【ものづくり】人とくるまのテクノロジー展2019:プラスチック材料の展示取材

軽量化、サーマルマネジメント、成形性向上、加飾など、様々な自動車用途に対応

2019/06/13

要約

  日本自動車技術会主催の「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」展示会(会期:2019年5月22日~24日、会場:パシフィコ横浜)は、主催者企画テーマ「新たな自動車技術が支える地域創生」を掲げ、サブテーマは「革新的社会インフラと融合した"くるま"進化の方向性」であった。主催者発表によると、出展社数は624社、会期中の入場者数は95,900名(2018年は93,458名)に達し、大盛況裡に幕を閉じた。

  本稿ではプラスチック関連の材料メーカーおよび部品メーカーについて注目すべき展示内容を報告する。自動車業界の電動化や自動運転関連の流れに乗るため、各社とも自社製品を自動車メーカーにアピールする意欲的な展示を行っていた。

 人とくるまのテクノロジー展2019
会場風景
人とくるまのテクノロジー展2019
リケンテクノスの樹脂部品展示 


関連レポート:
NCV (Nano Cellulose Vehicle) プロジェクトの展示取材(2019年3月)
オートモーティブワールド2019:クルマの軽量化技術展(2019年1月)
第7回高機能プラスチック展2018:自動車部品の最新材料(2018年12月)
自動車の軽量化を促進するプラスチック部品・材料(2018年11月)
人とくるまのテクノロジー展 2018:軽量化加工技術と樹脂材料(2018年5月)