空きスペースが生じており、そのスペースを活用してドアトリムなどのオン・サイト生産を行っている。栃木工場では、カルソニックカンセイがコックピットモジュール、フロントエンドモジュールをオン・サイトで生産、シートメーカーがInfiniti Q50用シートのオン・サイト生産も開始した。

 

 



新型軽自動車とハイブリッド車強化で国内販売を拡大

 日産の国内販売シェアは、2011年度13.8%から2012年度12.4%に下降した。拡大した軽自動車市場で、自社商品を持たずOEM調達のため商品供給が不足したことと、乗用車(登録車)の3割を占めるにいたったハイブリッド車を持たないことが主因とされている(Serena HVは簡易なハイブリッド車)。

日産の日本国内販売台数とシェア

販売台数
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度
登録車 493,839 458,718 503,214 495,880
軽自動車 136,231 141,484 152,150 151,057
日産合計 630,070 600,202 655,364 646,937
日産シェア 12.9% 13.0% 13.8% 12.4%
全体需要 4,880,174 4,601,059 4,753,232 5,210,232
資料:日産の生産・販売・輸出実績、全体需要は日本自動車販売協会連合会(トラック、バスを含む総販売台数)。
(注)日産は国内で販売台数第2位を目指している。

 

 



三菱自と共同開発した軽自動車第1弾DAYZを発売

 日本自動車市場で軽自動車が占める比率は、2012年度に37.9%に達した。日産と三菱自動車は、共同開発した新型軽自動車投入により、軽自動車における両社の合計シェアを中期的に20%にまで高めたいとしている。(関連レポート)

登録車と軽自動車の販売台数と構成比

日本市場販売台数 構成比
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 09年度 10年度 11年度 12年度
登録車 3,182,073 2,972,348 3,064,336 3,237,690 65.2% 64.6% 64.5% 62.1%
軽自動車 1,698,101 1,628,711 1,688,896 1,972,542 34.8% 35.4% 35.5% 37.9%
合計 4,880,174 4,601,059 4,753,232 5,210,232 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
日産/三菱自の軽自動車市場での販売台数とシェア
販売台数(届出台数) シェア
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 09年度 10年度 11年度 12年度
日産
三菱自
136,225
105,449
141,486
104,179
152,149
90,891
151,060
72,604
8.0%
6.2%
8.7%
6.4%
9.0%
5.4%
7.7%
3.7%
2社合計 241,674 245,665 243,040 223,664 14.2% 15.1% 14.4% 11.3%
全体需要 1,698,101 1,628,711 1,688,896 1,972,542 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%

資料:日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会


 日産は、三菱自動車と共同開発した軽自動車第1弾、ハイトワゴンタイプの「DAYZ」を2013年6月に発売。2013年度に日産DAYZ 10万台、三菱eKワゴン5万台、計15万台販売を計画。第2弾としてスーパーハイトワゴンタイプのDAYZ ROOXを2014年初めに発売する。

 日産が2002年に軽自動車市場に参入したときは、日産車ユーザーが他社の軽に流出するのを防ぐ受け皿としての役割が大きかったが、現在は重要な戦略セグメントの一つとして正面から取り組むとしている。

 また2016年度には、日産の国内販売における軽自動車の販売比率は、2012年度の23%強から40%近くに上昇すると見込んでいる。

 

