【ものづくり】ケミカルマテリアル Japan 2019:自動車用途の先端化学材料

バイオ素材、ガラス代替樹脂、高硬度熱曲げ用PCシート、HUD固定用接着剤、プラスチックめっき 等

2019/10/03

要約

自動車関連製品群
昭和電工の自動車関連プラスチック製品群(取材者撮影)

  化学工業日報社が主催するケミカルマテリアルJapan 2019は、第2回「先端化学材料・素材総合展」、第5回「化学物質管理ミーティング」、第4回「産業安全フォーラム」を構成する体制で、2019年9月18、19日の2日間、パシフィコ横浜ホールC・Dで開催された。

  本稿では、「先端化学材料・素材総合展」で主に自動車用途として注目された展示内容を紹介する。


関連レポート:
SAMPE Japan 先端材料技術展2019:プラスチック成形・材料 (2019年9月)
高精度・難加工技術展2019/表面改質展2019:軽量化新素材、表面硬化技術 (2019年9月)
人とくるまのテクノロジー展2019:プラスチック加工技術の展示取材 (2019年6月)
人とくるまのテクノロジー展2019:プラスチック材料の展示取材 (2019年6月)
オートモーティブワールド2019:クルマの軽量化技術展 (2019年1月)
プラスチックと金属の接合技術 (2018年12月)