【ものづくり】高精度・難加工技術展2019/表面改質展2019:軽量化新素材、表面硬化技術

Mgパドルスイッチ、1/10価格高強度Mg、ゴム炭素繊維複合材、高周波焼入れ、レーザー焼入れなど

2019/09/12

要約

  「高精度・難加工技術展2019」「表面改質展2019」(会期:2019年9月4日(水)~9月6日(金)、会場:パシフィコ横浜)は日刊工業新聞社主催で開催された。「高精度・難加工技術展2019」では、自動車、航空・宇宙、エネルギーなどの分野における難加工品などが204社から、「表面改質展2019」では耐摩耗性向上など72社から出展があった。このほか、「先端材料技術展2019」「洗浄総合展2019」「真空展2019」も同時開催され、5つの展示会合計では585社の出展規模となる。実践的な技術セミナーも開催され、研究開発や設計、生産、製造に関わるエンジニアが多く来場していた。

  本稿では「高精度・難加工技術展2019」と「表面改質展2019」から、自動車部品に実際に使用されている製品や今後採用可能な製品などを取材した。

高精度難加工技術展2019入場口 高精度難加工技術展2019会場風景
高精度・難加工技術展2019 入場口 高精度・難加工技術展2019 会場風景


【ものづくり】関連レポート:
第6回プレス・板金・フォーミング展MF-TOKYO 2019:軽量化、電動化、高精度化(2019年8月)
人とくるまのテクノロジー展2019名古屋:高性能化、軽量化、コスト低減(2019年7月)
第12回大田区加工技術展示商談会:自動車部品の量産品・試作展示(2019年7月)