2013年6月に、三菱自と共同開発した軽自動車第1弾「日産DAYZ(デイズ)」を発売

発売車種 概要
ハイトワゴン型
DAYZ
(デイズ)
 日産と三菱自は、2013年6月、両社が折半出資する「NMKV」が開発した新型軽乗用車、日産「DAYZ(デイズ)」と三菱「eKワゴン」を発売した。三菱自動車の水島製作所で生産する。日産が企画から関わった初の軽自動車で、日産が創りたい軽自動車を開発できたとしている。
 新開発の3気筒エンジンと副変速機付CVTを搭載。停車する前に車速13km/h以下から作動するアイドリングストップを搭載し、JC08モード走行燃費はこのクラストップの29.2km/Lを実現した(同じハイトワゴンタイプのスズキ ワゴンR(28.8km/L)とダイハツMove(29.0km/L)を上回った)。
 ボディーは、超高張力鋼板を4%、高張力鋼板を52%採用し、ボディー構造を最適化することで、安全性を確保しながら軽量化した。また軽自動車初の「アラウンドビューモニター」、「タッチパネル式オートエアコン」を採用した。
スーパーハイト
ワゴン型
DAYZ ROOX
(デイズルークス)
 日産と三菱自は、2014年初めに、共同開発第2号車として、スーパーハイトワゴンの日産「DAYZ ROOX(デイズルークス)」と同三菱車(「トッポ」後継車となるがモデル名は未発表)を発売する。日産は、これまで同クラスのスズキPaletteをOEM調達してきたが、2013年3月にスズキがフルモデルチェンジしてSpaciaの新モデル名で発売したのを機に調達を終了した。 他に、ダイハツタント、ホンダN BOXがライバル車となる。
オフロード型車  日産と三菱自動車は、三菱自動車が2012年6月に生産を中止したオフロード型軽自動車「パジェロミニ」の後継車を開発し、2014年に発売する計画。パジェロミニは、日産もOEM供給を受け、「KIX」のモデル名で販売していた。
(注)1-1. 日産は、スズキからの軽自動車調達を縮小する。2012年度に日産ROOX(スズキPalette)を46,524台、日産Moco(スズキMRワゴン)を67,513台、合計114,037台を販売し、日産軽自動車販売の75.5%を占めた。
1-2. 軽商用車については、現在は三菱自のMinicabを調達し日産Clipperとして販売している。ミニバンSerenaをOEM供給しているスズキとの相互補完関係(スズキのモデル名はLandy)を維持するため、軽商用車は三菱車の調達を打ち切り、スズキの軽バンEveryと軽トラックCarryを調達する方針。
2. 日産と三菱自動車は、軽自動車に搭載可能な自動ブレーキの開発に着手した。軽ではコストへの影響が大きいので、コストとのバランスを図りながら検討するとしている。現在自動ブレーキを搭載する軽自動車は、ダイハツMoveと、そのOEM供給車であるスバルStellaのみ(追加価格は5万円)。

 

新型軽自動車をベースに開発し、グローバル市場への進出を検討

 日産と三菱自動車は、デイズと新型eKワゴンの発売に際して、これらの車をベースとした車種を海外で販売する可能性があると表明した。アフリカなどの新興国市場にエントリーカーとして投入することを検討している。

 

 



2016年度末までに、新ハイブリッド車15モデルを発売

 登録車乗用車でのハイブリッド車の比率は、2011年19%から2012年29.7%に急拡大した。

 日産は2012年12月、環境戦略の一環として、2016年度末までに新たなハイブリッド車 15モデルを発売すると発表した。

国内乗用車市場でのハイブリッド車販売台数と構成比

販売台数 構成比
2009年 2010年 2011年 2012年 09年 10年 11年 12年
ハイブリッド車 347,729 480,637 453,263 896,756 13.2% 16.4% 19.0% 29.7%
登録車乗用車 2,640,312 2,927,602 2,386,036 3,014,651 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
資料:日本自動車販売協会連合会
(注) 1. 日産SerenaとそのOEM供給車スズキLandyの、スマートシンプルハイブリッドを含む。
2. EV日産Leafの国内販売台数は、2011年10,310台、2012年11,115台。

 

2016年度末までに、新たなハイブリッド車 15モデルを発売

 日産は2012年12月、2016年度末までに新たなハイブリッド 15モデルを発売すると発表した。乗用車だけでなくピックアップトラックやSUVなどフルラインアップでハイブリッド車を設定する方針。PHVも計画、またハイブリッド専用車も検討中とされる。
 日産は現在2つの方式のハイブリッド車(後輪駆動 1モータ 2クラッチ方式のCimaとFuga、スマートシンプルハイブリッド方式のSerena)を販売している。2013年夏に、米国で前輪駆動 1モータ 2クラッチ方式のハイブリッドシステムを搭載するNissan Pathfinder/Infiniti QX60を発売する。日産は上記の3方式を、車のサイズや特性に合わせて使い分けていく方針(前輪駆動 1モータ2クラッチ方式は中型車以上に搭載する模様)。
 日産は、今後さらに厳しくなる各国、地域の燃費基準をクリアしていくためには内燃エンジンの改善では限界があり、そのためにもハイブリッド化は必然的な流れで、2020年頃までには全ての車に何らかの電動化が必要になるとしている。

(注)EV Leafは、発売以来2012年度5月までに世界で6.2万台販売した。日産はこれまで、ハイブリッドはEVにいたる「つなぎ」の技術としていたが、市場動向からハイブリッドも重視する方向に転換したとされている。

 

 



世界販売台数:2013年度は、8%増の530万台を見込む

 日産の2012年度世界小売販売台数は、2011年度比6.9万台(1.4%)増加し4期連続で過去最高を更新する491.4万台。しかし、年初計画の535万台比では43.6万台未達となった。

