インドオートエキスポ 2020:インド系・欧州系メーカーは新型SUVやEVを発表

Tata、Mahindra、Renault、Skoda、Volkswagen、Mercedes-Benzの展示

2020/03/10

要約

  Indian Auto Expo 2020は、インド自動車工業会 (SIAM) 、インド工業連盟 (CII) 、インド自動車部品工業会 (ACMA) による共同開催で、2月5日から12日までGreater NoidaのIndia Expo Martで開催された。23万5,000平方メートルの展示ホールに主要自動車メーカーが一堂に集結した。

  本稿は、Tata、Mahindra、Renault、Skoda、Volkswagen、Mercedes-Benzが展示したコンセプトカーを中心に報告する。TataはSUVの「Gravitas」を世界初公開し、インド最大のEVラインナップを披露した。Mahindraは新型電気自動車 (EV) となる「eKUV100」、「eXUV 300」、「ATOM」を発表。

  Renaultはグローバルラインナップを出展した。Skodaはコンセプト「VISION IN」をワールドプレミア。Volkswagenはインド市場向けの4つのSUVを出展し、「Taigun」を世界初公開した。Mercedes-Benzはインド市場に投入予定の高級車を披露した。

 

グローバルプレミアとなったTataのSUV「Gravitas」 Mahindraの新型EVモデル

 

関連レポート:
インドオートエキスポ 2020:長城汽車と海馬汽車がインド市場に参入 (2020年3月)
インド:新車販売が低迷、排出ガス規制BS-VIの導入 (2019年9月)
Future Mobility Show 2019:インドにおけるクリーンで持続可能な将来のモビリティ (2019年4月)
国家自動車政策(NAP):インド自動車産業の全体展望 (2019年1月)
インドにおける電気自動車とEVエコシステムの展望 (2018年8月)
インドオートエキスポ2018:Tata、Mahindra、欧州メーカーの展示 (2018年2月)