 日産のグローバル販売の約半数を占める米中(2012年度計画段階で47.7%)での苦戦が響いた。米国では、全体需要の伸び率11.6%に対して、日産車販売は5.4%増にとどまった。

 2013年度は世界各地域で販売が増加し、世界で38.6万台(7.9%)増の530万台を見込む。

日産のグローバル小売販売台数

(1,000台)
2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
予想
計画
(注)
実績 差異
日本(軽を含む) 612 630 600 655 690 647 43 660
北米(メキシコを含む)
(内米国)
1,133
856
1,067
824
1,245
966
1,404
1,080
1,520
1,200
1,466
1,138
54
62
1,610
1,270
欧州 530 509 607 713 720 660 60 720
アジア 1,136
(内中国
 545)
962 1,311 1,591 2,420
(内中国
1350)
2、141
(内中国
1,182)
279
(内中国
168)
2,310
(内中国
 1,250)
(内中国) 756 1,024 1,247
その他 347 422 482
3,411 3,515 4,185 4,845 5,350 4,914 436 5,300
資料:日産の2012年度決算発表資料
(注) 1. 青字記載は、米国は北米の内数、中国はアジアの内数であることを示す。
2. 2012年度計画は、2012年5月の2011年度決算発表時の計画。日産は、11月にグローバル販売台数予想を5,080千台(内中国は1,175千台)に下方修正した。

 

 



2012年度連結決算と2013年度見通し

 日産の2012年度の連結売上高は2.3%増の9兆6,296億円、営業利益は車種構成の変化や販売費の増加などにより4期ぶりに減少(1.1%)し5,235億円。グローバル販売台数が過去最高とはなったが、販売台数の5割近くを占める米中で苦戦したことが大きく響いた。日産では中国のグローバル販売台数に占める比率が2011年度実績ベースで25.7%と高く、影響が大きかった。

 日産は2012年度までは中国事業を比例連結しており、売上高、営業利益とも出資比率に当たる50%を連結決算に計上していた。2013年度決算では会計基準を変更して、中国事業に持分法を適用し、従って連結売上高と営業利益には反映されない(当期純利益は変わらない)。

 2013年度売上高予想は、新会計基準で7.7%増の10兆3,700億円、また2012年度までと同じ基準で試算すると、連結売上高は16.3%増の11兆2,000億円(16.3%増)で過去最高を更新する見込み。

 なお、円高修正による為替影響については、2012年度は302億円のプラスにとどまるが、2013年度は2,250億円の効果を見込んでいる。

日産の連結業績

(100万円)
2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度予想
届出ベース 従来の基準
売上高 8,436,974 7,517,277 8,773,093 9,409,026 9,629,574 10,370,000 11,200,000
営業利益 (137,921) 311,609 537,467 545,839 523,544 610,000 700,000
経常利益 (172,740) 207,747 537,814 535,090 529,320 645,000 665,000
当期純利益 (233,709) 42,390 319,221 341,433 342,446 420,000 420,000
設備投資 383,600 273,600 312,000 406,400 524,500 520,000 570,000
研究開発費 455,500 385,500 399,300 428,000 469,900 508,000 520,000
為替レート (US$) 100.7円 92.9円 85.7円 79.1円 82.9円 95.0円
為替レート (EUR) 144.1円 131.2円 113.1円 109.0円 106.8円 122円
(注) 1. 日産は、2013年度から中国事業に関する会計基準を変更した。2012年度までは、東風汽車有限公司への出資費比率(50%)分の売上高、営業利益を連結決算に計上する比例連結を採用していたが、2013年度から持分法を適用する。新しい会計基準では、連結売上高や連結営業利益には東風の数値は含まれない。当期純利益は変わらない。
2. 自動車大手では、中国事業の売上高営業利益率は総じて世界平均を上回るとされ、日産では2011年度決算では営業利益の 1/4程度を占めているとされる。2013年度は、持分法を適用することで、年間営業利益が従来基準より900億円減少するとしている。
3. 同様に2013年度決算見通しは、従来の比例連結ベースに比べると、連結売上高が8,300億円、設備投資額が500億円、研究開発費が120億円減少する。
連結営業利益増加要因
(億円)
前年度実績 為替影響 購買コスト減
(原材料含)
台数・構成 販売費・価格
関係費用
その他費用 当年度
営業利益
2012年度実績 5,458 302 1,904 (572) (533) (1,322) 5,235
2013年度見通し 5,235 2,250 1,600 800 (2,050) (835) 7,000

資料:日産の2012年度決算資料
(注)2013年度見通しは、従来の中国合弁会社比例連結ベースでの試算。

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>